城間 健市

石垣島生まれ。 実家が料亭だったため、民謡や歌謡曲を子守唄がわりに聴いて成長し、小5の時フォークに目覚める。
中学校時代にハードロックに目覚め、ギターを始める。
高校生時代には、Liveのテープが後の高校生達の間で伝説のハードロックヴォーカリスト、ギターの端から端まで声の出るアーチストとして有名になる。
上京後にプロになる事を決意しハードロックバンドでヴォーカリストとして活躍。抜群の歌唱力をかわれ、日清焼そばUFO等々TVやラジオCM等もこなし、音楽面では、BEGIN、大島保克、ディアマンテス、日出克など数多くのアーティストアルバムに参加。ハードロックバンドの解散後、友人BEGINの紹介で古見健二と出会う。
 

バイオグラフィー

1993年
 アコースティックバンド「Ken’s Club」を古見健二と結成する。
1997年
 泡盛「しずく」のCMで反響を呼んだ「思い出」を、シングルCDで発表( ギター:古見健二アレンジ:日出克)。
 オリオンビアフェスタなど様々なイベントに出演。
2000年
 ファーストアルバム「Ken’s Club」を発売。
2001年
 東京から沖縄へ活動拠点を移す。
「天と海の境」久米島の久米仙の 天気予報で起用される (作詞:名嘉睦稔氏、アレンジ:日出克)。
2002年
 ファーストソロアルバム『THE VOICE OF SOUL』を発表。
2004年
 沖縄の大イベント、JTB「杜の賑わい」(?05ユ)、「1万人エイサー踊り隊」に出演。
2005年
 阪神・淡路大震災10周年記念事業「琉球古典舞踊と現代音楽のコラボレーション」に出演。
「POWER MUSIC FESTIVAL[INDIES in OKINAWA 2005]」で、紫のゲストヴォーカリストとして LOUDNESS、BOWWOWと共演。
 6月 2ndソロアルバム『THE VOICE OF KING』を発表。
 第14回YOSAKOI ソーラン出演後、恒例となる『東京ツアー』を開始。(現在進行中)
2006年
 5月 インターネット番組(Netlive提供)城間健市の『しゃべれ場うたえ場』開始。
2007年
 1~2月 東京ツアー『夜をどみぃんがせ』(Netlive提供)を敢行。特に新宿スペース107 でのコンサートはエイサーに飽き足らずクラシツクバレーとジャズダンスのコラボも大成功で大盛況を得た。
 3月~8月 『フリマガアグレ』のCMに歌とロボット役で好評を得る。
2008年
 二ューアルバムの制作に取りかかる。ブラジル移民100周年記念公演『創作歌舞団美』のゲストボーカリストとして3週間のブラジルツアーを敢行し大好評を博す。
2009年
 4月 城間健市の『しゃべれ場うたえ場』が100回を迎える。7月 沖縄の恒例のROCKイベント27thPEACEFUL LOVE Rock Festival 2009に出演し日本人離れしたボーカルでRockファンを圧倒する。
 9月 待望の3rdアルバムの発売。
2010年
 4月 調布グリーンホールでワンマンライブを行う。
 6月 トルコ5都市6回公演に出演
 9月 上海万博博覧会の公演に出演
 
 

関連リンク

TIDA 城間健市オフィシャルファンクラブ
 
城間健市 ケンちゃんのROCKでGO! 公式Blog

この記事をシェアする