やいまーる外電

京都の寺院で「美しき沖繩展」開催

「京都と琉球500年のむすび 美しき沖縄展」
会期:2019年10月12日(土)~14日(月・祝)
会場:京都 住蓮山 安楽寺(京都府)
主催:浮島ガーデン webサイトブログ

 
 
沖縄本島のヴィーガン・レストラン、浮島ガーデン。
2016年4月~今年の1月下旬までは京都市内でもレストランを開業し、2年前のちょうど今頃の時期に「琉球の美しいもの展」を開催した。(その時の記事
今回、その浮島ガーデンが沖縄県内8名の作家とともに、再び京都にて沖縄の様々な物を紹介してくれた。
会場には、沖縄、宮古、八重山のあちこちの地域・島からの物が集まった。

 
古都である沖縄と京都は、500年ほど前から文化の交易があった。
現在京都の三条大橋の近くに、毎年「沖縄フェスタin京都」を実施している檀王法林寺(だんのうほうりんじ)がある。
その開祖は袋中(たいちゅう)上人という人だ。
袋中上人は中国に仏教を学びに行こうとしたが、秀吉による朝鮮侵略の影響で日本と中国の関係も悪くなっていた為、渡航のタイミングを待つために琉球に3年ほど留まった。
その際に沖縄に浄土念仏を伝え、それが後にエイサーとなったのだという。
袋中上人が伝えた念仏は、今もエイサーの中に念仏歌として受け継がれている。
エイサーはやがて、沖縄本島などから八重山への移民により、八重山各地にも根付いていった。
そのような京都と沖縄の歴史的つながりを背景に、今回のイベントは、再び古都同士の文化大交易をという思いで「京都と琉球のむすび」と副題がつけられている。
  
(「だんのうさん」の愛称で親しまれる檀王法林寺での沖縄フェスタ2017年の様子)

 
  
「美しき沖縄展」の会場は、哲学の道から少し東山への坂道を上ったところにある安楽寺
普段は年間の限られた日しか一般公開されていないので、それとは違う時期に中に入れるだけでもワクワク感があった。
画像左上:石段の上にある山門。紅葉の季節には真っ赤に彩られる。
画像右上:山門をくぐるとすぐに、シーサーのようにも見える置物があった。
画像左下:浮島ガーデン京都の元料理長による料理などが食べられた食堂と、2階に写真展会場。
画面右下:畳の広間2部屋続きの空間では、沖縄の島々の伝統工芸品や民具、アクセサリーが展示販売された。
今回は、京都や大阪の沖縄に縁がある店舗や作家の出品、単発イベントもあった。

 
最終日に訪れてみると、食堂の2階から声が聞こえるのでまずそちらに足を運んでみた。
石垣島在住の写真家、中西康治氏の写真展「八重山の伝統行事と祖先」の会場だ。
どうやらトークギャラリーが始まって間もない様子。
本来12日だったのだが。台風の影響で変更になったのだろうか?
筆者としてはお話がうかがえて嬉しい。  [中西康治氏のホームページ

八重山の島々の伝統行事を象徴する写真について、一点一点解説してくださった。
石垣島、与那国島、波照間島、西表島、小浜島の様々な行事のことや、ご自身の八重山に暮らすおばあさんや親戚の話題を通して、八重山の伝統行事を綿々と受け継いできた人々の「心」に触れることができた。
 
階下の食堂には、中西氏の写真集なども販売されていた。

 
 
木造の渡り廊下を歩いて展示販売の部屋へと向かった。
畳の広間二部屋続きの広い空間は縁側まで活用され、様々なコーナーがあった。
 
●西表島いやしろち
天然石や化石などのアクセサリーは、デパートでの沖縄展というビルの中の空間より、やはり自然に近い空間がよく似合う。 

 
●様々な手仕事
画像上段:京都、宮古島、沖縄本島など、様々なところの作家による手仕事の品々。
画像下段:与那国島のよはな民具の草民具と、雑貨さくらの与那国織のスタンドライト。

