初セリ 八重山漁協

 1月4日、午前9時30分、八重山漁協のセリ場で令和2年の初セリの式典が行われた。

 伊良部組合長代理の挨拶がおこなわれたあと、9時40分頃からセリがスタート。

 この日、近海の魚やビンナガマグロなど755・1キロの魚が取引された。

 従来、土曜は休日だが、この日は石垣市主催の成人式が行われることから、セリ休日を返上しての開催となった。

 しかしながら、セリがはじまると、全体に初セリの魚は安値傾向で、昨年10月の消費税10%が景気に与える影響は見逃せず、年末に活況を帯びるはずのところが、例年を下回る営業成績の企業や商店が多く、その分、控えめな値となり、×印のつく魚が続出。

 ビンナガマグロにまで×が出る始末で、正月初セリとは思えない、厳しいセリとなっていた。
 (流杉一行)

この記事をシェアする