みんさー織ブックカバー

使うほどに風合が増していく、みんさー織ブックカバーです。
八重山の伝統工芸織物「八重山みんさー」は、五つと四つの絣模様が交互に織られており、「いつ(五)の世(四)までも末永く――」という、八重山の女性が愛する人への思いを込めた織物です。

関連商品

草木染め手織ミンサーテーブルセンタ

この記事をシェアする