石垣島の草木染め手織り作家の当銘光子さんのストールもあった。
 
●伝統的な工芸品
紅型や宮古上布、琉球王朝から続く銀細工の「金細工またよし」の帯留め。
やちむんや、「現代の名工」熊谷フサ子氏の琉装・ドゥジンとカカンなども。

 
この日は、中西氏の写真トークギャラリーの後、国家資格和裁士も持つチンノーヤー(琉装を縫う人)・熊谷フサ子氏による講演「琉球王朝から続く琉装とその世界」もあった。
講演中、女性の琉装に用いる衣類の一つであるカカンについて、興味深いお話があった。
「カカンは“布のへそくり”である」と。
宮城文による「八重山生活誌」には、士族の女性の衣装としてカカンが紹介されている。
カカンというプリーツの入った腰巻状のものは、普段着で反物幅の布が5~7枚、晴れ着では9枚~11枚、時に13枚が使われていたと書かれているらしい。
そして、赤ちゃんの肌着はそこから一枚外して肌着にしたとのこと。
かつて布は糸から手作りの貴重品だったことがうかがえるエピソードだった。
 
(ドゥジン[八重山ではスディナ]とカカンの琉球舞踊衣装 : やいまーる外電記事「竹富町施行70周年記念公演 沖縄県竹富町 島々の民俗芸能『世乞い』」より )

 
 
お腹が空いたので早めの夕食でも、と、食堂へ向かう。
「波照間島もちきびのとろとろまーじん丼」というものを頼んでみた。
ウチナーグチでもちきびのことを「マージン」と言うらしい。
肉・魚だけでなく卵や乳製品など動物性食品を一切使わないヴィーガン料理で、もちきびは少ししっかり目の味付で硬めのおかゆ状態に調理され、鶏肉入りホワイトソース風の役割でご飯の上に乗っていた。

デザートにドラゴンフルーツと旬のスターフルーツ。
沖縄や八重山の工芸品、そして、美しい庭を見ながらの食事は、極上の時間。
 
浮島ガーデン代表の中曽根直子さんによると、来年もぜひ実施したいと考えているとのこと。
ぜひ実現してほしいものだ。
 
 
【おしらせ】
中西康治さんの作品は、今月、石垣島でも見ることができる。
 
中西康治写真展「ATARAXIA(アタラクシア)」
2019年10月1日~10月27日 10時~19時  ホテルエメラルドアイル石垣
 
●中西康治写真展「しまのひ」 
 2019年10月29日~12月27日 11時~21時  石垣島ホテルククル 1階
 
 
【参考】
過去に、袋中上人による日琉交流の歴史について学ぶイベントが開催されていたようだ。

「京都・檀王法林寺開創400年記念  琉球と袋中上人展 -エイサーの起源をたどる-」

文化庁ホームページ 文化庁月報 平成23年10月号(No.517) 
 
九州国立博物館ホームページ

晩夏の町田の街がエイサーで熱く燃えた!

 9月14日(土)、15日(日)の両日、東京都町田市のJR&小田急・町田駅周辺の会場で「第33回フェスタまちだ2019~町田エイサー祭り」(主催=町田市中央地区商業振興対策協議会など)が開催された。

 町田は、沖縄県出身者や、沖縄をルーツとする方々が数多く居住されている神奈川県に隣接する都市とあって、古くから沖縄文化が根付いており、エイサーも盛んで、「町田エイサー祭り」も今年で22回目を迎えた。

 オープニングの初日は3団体が道じゅねーで、町田駅周辺を練り歩いた。
 そして、メインイベントとなった2日目は好天に恵まれ、町田を拠点にする町田琉、町田エイサー青海波、町田遊星や、町田に縁が深い和光青年会など、関東から20団体が参加。本場沖縄からは沖縄市の諸見里青年会が招かれ、計21団体がカリヨン広場、東急会場、浄運寺会場、市民広場の4会場で、入れ替わり、立ち替わりで、熱の入った演舞を披露した。

