凧揚げと、八重山民謡と - やいまニュース | やいまタイム

凧揚げと、八重山民謡と

皆さま、おはようございます。
良いお正月をお過ごしでしょうか?
今日は晴れて気持ちのいい暖かいお正月になりそうですね。
 
 
★こんな天気にはピッタリなのが「第11回新春凧揚げの集い」です♪
 八重山凧愛好会・主催によります。
 会場は宮良のがや家で、10:00からになります。
 *八重山の伝統だこのピキダーや八角、カーブヤー、宮古の伝統だこカビィトゥ、日本各地のたこ、世界のたこに加え、創作だこも数多く揚がります。
 *手作りだこ、紙トンボのプレゼントもあります。
自由参加ですよ。
 
 
★今日は八重高26期生(つむぎ会)による「戌年新春を寿ぐ八重山の歌と踊り」という催しが、ホテルミヤヒラ前の大鷲の像公園内にてあります。

 「鷲の鳥節」、与那国舞踊研究所による余興、八重高郷土芸能クラブによる余興などが予定されていますので、どうぞお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。

お正月に八重山民謡を聴くと、明治生まれのじいちゃんのことを思い出します。
いつも畑仕事に精を出していた真面目なじいちゃんが、正月だけは一番座で三線を手にして、たどたどしい「鷲の鳥節」を弾いていました。毎年、毎年…。いつまでもあまり上達しないまま…。
ビギンの名曲『三線の花』は、私にとってまさにじいちゃんとの思い出を歌ってくれた曲です。

 
 
★今日は西表島の大富公民館では新年会があるようです。楽しみですね~♪

では、どなた様も、良いお正月&休暇をお楽しみください♪
観光で八重山を訪れている皆さまも、素晴らしい旅行となりますように。