やいまーる外電

奈良公園に、沖縄の島々の歌が響きわたる

「沖縄音楽フェスト ウタめぐり、島めぐり」 ムジーク・プラッツ2019

日時:2019年6月2日(日)13時~
場所:奈良公園・春日野園地(奈良県)
主催:奈良県 ムジークフェストなら実行委員会

  
 
2019年5月18日~6月9日までの23日間にわたって奈良県内にて開催されている音楽イベント「ムジークフェストなら2019」で、6月2日(日)、今年6回目になる沖縄音楽フェストがあった。


 
今年は1日に短縮されたこともあってか、大勢の観客が詰めかけた。
関係者によると来場者数は1万9千人とのこと。
イベントを知らずに訪れた観光客も多く立ち寄ったようで、時折小雨にも見舞われたあいにくの天気であったが、芝生を埋め尽くすほどの大勢の観客が集まった。
店舗ブースでは、地元奈良沖縄県人会のみなさんも出店。 
できたてのムーチーが売られていたのが珍しかった。

 
 
今年の本会の趣旨が「ウタめぐり、島めぐり」あることから、各島々出身のアーティストは代表曲に加え、島言葉の歌、民謡などを聞かせてくれた。
 
 

●八重山うた 大哲会 奈良支部

八重山の唄者、大工哲弘を師匠とする。
「めでたい節」で座開きの後、「とぅまた節」などの八重山民謡や、「安里屋ゆんた」を披露。
 
 

●琉球國祭り太鼓 奈良支部

応援に大阪、京都、滋賀の支部員もかけつけ、約50名が熱演した。
獅子をかぶった二人の、息を合わせてステージを降りたり上がったりする動作も見事だった。
 
 

●HIRARA (宮古島)

宮古古謡の「アンナ(母)」、「漲水ぬクイチャー」、宮沢和史が作った「みるく世ぬクイチャー」など。
雨乞いの歌もあり、偶然にも小雨が降り始めたのには、本人も苦笑していた。
 
 

●池田卓(西表島)


「島の人よ」で始まり、「とぅばらーま」へと続く流れでは、会場も水を打ったように静まり返った。
民謡をギターの西洋音楽のコードの伴奏に乗せて歌った曲は、今風のアレンジで民謡を聞き慣れない人にも耳に入りやすそうで、新鮮。
「アップテンポの曲は一曲だけですから」と中盤で手拍子を促し、最後は「おばあちゃんの歌」でしっとりと締めくくられた。
MCでは故郷である船浮集落の紹介がなされた。現在小学生は2名なのだそうだ。
彼の父親である「米蔵」さんの名が書かれた応援うちわを持ったファンが立見エリアにいて、「それは父です」との楽しいやり取りも。
 
 

●上間綾乃(沖縄本島)

「ソランジュ」、「やんどー沖縄(うちなー)」、「ヒヤミカチ節」、やカバー曲を歌う。
時にやわらかく時に力強い表現で、会場を魅了した。

 

●三線&カチャーシーレッスン

池田卓、HIRARA、大哲会のメンバー主導で、フィナーレ課題曲の三線音合わせとカチャーシー指南。
小雨にもかかわらず三線を出して応じている観客もいて、アーティスト達も心強かったことだろう。
 

●~奈良県・沖縄県交流タイム~

・奈良県出身の「せやろがいおじさん」による “生せやろがいトーク”。
トレードマークの赤ふんどしに着替えて登場。
普段の漫才コンビ「リップサービス」の相方は石垣島出身とのことで、奈良と石垣島・沖縄の話題で場を盛り上げた。
・交流の儀
奈良県と沖縄県の関係者の方からのご挨拶があった。沖縄観光親善使節・ミス沖縄や奈良県のマスコットキャラクター・せんとくんも登壇し、本イベントのきっかけなどの話があった。
 
せやろがいおじさんと一緒に司会進行を務めていた岡本美紀さんは、宮古島出身で奈良在住。
ワンピース姿の岡本さんの隣で、「交流の儀」という公なセレモニーの最中も赤ふんどしのままのせやろがいおじさんという組み合わせが、なんとも表現しがたい独特の雰囲気を漂わせていたのも印象的だった。