 フィナーレは東急会場、浄運寺会場の2カ所で出演団体、観客が入り乱れてのお決まりの大カチャーシーを繰り広げ、熱狂の渦で幕を閉じた。

 また、ぽっぽ町田会場では、2日目に「沖縄の宝~唄祭り」と称して、琉球舞踊、琉球民謡が披露されたほか、石垣島出身のやなわらばーのライブが行われ、大観衆が詰めかけていた。

 関東では最大規模を誇るエイサー大会は「新宿エイサーまつり」だが、「町田エイサー祭り」は、それとはまたひと味違った“地域密着”ならではの良さがある。来年も、町田市民、エイサーを愛する人々を熱くさせてほしいものである。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

第38回 関西泡盛同好会例会

日時:2019年10月2日(水)18時半~
場所:KKRホテル大阪(大阪府大阪市)

 
 
今年もこの時期がやって来た。
会費制で、普段は内地でなかなかお目にかかれない珍しい泡盛なども飲み放題のイベントだ。
今年はどんな泡盛と出あえるのか楽しみにしながら会場に赴いた。
 
今年の泡盛リストの中には、八重泉酒造と請福酒造のお酒もあった。


 
 
立食形式の会場で、京都沖縄県人会や近畿八重山郷友会の方々と円卓テーブルの一つを囲んで過ごした。

入場してテーブルを確保したら、開会までの間にも好きな泡盛を選んで早速飲み始める。
同席した方から「あなた、美味しいお酒を見つけるのがうまいから、私の分も見繕ってきて」と頼まれる。
早速泡盛ブースでいただいてきたのは、これ。
昨年度の泡盛鑑評会で優等賞を受賞した、忠孝酒造の古酒13年物、42度だ。
  
忠孝酒造webサイトの関連記事
「泡盛新聞」webサイト内、「平成30年度泡盛鑑評会」の記事


酒造所スタッフさんのお勧めで、お酒そのものの味と香りを楽しめるストレートと水という飲み方で。
さすが受賞酒、そして長年寝かした古酒だけあって、香りも味もまろやかだ。
筆者に「選んできて」と頼んだ人も満足気な様子。
あまりの美味しさに、同じテーブルの方の何人かにも情報を伝えたところ、取りに行って味わった人も「美味いっ!」と感嘆の声を上げていた。
 
 
2杯目も古酒。瑞穂酒造の「ロイヤル瑞穂」をロックで。
こういうイベントでは、古酒狙いの筆者なのであった。

 
同じく瑞穂酒造が昨年度発表したジン「ORI-GiN 1848」も味わってみた。

沖縄県産のジンは、現在3つの酒造所で製造されているのみだそうだ。
(瑞穂酒造と、石川酒造、まさひろ酒造)
「ORI-GiN 1848」には、沖縄の特色を出すためにピーチパインやシークヮーサーなどが用いられているというだけあり、フルーティーでさわやかな香りがした。
本部町の桜から開発した桜酵母による泡盛がベースとなっている。
女性も楽しみやすいお酒に仕上がっていると思った。
こちらもロックで。
 
そして、最初に飲んだ忠孝の受賞酒のストレートをおかわりしたら、今年はもう体内アルコール濃度も限界で打ち止めとなる。
 
「黒真珠」を飲みそこなったのは心残りであった。
 
 
先に一気に泡盛を紹介したが、今年も泡盛酒造組合の紹介や、踊りあり、抽選会ありで、大いに盛り上がり、大盛況だった。
 
(画像左から。窓の向こうに輝く大阪城、関西泡盛同好会会長・中山正暉氏、沖縄県酒造組合会長・佐久本学氏、座開きの踊り)

 
泡盛の女王や酒造メーカーさん紹介。ずらりと並んだ、お楽しみ抽選会の品々。

 
様々な舞踊や、口笛コンクール世界チャンピオン・儀間太久実さんの華麗で巧みな口笛演奏。儀間さんは、版画家・絵本作家の儀間比呂志さんの孫にあたるそうだ。

 
11月1日は「泡盛の日」とのこと。
11月中旬には京都でも「京都泡盛同好会例会」が開催予定だ。
こちらではどんな泡盛を味わえるだろうか。今から楽しみである。