節祭(シチィ)

旧暦
8~10月
新暦
9~11月
場所
西表島祖納・干立、石垣島川平、竹富島、新城島、波照間島、与那国島

神の国の正月行事。無病息災、五穀豊穣などを祈願する。川平では来訪神マユンガナシィが各家をまわる。
 

・西表島の節祭(シィチィ)

祖納・干立の節祭は国の重要無形民俗文化財。初日は各家で浄めの儀式を行い、新年を迎える準備をする。2日目は、祖納は前泊浜で、干立は前の浜で、世乞い(ユークイ、五穀豊穣をもたらす神を迎える神事)を行う。旗頭を立て、船漕ぎ、ヤフヌティ(櫂踊)、棒術、獅子舞、ミルク行列、アンガー踊りなどが奉納される。干立のミルク行列では干立でしか見られないオホホが登場し、滑稽な役を演じる。3日目は水恩感謝行事が行われる。
 

・波照間島の節祭(シン)

初日、各家では若水で床の間の諸道具を洗い、ススキを生ける。2日目、若水を汲み、家の清掃を行い、香炉の砂も取りかえる。火の神、仏壇、床の間の前にはミザミィヌイー(おにぎり)を3個ずつ盛る。3日目、ユーニガイ(世願い)として船漕ぎの儀式を行う。4日目、2日目と同じくミザミィヌイーを供えて祈願する。
 

関連リンク

動画/西表島節まつり
動画/西表島の節祭
話題/西表島祖納節祭~二日目の儀式~
話題/祖納、干立で節祭
話題/干立村節祭の仮面
話題/竹富島の節祭
話題/舟漕ぎ儀式のある波照間のシィシィン(節祭)

この記事をシェアする