伝統行事・イベント

七日ソーロン(七夕祭)

旧暦
7月7日
新暦
2018年8月17日(金)
場所
各地

霊前に料理を供え七夕供養をする。弥勒に幸福を祈願する。

エイサー

旧暦
7月旧盆中
新暦
2018年8月23日(木)~25(土)
場所
石垣島各地・明石・双葉など

本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつで、先祖供養のための踊り。 沖縄本島から入植した人々によって開拓された明石集落では旧盆中日にエイサー祭りが行われる。   関連リンク ・特集 > 八重山の旧盆(ソーロン)20 ...

アンガマ

旧暦
7月旧盆中
新暦
2018年8月23日(木)~25(土)
場所
各地

面を被ったウシュマイ・ンミー(爺・婆)と仮装したファーマーたちが新築の家など招かれた家々を巡って歌や踊りを繰り広げる先祖供養の行事。ウシュマイとンミーが仏壇に拝んだ後に花子たちが踊り出し、その間にウシュマイとンミー対 ...

旧盆(ソーロン)迎え日

旧暦
7月13日
新暦
2018年8月23日(木)
場所
各地

各家にあの世から先祖が戻ってくる。夕方、家族でお線香を立てて迎える。 旧盆中、石垣島の四ヶ字などではアンガマ、白保では獅子舞が行われる。   ・竹富島の旧盆(ショーロ) 迎え日。門前にわら炬火を焚いて祖先の霊を迎え入 ...

ムシャーマ

旧暦
7月14日
新暦
2018年8月24日(金)
場所
波照間島

旧盆中日に行う波照間島最大の行事。東組(南・北)、前組(前)、西組(冨嘉・名石)の3組に分かれて行われる。3組はまず、ミチサネー(仮装行列)で公民館へ向かう。旗頭を先頭にミロク、ミロクの子どもたち、稲摺、マミドーマな ...

旧盆(ソーロン)中日

旧暦
7月14日
新暦
2018年8月24日(金)
場所
各地

各地でアンガマ踊りや獅子舞などが行われる。お中元を持って親戚の家を回ってお線香を上げる。 旧盆中、石垣島の四ヶ字などではアンガマ、白保では獅子舞が行われる。   ・竹富島の旧盆(ショーロ) 中ショーロ。特に、海・山・ ...

旧盆(ソーロン)送り日

旧暦
7月15日
新暦
2018年8月25日(土)
場所
各地

先祖があの世に戻るのを一族揃ってお送りする。ご馳走を食べたり花火をしながら真夜中近くになるまで待って、ウチカビ(あの世のお金)を焼いて送る。 旧盆中、石垣島の四ヶ字などではアンガマ、白保では獅子舞が行われる。   ・ ...

イタシキバラ(獅子祭)

旧暦
7月16日
新暦
2018年8月26日(日)
場所
各地

精霊送りの翌日、村のお祓いのため(あの世に戻らない人がいないよう)、獅子舞などを行う。   ・石垣島白保 白保では無病息災を祈願して村を悪霊から払い清めるため獅子が舞う。子どもたちは獅子に向かって「れるれ、れるれ~」 ...

節祭(シチィ)

旧暦
8~10月
新暦
9~11月
場所
西表島祖納・干立、石垣島川平、竹富島、新城島、波照間島、与那国島

神の国の正月行事。無病息災、五穀豊穣などを祈願する。川平では来訪神マユンガナシィが各家をまわる。   ・西表島の節祭(シィチィ) 祖納・干立の節祭は国の重要無形民俗文化財。初日は各家で浄めの儀式を行い、新年を迎える準 ...

結願祭(キツィガン)

旧暦
8~10月
新暦
9~11月
場所
石垣島川平、黒島、小浜島、鳩間島など

結願祭は、五穀豊穣、子孫繁栄、無病息災など諸々の祈願を総まとめした願解きの儀礼であり、多彩な芸能が行われる祭事で、八重山各地で毎年または何年かごとに行われる。小浜島の結願祭は国の重要無形民俗文化財に指定されている。 ...

牛馬願

牛馬願

旧暦
8~9月
場所
各地

かつては農作物を作るには人力だけでは限りがありどうしても牛や馬などの力を借りる必要があったので、農耕用の牛馬に感謝し今後も無事働いてくれるよう願う行事を行なった。

アラガタトゥタガビ

アラガタトゥタガビ

旧暦
8月上旬
場所
与那国島

大蛇道上の拝所で雨乞い祈願をする。 ・スケジュール/アラガタトゥタガビ

トーカチ

旧暦
8月8日
新暦
2018年9月17日(月)
場所
各地

旧暦の8月8日に、数え年88歳の長寿を祝う。20~30cmほどに短く切った竹(直径2~3cm)に「祝米寿」と名前を書いてお祝いに見えた人々にあやかりの品として配る。八十八と書くと「米」の字になるので、米を計る時に使う ...

八月世迎え

旧暦
8月8日
新暦
2018年9月17日(月)
場所
各地

8月は祝月(ヨイツキ)といわれ、この月に入るとこれから1年間の豊作、豊漁祈願をする。竹富島では世迎え(ユーンカイ)でニーラン神を迎える。   ・竹富島のユンカイ(世迎え) 島の西海岸に、船でやってきたニーランの国の神 ...

