「ゆいロードシアター」オープンと「ゆい☆イシガキ88!」プロジェクト」が始動!

8月8日(水)、石垣島・ゆいロード沿いに新たな劇場がオープンしました。
その名も「ゆいロードシアター」は、「タウンパルやまだ」さんの入っているビルの3階にあります。

島の方は「丸映館」(まるえいかん)があった場所さ~といったら、覚えていますか?

丸喜屋ビルが建て直された日から、早30年。
結局、映画館は再開館されなかったものの、その映画館を予定していた3階のスペースに小劇場ができたと聞いて、感慨深いものがあります。

入口は、「やまだ」さんの右手側にあります。

建物にいざ、入ってみます!

2階は「美ら宿 石垣島」という民宿になっています。

さらに階段をのぼって… 3階へ。
(エレベーターもあります)

3階ロビーはこんな感じ。
まだまだ改装中だそうです。
ゆくゆくはロビーでドリンク類も飲めるようにと考えているとのこと。

劇場入口です。
石垣でこの感じ、懐かしいなぁ~!

キャパは90席です。

さらに、劇場お披露目とあわせて、石垣島ご当地アイドル「ゆい☆イシガキ88!(パチパチ)」プロジェクトについての記者会見も同時に行われました。

皆さん、覚えてますか!?
去年、惜しまれつつ電撃解散した「AED48isg」を。

↓2013年のデビュー時の様子はこちら。

今回、「ゆい☆イシガキ88!(パチパチ)」(略して「ゆいパチ」)の初期メンバー4人は、そのAED48から引き続き参加しています。

共同代表者の一人、多良間聡さん(ハッピーエイト代表)は、
「AED48は一定のAED普及活動を終え解散しましたが、楽曲などのクオリティーが高く、そのまま終わってしまうのはもったいないなと感じていました。
子どもたちも活動を終えて、モヤモヤした気持ちを抱えている子もいました。
今回、このプロジェクトを立ち上げるにあたって、この劇場の存在が大きく、キャパと雰囲気がゆいパチのホームにするのにピッタリだと思ったんです」
と挨拶を。

メンバーの一人、谷口愛依(めい)さんは、
「AED48が解散して以来に久しぶりにみんなでまた集まれて、とても嬉しかったです。
新しいメンバーともワイワイ楽しくやりたいと思っています。
石垣島や八重山の良さとかを、世界中にまで幅広く発信していきたいです!」
と笑顔で抱負を語りました。


前列右から、竹内真弓アシスタントマネージャー、安慶名舞帆さん(高1)、谷口愛依さん(高1)、平良奏音さん(中2)、中村百さん(高1)、橋爪千花マネージャー
後列右から、多良間聡・共同代表、漢那憲信・共同代表兼劇場支配人、鈴木洋行ディレクター
 
 
漢那支配人によると、「今後の展開では、ゆいパチの定期的な公演や、観光客向けに郷土芸能の舞台なども考えています」とのこと。

ゆいパチ初お披露目は、9月15日(土)の石垣市「救急の日」イベントにて予定されています。

(追記・・・現在、映写室が使用できないため映画上映はできないとのこと。プロジェクターでの投影はできるそうです)
 
 
【メンバー募集についてはこちら】


 
 
【関連イベント】

この記事をシェアする