大工哲弘

沖縄県石垣市新川出身の八重山民謡の唄者。
八重山農林高校卒業後、沖縄本島に渡り八重山民謡の大家・山里勇吉に師事。
八重山民謡を基本にしながら世界の様々な音楽要素を取り入れて奥行きのある音楽世界を作り出し、県内外及び海外コンサートにも多く出演、世界せましと活動を続けている。
さらに世界の民族音楽家、ジャズやロックのミュージシャンなどとの共演活動も意欲的に行っている。
本州・北海道・九州など国内に積極的に民謡教室を開き、教育面での功績も大きい。
これまでにリリースしたCDアルバムも20数枚リリース。
 

バイオグラフィー

1948年、沖縄県八重山郡石垣市新川に生まれる。
1968年、本格的に八重山民謡を山里勇吉に師事
1971年、第8回・石垣市主催「とぅばらーま大会」優勝
1976年、琉球民謡協会より教師免許授与、琉球新報主催・第11回古典芸能コンクール「笛の部門」最高賞受賞
1981年、琉球民謡協会より師範免許
1983年、沖縄横笛協会より教師免許
1984年、野村流伝統音楽協会より教師免許
1987年、カセット4巻セット「大工哲弘の魅力・八重山のうた」発売(キングレコードCNT-1736~9)
1988年、第2回「ゆんたしょーら」:那覇市民会館
1992年、「大工哲弘in東京・南風ぬいやり」東京千代田公会堂で初リサイタル
1993年、CD「ゆんたとぅじらば(YUNTA&JIRABA)」発売(ディスク・アカバナー APCD-1002)沖縄文化民間交流会ヨーロッパツアー(スイス・ロンドン)参加
1994年、第3回リサイタル「ゆんたしょーら・パート3」:那覇市民会館、中南米(グァテマラ、サントドミンゴ、チリ、マイアミ)ツアー公演に参加
1995年、CD「大工哲弘」発売(オフノート ON-5)
1996年、CD「ジンターナショナル」発売(オフノート ON-12)、沖縄横笛協会から「師範免許」を受賞
1997年、CD「誇(ふくい)~八重山祝のうた~」発売(ディスク・アカバナー ASCD-2004)、CD「チバリヨーウチナー (がんばろう沖縄)」企画・構成、発売(音楽センター CCD-760)
1998年、アジアツアー(インド・ベトナム・フィリピン)参加、CD「あがろーざ/大工哲弘&ツンダラーズ」発売(ビクターnafin VICG-60098)
1999年、沖縄県無形文化財保持者(八重山古典民謡)に指定される
2000年、CD「沖縄かがやけ」企画・構成、発売(音楽センター CCD-784)
2001年、CD「伝 (いやり)」発売(ディスク・アカバナー ASCD-2010)
2002年、CD「エイサー遊び クイチャー踊ろう!」発売(音楽センター CCD-814、下地暁氏とのカップリング)
2003年、CD「蓬莱行 exo-PAI PATIROHMA」発売(オフノート ON-43)
2004年、天皇陛下古希祝お催し(日本の民俗芸能)出演。皇居・桃華楽堂で八重山の歌披露、CD「結(ゆい) ~八重山の風声(かじぐい)~」発売(ディスク・アカバナー ASCD-2011)
2005年、文化庁主催、韓国ソウル、那覇公演、パンソリと共演(日韓友情年)桜坂劇場、貞洞劇場
2006年、北海道ライブツアー(札幌、小樽、芦別、旭川、佐呂間、釧路、帯広)、パーカッションの永原元と、CD「ジンターランド (JINTA WONDERLAND)」発売(大阪ちんどん通信社とコラボレーション、オフノート ON-58)
2007年、石垣市施行60周年記念事業「やいまうたながれ」宮良康正、新良幸人、ミヤギマモル、日出克らと共演
2008年7月、「古賀市市民音楽祭 沖縄フェスティバル」古賀市中央公民館大ホール:ネーネーズ、ミヤギマモルと共演
2008年9月、「琉球フェスティバルin東京」日比谷野外音楽堂:金城実、山里ゆき、坪山豊、パーシャクラブ他と共演
2008年10月、「琉球フェスティバルin大阪」大阪城音楽堂:知名定男、アルベルト城間、宮沢和史 他と共演
2009年3月、11日沖縄ミュージック音市場「沖縄トラッドコンサート」出演:登川誠仁、知名定男、大城美佐子、名護良一、 金城恵子らと共演。
2009年9月、琉球フェスティバルin東京 於日比谷野外音楽堂
2010年3月、「沖縄音楽の軌跡」安里屋ユンタ旅に出る 於パレット市民劇場 与世山澄子、ポール石垣 青柳拓次、木津しげり 共演
2010年4月、「沖縄美ら島音楽祭」於うるま市石川会館
2015年・琉球民謡音楽協会名誉会長に就任、同年、全沖縄の民謡協会9団体の共同代表となる。
八重山地方に伝承される多彩な島の歌をこなし八重山民謡の第一人者として地位を築いている。その島唄に愛情を込めて歌う姿勢には共感者が多い。
また八重山民謡教室の支部を全国に持ち、沖縄・八重山民謡の普及・育成にも力をそそぐ。現在、沖縄でもっとも幅広い活動をしているミュージシャンである。
 

関連リンク

大工哲弘 Official Website 公式HP 
大工哲弘ブログ

この記事をシェアする