与那国島祖納豊年祭

男たちの旗頭に女たちの舞い

 今年は7月24日日曜日に行われた与那国島祖納の豊年祭。
祖納は東、西、嶋仲の三つの公民館からなっており、それらが合同で豊年祭が行われる。旗頭のガッサイ、子どもたちのお神輿パレード、二年に一度の大綱引き、各公民館の奉納芸能、日が暮れた頃にドゥンタで豊年祭が締めくくられる。
 前日23日18時、集落内にある十山御嶽横で三公民館の旗頭のガッサイが始まる。旗頭は潮が満ちていく時間に合わせて出し、十山御嶽に奉納される。旗頭をあげる男性のそばで、リズムをとって女性たちが舞う。


嶋中のイララ六尺棒

23日の夕方、野嵩もち屋さんでは、クバ餅を作っている真っ最中だった。

豊年のニガイ

 24日朝6時、十山御嶽で今年の豊年の感謝をし、来年の豊年のニガイ(祈願)がはじまる。供物のお膳は13揃い用意される。一年間の祭事の願を解き、お膳は13回新しいものに変え、その度ニガイが行われる。
 9時からはお神輿パレードが始まる。各子ども会、役場、JAなど8つの神輿が集落内を練り歩き、十山御嶽に奉納される。11時、役場前で大綱引き。70mの大綱を東西で引き、東が勝てば豊作、西が勝てば豊漁と言われている。午後からは十山御嶽で祝賀会。それぞれの公民館ごとに棒や踊りを奉納する。
日が暮れると、十山御嶽でドゥンタ。炎を囲み、全員で丸くなって手をつなぎ、巻き踊りをする。豊年祭によって1年が締めくくられると考えられている。


大勢の男たちによって男綱と女綱が組み合わされる

子ども会など8つの賑やかな神輿が町内をまわる

西のティンバイナギナタ

西の来夏節、うぶだ道節、猫小節を披露

3公民館の女性が踊るミティ唄

中学生による、東の「ちでぃん口説」

嶋中のンヌン(太鼓)とカニン(鉦)とフィ(笛)

日が暮れた20時から十山御嶽でドゥンタが行われ、豊年祭が締めくくられる

この記事をシェアする