八重山の本

八重山の社会と文化

「八重山の今」を考えるヒントがこの一冊には凝縮されている。 尖閣問題、教科書問題、与那国と自衛隊、新空港の未来など、岐路に立つ八重山の現在が、島の歴史や暮らし、祭祀芸能、台湾との関係などを背景に浮かびあがる。 「沖縄 ...

与那国台湾往来記 「国境」に暮す人々

第1回南山舎やいま文化大賞受賞作を単行本化。 111キロの海に織りなされた「往来」の航跡。 その行きかいの姿が、体験者たちの証言で浮かび上がる。 370P、B6判、ソフトカバー   > 詳細・購入はこちら

島の自然を守る

数々の環境保全活動の歴史と島の原風景を語る 八重山の文化は島々の大自然の中の生活から生み出されたものにほかならない。その自然の現状を把握し、将来はどうあるべきかを提示する書。 312P、B6判、ソフトカバー   > ...

八重山風土記

八重山毎日新聞コラム「不連続線」2002~2009を1冊に 八重山の自然風土・伝説・歌謡・歴史などの文化の魅力を伝える珠玉のコラム集。「ミルク世」を願い、八重山の課題を読者とともに考える。 246P、B6判、ソフトカ ...

台湾疎開「琉球難民」の1年11カ月

体験談と資料で台湾疎開を解き明かす 台湾で難民化した沖縄の疎開者たちは、いかにして生還してきたのか。第14回新聞労連ジャーナリスト大賞受賞作を単行本化。 350P、B6判、ソフトカバー   > 詳細・購入はこちら

「八重山合衆国」の系譜

移民の歴史からたどる「八重山合衆国」形成史 近世以降、強制移住や開拓移民の入植などで、「合衆国」とも呼ばれる独自の社会を形成してきた八重山。その移民の歴史を総合的に検証。 322P、B6判、ソフトカバー   > 詳細 ...

八重山の台湾人

台湾-八重山に生まれ 生きた人々の生活史を通して見える 八重山近現代史の新たな側面 『八重山毎日新聞』に長期連載されたシリーズの単行本。 台湾-八重山に生まれ、生きた人々の物語。日本の台湾植民地支配の始まりとその崩壊 ...

潮を開く舟サバニ

サバニが、海人(漁師)の叡知と結晶であることを物語る一冊 サバニ(沖縄の海洋文化を代表する伝統的な木の舟)造りの全行程を写真と文章でていねいに紹介。舟大工・新城康弘氏の生まれ島となる宮古、池間島での暮らしと生い立ちを ...

詩集 遠い朝

砂川哲雄さんが1974年から2000年までの間に同人誌、個人誌、八重山の新聞に掲載した作品の中から32篇を収録。 著者の砂川さんは1946年福岡県北九州市に生まれ、1年後両親の故里・宮古島に移り中学3年まで過ごす。そ ...

くびらーのみちゅー

石垣島の月刊誌『情報やいま』に連載されていたマンガ「くびら~のみちゅう~」が1冊になって帰ってきた! 石垣島北部の「とあるところ」にある「くびらー(シロハラクイナ)」たちの村で、主人公みちゅうーと仲間たちが繰り広げる ...

竹富方言辞典

小さな島の大きな辞典。 第59回菊池寛賞受賞! 前新透氏(大正13年4月5日竹富島生まれ)が二十七年の歳月をかけ、自己の内省によって得た竹富方言語彙と、島に住む先輩話者からの聞き取り調査により収集した語彙・文例を元に ...

想い続ける ―下嶋哲朗の八重山 絵とエッセー集―

1976年から77年にかけて石垣島の川平で暮らした著者一家が、八重山の自然や村人たちとの触れあいを通じ、とまどい、おどろき、感動しながら、その後の人生に深く影響を及ぼすほどの成長をとげた濃密な一年の物語 聞き語りを基 ...

イリオモテのターザン(画文集) -恵勇爺と泡盛談-

人間にとって幸せとは・・・  西表島のジャングルで、たった独り《無為自然》の暮らしを実践する恵勇爺との出会いと対話を通し、「人間にとって幸せとはなんなのか?」を問いかけた話題作『イリオモテのターザン』(2009年、南 ...

町史別巻1 記録写真集 与那国

沈黙の怒涛 どぅなんの100年 本書は与那国町制施行五十周年記念事業の一環として発刊されました。 昭和22年12月1日を以って、与那国は町制に移行しました。戦後の混沌とした世相のなか「新生・与那国町」への期待に満ちた ...

紀和へ。母の花だより -やいま文庫1-

一目会いたくて、あの声がもう一度聞きたくて、毎日泣きました。 そして、あなたに届いて欲しいと手紙を出し続けました。 花が好きだった母娘。交通事故で娘を失った母は、花の絵の描かれた便箋に想いを綴り、亡き娘に手紙を出し続 ...