日出克

八重山・竹富島に生まれたオキナワン・プログレッシブサウンドの代表者。
その音楽性は沖縄にとどまらず、無国籍なワールドミュージックとして壮大な世界観を生み続けている。
発表と同時に大反響を呼んだ、代表作『ミルクムナリ』は、創作エイサーの演舞曲として、また県民ソングとして広く親しまれている。

プロフィール

1961年 八重山・竹富島に生まれる。
竹富島・種子祭の唄い手である祖母の唄を子守唄に幼年期を過ごす。
小学生時代 芸能の盛んな家庭環境に育ち、母親、姉にギターを習う。
中学生時代 オリジナル曲の制作を開始。
22才の頃、ロックバンド『やもり』を結成。各種コンテストに入賞。
1986年 上京。さまざまなミュージシャンのバックを務め、ギターの腕を磨く。
その後太古ギターと出会うことにより日出克サウンドを生み出す。

ディスコグラフィー

1993年 『ミルクムナリ』がCMソングとしてオンエアーされ、シングルCD発表。
1994年 BMGビクターから全国デビュー。ファーストアルバム『神秘なる夜明け』を発表。
1995年 セカンドアルバム『マピローマ』を発表。
1996年 母である亀井美佐とは古くからの音楽仲間、城間健市のプロデュースアルバムを発表。
2000年 コロンビアレコードから『日出克ライブ』を発表。
2001年 自主レーベルからサードアルバム『月灯り』を発表。
     忠孝酒造『仁風』イメージソングのマキシシングル『仁風』を発表。
2002年 自主レーベルから城間健市『THE VOICE OF SOUL』を発表。
     全島旗頭フェスティバルテーマソング『旗風舞』を発表。
2003年 自主レーベルから島さちこ『紅花の唄』を発表。
     コロンビアレコードから『エイサーセレクション・エキストラエディション』を発表。
     自主レーベルから『REVOLUSIONS』を発表。
2005年 自主レ-ベルから『MANDA-LA』を発表。
     自主レーベルから、城間健市『THE VICE OF KING』を発表。

バイオグラフィー

1994年 アジアミュージックフェスティバル(恵比寿ガーデンホール)
    まつり博三重・94’(サンアリーナ)
1995年 環太平洋平和の祭典(ホノルルレインボーホール)
    首里城コンサート
    第二回世界のウチナーンチュ大会
1999年 新芸能公演(ハワイアンシアター)
    祭衆in知恩院(京都知恩院)
2000年 ジャパンウイーク(ジャカルタ)
    バリ島ライブ
2001年 『月灯り』アルバム発表記念 沖縄本島~宮古島~石垣島コンサート
     (具志川市民劇場/マティダホール/石垣市民会館/那覇市民会館)
2002年 演劇『壊機・尚巴志』音楽プロデュース 沖縄コンベンション劇場
2003年 『JTB杜の賑い』20周年記念公演 沖縄コンベンション展示棟
2004年 ロワジールホテルプレゼンツ『南島蓬莱あけみおの宴』
2004年10月『民族の祭典』音楽プロデュース
2004年11月 日出克10周年記念LIVE『LOOTS OF 日出克』<沖縄市民会館>
2005年3月 日出克10周年記念LIVE『LOOTS OF 日出克 in YAIMA』<石垣市民会
2006年 島サミット「小泉首相主催 晩餐会」のアトラクションに出演。
 
 その他、創作活動、国内外でのライヴ活動を中心に、エイサー・琉球舞踊・CM・映画など
様々なジャンルへの曲提供・プロデュース等を行っている。

関連リンク

響(日出克オフィシャルサイト) 

この記事をシェアする