 

●大工哲弘with苗子(石垣島)

苗子さんが、琴や踊りを担当。奈良では貴重な夫婦公演であった。
大哲会・奈良支部メンバーが、太鼓と笛でサポート。
哲弘さんはシカの糞を踏んで「興奮して奮闘しています」とダジャレで場を和ませる。
「安里屋ゆんた」、「ざんざぶろう(高那節)」など大御所の歌声に、会場からは声援やより一層大きな拍手が鳴り響いた。
他、「あがろーざ」、「マミトーマ」、クイチャーの曲など、観客は民謡を堪能した。
「ムジークフェストなら」には、沖縄音楽ライブの初回以来5年ぶりだそうだ。
予定の演奏が終わった後、もう一曲追加でと「さよなら港」で締めくくられた。

 
 

●宮沢和史(元THE BOOM)

2016年から充電期間に入っていたが、最近ニューアルバム「時を泳げ 魚の如く」を発表し、約3年ぶりに同タイトルでのコンサートツアーを開催中。
サポートバンドメンバーとともに登場すると、大歓声が沸き起こった。 
「星のラブレター」、「風になりたい」、そして「世界で一番美しい島」と続く。
 
高校野球の応援でもおなじみの「ダイナミック琉球」は、アルゼンチン出身の沖縄県系二世、大城クラウディアのボーカルで。
そして、琉球國祭り太鼓と一緒に「シンカヌチャー」。
いつしか雨も上がっていた。
アンコールにも応じ、おなじみの「島唄」に観客は聞き入った。
 
6月といえば沖縄慰霊の日がある月。
戦後一時期、沖縄は「アメリカ世(あめりかゆ:米軍統治下に置かれた時代)」に入る。
「世界で一番美しい島」の歌詞「もう放さない、もう渡さない」に込められた思いが伝わってきて、こみ上げるものがあった。
 
 

●フィナーレ


フィナーレは出演者全員とともにあらためて「島唄」を。
観客も三線演奏や歌で参加し、会場が一つになった。
「唐船ドーイ」のカチャーシーでプログラムのすべてが終了したときには、終了予定時間を1時間も超過していたほどの大盛り上がりのイベントだった。
 
 
なお、この日は、大阪の服部緑地公園野外音楽堂でも「2019 ハイサイ!! 琉球まつり!」が開催され、川門正彦(石垣島)やまーちゃんうーぽー(西表島)率いるまーちゃんバンドなどが出演した。
 
7月には、大阪新歌舞伎座開場60周年記念公演として、「真夏の沖縄音楽フェスティバル」が開催予定。
やなわらばーや古謝美佐子などが出演する。【詳細】

阪急うめだ本店の沖縄イベントに、八重山のショップが集合!!


「おいしい かわいい 沖縄展」
会期:2019年6月12日(水)~18日(火) 最終日は18時終了
会場:阪急うめだ本店 9階催場(大阪府)

 
「僕らがつくる、新・沖縄展」
会期:2019年6月12日(水)~18日(火) 最終日は17時終了
会場:阪急うめだ本店 10階 「うめだスーク」中央街区(大阪府)
 
 
大阪での初夏の沖縄イベントとして恒例の阪急うめだ本店でのイベントが、今年も始まった。
初日から大勢の人が詰めかけ、昼間の時間帯にも店によっては行列ができていた。
商品を手に取って確かめ、お店の方に質問したり説明を聞いたりしながら買い物ができるのが魅力だ。
八重山のお店も9階・10階の両フロアに出店しており、あちこち見て回るのも楽しいだろう。
 
 

