一挙に6人クラスター発生 福井の観光客6人との濃厚接触で

 7月30日午後8時から沖縄県八重山合同庁舎2階大会議室で、第16回八重山地域新型コロナウィルス感染症対策本部会議が開催された。

 この日の議題は、福井県で石垣島を旅行した6人が抗原検査で陽性反応が発覚した件で、福井県からその6人が石垣島で濃厚接触したとされる8名のリストが八重山保健所へ連絡され、八重山保健所が調査して抗体検査を8名に実施したところ、その内の6人から陽性反応が確認された。

 石垣島で突如クラスターが発生したことになる。

 会議は冒頭のみ公開で、やりとりは非公開。午後10時に終了し、午後10時半から記者会見が行われた。

 福井の男性6人は23日から26日まで石垣島に滞在。6人は福井に戻ってもっとも早くて26日に発熱の症状が現れており、2日前からウィルスが体内から出るとされていることから、彼らが24日から26日までの足取りが、聞き取られた。

 24日は石垣島のキャバクラで女性6人と濃厚接触。25日にも通い、2日楽しんでいる。

 また、24日に離島ターミナルから西表島へ渡り、西表東部を観光。

 ツアーの船で大原港入りし、仲間川での遊覧と由布島を訪れるなどしている。これは日帰りで、石垣島に戻ってから明くる25日、遊漁船に乗ってフィッシングを楽しんでいる。

 次の日の26日は、レンタカーを借りて石垣島を巡り、川平湾など観光ポイントを回ったという。

 24日と25日に濃厚接触した石垣島の6人が、今回、新たに発見された陽性反応者で全員が女性。

 3人が20代で3人が30代。当初福井からの連絡された8人のリストには、フィッシング関係で世話した人と同じ仕事仲間の二人も入っていたが、検査結果は陰性で、この二人は感染していなかった。

 この女性6人の29日までの動きを調査して、2次感染している人を特定する作業が、これから大忙しとなる。

 この6人のいるキャバクラの店名は、今のところ公開はされていない。

 クラスター発生の場合は、都道府県は店の名前の公開をしてもよいことになっているのだが、県は本人承諾を優先させている模様。

  この日、午後10時半頃から石垣市役所第一会議室で、「市内における新型コロナウィルス感染症患者発生に伴うお願い」と題し、中山義隆石垣市長が「美崎町において接待を伴う飲食店を、7月24日から29日にご利用なさった方は、利用した日から2週間、自宅待機など外出を控え、できるだけ他の方と接触しないようにしてください。」とコメントを発表。

  なお、7月31日午前9時から石垣市運動公園野球場会議室に「新型コロナウィルス感染症相談外来」を開設。37・5度以上の発熱・咽頭痛・咳などの症状があった方は受診をお勧めすると述べていた。

 9時から12時までは、予約電話で相談受付をし、看護師、保健師による電話での問診を実施。13時から16時は相談外来においてバイタルチェックおよび医師による追加問診がおこなわれるとのこと。
 
 クラスターは、狭い空間で複数の人が新型コロナウィルスに感染すること。これが元で四方八方に感染者が増えていくことから、もっとも恐れなければならない現状。

 一カ所で複数の人が感染し、そのひとりひとりが別の場所で感染を増やして、感染拡大を遂げてしまう可能性が出てくる。

 陽性反応を出した人の周囲を調査して、濃厚接触者を特定することで、感染拡大を止める方法が、クラスターの発生が頻繁に起こると、追い切れなくなる。日常に、コロナウィルスがまん延することとなり、感染拡大が止まらなくなる。

 今回、6人という数が島で発生したことで、ひとりひとりから細かく行動を調べて、この6人それぞれの濃厚接触者捜しが、はじまろうとしている。

 なお、今後の陽性反応者の続出に備えて、県は宿泊療養施設を準備するべく、大急ぎで取り組むことに。なお4日ほどかかると述べていたが、そこは時間との勝負。拡散していないことを望むばかり。
 
 (流杉一行)

この記事をシェアする