「フルートの魔術師」来島

 石垣島で本格的なクラシック音楽に触れる機会をと、なかよし音楽教室の吉田優子さんが、イタリアからフルート奏者ロマーノ・プッチ氏を迎えてコンサートを開催した。

 11月30日午後2時半からANAインターコンチネンタル石垣リゾートで、「石垣島で奏でる美しく優雅なハーモニー」を副題にフルートデュオコンサートが開催された。

 この日は、「フルートの魔術師」と異名を持つロマーノ・プッチ氏と、吉田優子氏の音楽大学時代からの友人小池典子氏とともにフルートとピアノの演奏が7曲。友情出演としてとぅばらーまチャンピオンで知られる前津伸弥氏、大石定治氏が三線と唄で加わり、2曲が演奏された。

 ロマーノ・プッチ氏は30年以上をスカラ座フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者として活躍。スカラ座で定年を迎えると、数々のアンサンブル活動の中核を担い、世界を飛び回っている。

 この日、ヴィヴァルディの「2つのフルートのための協奏曲ハ長調RV533」を皮切りに、「清き女神よ」「ハバラ、シャンソンボエーム」「地中海のアヴェ・マリア」「チャールダーシュ」「ガブリエルオーボエ」「ニューシネマパラダイス」と7曲を披露。2人の三線奏者を加えて「涙そうそう」「安里屋ゆんた」の2曲を披露し、アンコールには「涙そうそう」を再度披露して、会場を沸かせていた。

 日ごろ接する機会の少ないクラシック演奏とあって、多くの聴衆が盛装して来場し、美しく聞きごたえあるハーモニーに酔いしれていた。

(流杉一行)

この記事をシェアする