『おいしい かわいい 沖縄展』

 
【請福酒造】

今年の目玉は、スピリッツ「IMUGE(イムゲー)芋酒」。
約100年前の酒造法で自家醸造が禁止されるまでは庶民が飲んでいたと言われる、芋酒の復活版だ。
かつては沖縄の庶民は米の代わりに雑穀、甘藷、黒糖などで芋酒を造っていたそうで、IMUGEは米麹で泡盛同様一次仕込みをした後、甘藷で二次仕込み、さらに黒糖による三次仕込みを行う。甘藷も黒糖も沖縄県産。
本展ではおひとり様1本限りで100本用意していたが、初日午前中で完売。
今年9月には大阪でも発売される計画が進められている。
 
 
【西表島いやしろち】

天然石アクセサリーの工房は、現在は石垣島にある。
大地から生まれた一つ一つ色形や表情が違う石たちと、八重山の植物で草木染めをした麻紐。
一点ものが好きな人にはたまらなく魅力的だろう。
 
 
【JEWEL EARTH】

石垣島の海をイメージした青く輝くガラス玉は、職人の手作り。
暗い場所では蛍光色の光をほのかに放ち、まるで八重山の星空やホタルのよう。
光るホタルガラス発祥の店。
 
 
【金城かまぼこ】
石垣離島ターミナルの売店などでもおなじみの「じゅーしーかまぼこ」(かまぼこの中に、沖縄の炊き込みご飯「じゅーしー」が入ったもの)。
本展限定で、島にんにくを使った「ガーリックじゅーしー」が各日50個販売される。
 
 

『僕らがつくる、新・沖縄展』

 
【やちむん館】

アダンのバッグや帽子、月桃やクバの民具、石垣島の草木の実のアクセサリーやパーツなどが、所狭しと並んでいた。
商品はどれも、島の植物を採集して加工する根気のいる手仕事によるものだ。
 
 
【KATARIGI】 インスタグラム  / やえやまなび

木を知り尽くした石垣島の木工会社が立ち上げたブランド。
様々な木工製品は、全て島で育った木から作られている。
中には、ミンサー織りの布とのコラボの小物や、やちむん館の植物材料とのコラボ商品も。
 
 
【イチグスクモード】

石垣島の桃林寺からほど近いところに工房を構える。
島バナナやオオゴマダラなど、八重山の文化や自然をモチーフにしたオリジナルデザインの衣類やタペストリー。
「スミオのkiiyamaドミトリー」の入口にあるスミオおじぃの顔のデザインも、代表の池城さん作なのだそうだ。
 
 
【Garden Pana】

自社栽培のハーブが原料の調味料は、南ぬ島空港などのお土産店で見たことがある人も少なくないだろう。
初日午後には、ワークショップ「石垣島のフレッシュハーブティーでリフレッシュ」が開催され、参加者はオリジナルハーブティー作りを楽しんでいた。
ブースでは、調味料や、ハーブティー用の材料の量り売りも。
 
 
 
また両展以外にも、17日(月)まで9階祝祭広場で行われている「藍ism ~日本の青と暮らす~」には、石垣島の「島藍農園」が出店。

各地の藍染作品で一帯が藍色に染まる中、ナンバンコマツナギの濃い藍色と青、フクギのオレンジの定番カラーのバッグが、ひときわ目を引いていた。
 
  
いずれのイベントも会期が限られているが、その期間だけはどっぷり八重山・沖縄気分に浸れるので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

すっかり春日部市民に浸透した「粕壁エイサーまつり」

 6月1日(土)、2日(日)の両日、埼玉・春日部市の「ふれあいキューブ」と「ララガーデン」(サポート会場=初日のみ)で、「粕壁エイサーまつり2019」(主催=春日部TMO・粕壁エイサー2019実行委員会)が開催された。

 同イベントは、春日部商工会のメンバーが創作エイサー太鼓に感動し、同市民に伝えたいとの趣旨でスタートしたもので、今年で早くも14回目を迎えた。

 初日はエイサーのみならず、琉球舞踊、沖縄手話ダンス、龍球空手道、島唄ライブ、フラダンスが披露された。

 メインイベントといえる2日目は、和光青年会、琉球國祭り太鼓、琉球創作太鼓 零、町田琉、沖縄創作太鼓 黄龍、琉球鼓舞道場、春日部西口ロータリークラブ子供エイサー教室が熱い演舞を披露。チーム息吹・南会津による沖縄現代版組踊も披露された。

