旧盆(ソーロン)迎え日

旧暦
7月13日
新暦
2019年8月13日(火)
場所
各地

各家にあの世から先祖が戻ってくる。夕方、家族でお線香を立てて迎える。
旧盆中、石垣島の四ヶ字などではアンガマ、白保では獅子舞が行われる。
 

・竹富島の旧盆(ショーロ)

迎え日。門前にわら炬火を焚いて祖先の霊を迎え入れる。霊の通る道として軒下より門前まで白い砂をひいておく。仏壇の霊前には種々のご馳走を供える。
お盆の間、夜は島の若い男女が三味線に合わせてニンブチャー(念仏歌)を謡い、各家を廻ってアンガマー踊りをして先祖の霊を慰める。
 

・小浜島の旧盆(ソーラ)

祖先の霊を迎えて丁重に供養する。南北各村ではニンブチャーといい、笛・太鼓・三線・鉦鼓の楽器を揃えてそれぞれの家庭を訪れ、念仏経文で供養する。
 

・波照間島の旧盆(ソーリン)

1日目は供物の用意を整えると当主は墓へ赴き、掃除をし先祖の霊をお供して帰宅する。

関連リンク

特集 > 八重山の旧盆(ソーロン)2017 ~アンガマ・エイサー・獅子舞・ムシャーマ~

この記事をシェアする