八重山ナンバーワン

サキシマハブ

八重山にしかいないヘビ~その1 石垣島・西表島・竹富島・小浜島・黒島のみ生息。全長60~120cmと小柄で毒性は弱いが、人家付近にも生息するため注意が必要。

セマルハコガメ

八重山にしかいないカメ~その1 石垣島・西表島のみ生息。国指定天然記念物。驚くと頭、尾、肢を引っ込め、腹甲でふたをすることから、ハコガメ(箱ガメ)と呼ばれる。道路を横断している姿が見られることもある。

ヨナグニウマ

八重山にしかいない馬 与那国島のみ生息。与那国島の在来馬。体高110~120cmのおとなしい馬。体格のわりに力がある。農業の機械化などにより、その数は年々減り続けている。

カンムリワシ

八重山にしかいない鳥 石垣島・西表島のみ生息。国の特別天然記念物。郊外の電柱の上や、畑で見られる。八重山民謡の代表曲「鷲ぬ鳥節」にも歌われている。写真1枚目が成鳥、2・3枚目が幼鳥。

イリオモテヤマネコ

八重山にしかいないネコ 西表島のみ生息。国の特別天然記念物。西表島の陸上生態系の頂点に立つ。現在の生息数は約100匹と推定される。ヤマネコの交通事故が増えているため、島内には「ヤマネコとびだし注意」の看板があちこちに ...

ヤエヤママルヤスデ

日本最大のヤスデ 体長は10cm以上。赤と黒のストライプ模様の体に無数の小さな足が付いている。石垣島と西表島に生息している。

オオジョロウグモ

日本最大のクモ 体長は5cmほどで、脚を伸ばすと20cm近くになる。網の大きさは直径1~2mにもなり、昆虫だけでなく、小鳥がかかって食べられることもある。

キシノウエトカゲ

日本最大のトカゲ 体長40cmにまで成長する。日本では八重山・宮古諸島のみに生息。昆虫のほか、トカゲやカエルなども餌にする。

サキシマヒラタクワガタ

日本最大のクワガタ 飼育下では8cm以上になる個体もいる。八重山諸島に分布しており、比較的簡単に採集できる。繁殖力が強く、飼育もしやすい。

ヤシガニ

日本最大の陸生甲殻類 陸上で生活する最大の甲殻類。オカヤドカリの一種で絶滅危惧種だが、八重山ではまだ見ることができる。強靭なハサミを持ち、体長は40cmを超え、体重は3~4kgになる。

ヤエヤマオオコウモリ

日本最大のコウモリ 八重山諸島のほとんどの島に分布しており、羽を広げると60cm近くになる。洞窟には生息せず、昼間は木の枝などで休み、夕方から夜にかけて活発に活動する。果実や花、葉などを食べる。

オオシママドボタル

日本最大のホタル 雄は2cmほどだが、雌は3cm以上ある個体もいる。10月から2月にかけて八重山で見られる。幼虫も発光する。

ヤエヤマクマゼミ

日本最大のセミ 体長は7~8cmあり、日本最大級。石垣島と西表島に分布する固有種。石垣島では6月下旬~8月下旬まで、西表島では7月中旬~9月上旬まで鳴き声を聞くことができる。

タイワンヒメシジミ

日本最小の蝶 羽を広げた時の大きさが2cmに満たない日本最小級の蝶。2003年頃から八重山で見られるようになった迷蝶で、定着しつつある。

オオゴマダラ

日本最大の蝶 石垣市の市蝶。羽を広げると約15cmあり、日本の蝶としては最大級。フワフワとゆったり飛ぶ姿が特徴的。石垣島の市街地でもよく見られる。サナギは黄金色をしている。

イシガキニイニイ

日本一分布域の狭いセミ 世界でも石垣島米原のヤエヤマヤシ林周辺にしか生息していないセミ。その分布域は日本のセミの中でも最も狭く、数百メートルの範囲に限られている。絶滅の危険性が高く、幻のセミとも呼ばれる。

ヨナグニサン

世界一大きい蛾 日本では与那国島、西表島、石垣島にのみ生息する世界最大の蛾。与那国島で初めて発見されたことから「ヨナグニサン」という和名が付けられた。雌の大きさは、羽を広げると20~30cmにもなる。与那国島にはヨナ ...

マンタ

世界一大きいエイ マンタ(オニイトマキエイ)は、世界最大のエイ。大きいものでは横幅8m、体重3tに達する。八重山の海は世界有数のマンタポイントであり、ダイバーたちの憧れ。