十五夜

旧暦
8月15日
新暦
2018年9月24日(月)
場所
各地

赤豆餅(フカンギ)などを供え、月に祈願する。   ・竹富島の十五夜(ジュングヤ) 男の子の祝日とされ、各家では赤豆餅を作り、庭では餅などの供え物をして、月に今年の豊作と家中の者の健康を祈願する。午後には東・西・仲筋の ...

土地公祭

旧暦
8月15日頃
新暦
2018年9月24日(月)頃
場所
石垣島

石垣島在住の台湾系の人たちにより行なわれる祭りで、豚を供物として捧げることから、通称「豚祭り」と呼ばれている。本来、土地公である「福徳正神」を祀るもので、豊作、商売繁盛、幸福と無病息災を祈願する。   関連リンク ・ ...

十月タカビ

十月タカビ

旧暦
10月
場所
各地

村の平安無事と、人々の健康息災を祈願する。 関連リンク ・伝統行事/タカビ/登野城字会

屋手久クイ

屋手久クイ

旧暦
8月下旬
場所
与那国島

東崎ダティグチディで海上安全祈願をする。   関連リンク ・話題/与那国島でダティククイ

カジマヤー

旧暦
9月7日
新暦
2018年10月15日(月)
場所
各地

旧暦の9月7日に行う、数え年97歳のトゥシビーのお祝い(生年祝い)。「カジマヤー」の由来は、この年齢になると童心に戻るのでカジマヤー(風車)を持たせたから、模擬葬式として死に装束を着せて集落のカジマヤー(四辻)を回っ ...

芋まつり・菊まつり

芋まつり・菊まつり

旧暦
9月9日
新暦
2018年10月17日(水)
場所
各地

芋を供え菊酒を飲み、感謝と豊作の祈願を行う。 関連リンク ・スケジュール/芋・菊祭り/登野城字会

種子取祭(タナドゥイ)奉納芸能

旧暦
9月の庚寅、辛卯
新暦
2018年10月25日(木)、26日(金)
場所
竹富島

種子取祭は祓い清めた土地に種子を蒔き始める祭り。準備段階を含め甲申の日から始まり癸巳までの10日間行われる。島の最大行事で、1977年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。 期間中7日目と8日目が世持御嶽で種々の ...

マチリ(カンブナガ)

旧暦
10~11月
新暦
11~1月
場所
与那国島

与那国島最大の祭り。クブラマチリ(海賊退散祈願)に始まり、ウラマチリ(牛馬繁殖祈願)、ンディマチリ(子孫繁栄祈願)、ンマナガマチリ(五穀豊穣祈願)、ンダンマチリ(航海安全祈願)と25日間にわたる祭事。この期間、祈願に ...

島フサラサー

島フサラサー

旧暦
10月
場所
各地

疫病神が入らぬよう、しめ縄を村の出入口や御嶽の門前に張り付ける。魔よけの方策。

イスカバイ(衣替願)

イスカバイ(衣替願)

旧暦
10月1日
新暦
2018年11月8日(木)
場所
与那国島

東久部良、我那覇家で冬を無事過ごせるよう祈願する。 関連リンク ・伝統行事/イスカバイ(衣替願)

金刀比羅祭

旧暦
10月10日
新暦
2018年11月15日(木)
場所
与那国島久部良

漁業関係者が海難排除、豊漁を祈願する祭り。香川県の琴平宮の祭神を迎え入れたのが始まりといわれる。ナーマ浜にある社に集まり、安全や豊漁の祈願をした後、久部良小・中学生による奉納相撲が行われる。  

ナーキヨイ

ナーキヨイ

旧暦
11月
場所
竹富島

来年の農作物が豊穣であるように祈願する。山の幸・海の幸の味噌和えを作り、酒・花米・ウフミシャクを供えて三十三拝の拝礼を行う。

鞴(ふいご)祭り

鞴(ふいご)祭り

旧暦
11月8日
新暦
2018年12月14日(金)
場所
各地

鍛冶を司る守護神を祭る。

ムーチー

旧暦
12月8日
新暦
2019年1月13日(日)
場所
各地

餅を供えて子どもの厄払いをする行事。 ムーチー(餅)は、サンニン(月桃)の葉で巻くことから「カーサムーチー」と呼ばれることもある。餅粉をこね、白糖や黒糖、紅芋などで味付けを行い、月桃の葉で巻き、蒸して作る。旧暦の12 ...

お願解き

お願解き

旧暦
12月24日
新暦
2019年1月29日(火)
場所
各地

旧暦12月24日に火の神の祈願を解く。火の神が昇天して、1年間の家庭での出来事やお願い事を天の神に報告する日だとされている。 関連リンク ・伝統行事/火の神迎え      

生年祝

旧暦
1月
場所
各地

旧暦1月2日~13日に行われる。沖縄本島ではトゥシビー、八重山ではショウニンヨイという。まりどし祝いともいう。沖縄では12年ごとに巡ってくる生まれた干支の年が厄年とされ、安全祈願し、厄を落とすために行なう。高齢になる ...