菊池雄星らが平良海馬とともに石垣島自主トレキャンプ

 1月10日午前10時から石垣市役所の市長室を訪問したのは、昨シーズンパリーグ防御率第2位で、今年大リーグへの挑戦が決まりシアトルマリナーズ入りした菊池雄星投手と西武ライオンズの高橋光成投手と佐野泰雄投手、そして石垣市出身の平良海馬投手の4人。

 4人は、昨日午後5時の便で石垣島入りをして、25日までの15日間、3勤1休のペースで自主トレを実施するもの。

 中山義隆石垣市長は、4人と歓談。市長は4人にオフでは石垣島を楽しんでほしいと、石垣島ではマグロが釣れる話や、石垣島のおいしい産品を薦めていた。

 菊池氏は、「石垣島ははじめてですが、温かくて、野球をするのに最高の環境だと思いました。今回、平良海馬投手がジムの予約を手伝ってもらい自主トレが実現できたので、しっかりトレーニングをして来年は4人で野球界を盛り上げたいと思う。」と述べていた。

 平良海馬投手も「雄星さんから貴重なためになるアドバイスをもらったので、それを自分のものにするために頑張っていきたい」と抱負を語った。
 午前のトレーニングは2時間から3時間かけて市営球場で実施。午後からは2時間を屋内練習場で予定。
(流杉一行)

写真の右端が佐野泰雄選手、左端が高橋光成選手。

この記事をシェアする