 そして、エンディングは出演した全団体、観衆が入り乱れての大カチャーシーで幕を閉じた。

 また、会場内ではオリオンビール、沖縄特産品が販売され、野外では“沖縄屋台”として、宮古そばなどの店が出されていた。

 まさに地域密着で開催されてきた「粕壁エイサー」は、すっかり春日部市民に浸透し、年々来場者も増え、同商工会の取り組みも実を結んでいる。

 来年は区切りの15回目となるだけに、よりパワーアップしたイベントを期待したいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

サンシャインシティでの「沖縄めんそーれフェスタ」が大盛況で幕! ミス八重山も観光PRに努めた!

 東京・池袋のサンシャインシティで、「第11回沖縄めんそーれフェスタ2019」(主催=サンシャインシティ)が、5月24日(金)から6月2日(日)までの会期で開催された。

 例年通り、今年も4階展示ホールでは、「沖縄物産展」が開かれ、飲食物、特産品などを販売するブースが多数出店され、飲食コーナーでは沖縄ライブが行われた。野外に隣接の特設会場では「めんそーれビアガーデン」が催され、こちらでもライブが行われた。

 B1の噴水広場では、「アーティストライブ&ステージ」が開かれ、数多くの沖縄系アーティストが出演。宜保和也、やなわらばー、きいやま商店らの石垣出身アーティストも登場し、熱唱を繰り広げていた。

 同会場では、沖縄空手PRステージ、エイサー演舞、琉球舞踊なども披露され、終盤の2日間には、八重山ビジターズビューローがブースを設け、ミス八重山星の砂・金城純海さん、石垣市の公認マスコットのぱぃーぐるも来場し、八重山観光PRに精を出していた。

 また、序盤の26日には、「池袋めんそーれ祭り」と称して、ビル前のサンシャイン60通りでエイサー演舞が披露されたほか、サンシャイン水族館、サンシャイン劇場、サンシャイン60展望台、レストラン街でもコラボイベントを開催するなど、10日間はまさに沖縄一色。多くの沖縄を愛する人々が詰めかけ、イベントは今年も大盛況で幕を閉じた。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

写真展「よみがえる沖縄1935」(立命館大学国際平和ミュージアム)

  立命館大学 国際平和ミュージアム2019年度春季特別展
  「よみがえる沖縄1935」
    
  日時:2019年4月13日(土)~6月29日(土)
  開館時間:9:30~16:30(入館は16時まで)
  会場:立命館大学国際平和ミュージアム1階 中野記念ホール(京都府京都市)
  主催:立命館大学国際平和ミュージアム、朝日新聞社、沖縄タイムス社

 (本展の詳細や休館日について)
 
 

2年ほど前であっただろうか。
ニュース記事で、「戦前の沖縄の風景などを撮影した写真が大量に発見された」と知った。
その当時から、朝日新聞社と沖縄タイムス社の共同企画で生まれたサイトでそれらの写真を見ることができていたり、那覇市内などで写真展が開催されたりしており、旅の予定と会期が重なるのであれば大きな写真で見てみたいと思った記憶がある。
 
 (朝日新聞社・沖縄タイムス社の特設サイト、「沖縄1935 写真でよみがえる戦前」
(2017年、沖縄県内で実施された写真展のニュース記事
  ・那覇・タイムスギャラリーにて
  ・沖縄市立図書館にて
 
 
現在その写真の一部が、京都の立命館大学国際平和ミュージアムにて展示されている。
本展は、2017年に日本新聞博物館で開催された「企画展 よみがえる沖縄1935」の関西巡回であり、加えて立命館大学国際平和ミュージアム等所蔵の沖縄関連資料の展示もなされている。
 
写真に関しては、残念ながら八重山の物はなく、糸満、古謝、久高島、那覇、その他各地といった展示構成である。
しかし発見当時のネガの汚れや傷みを修復した約80年前の画像は、沖縄戦以前の本島の人々の暮らしを知る事のできるとても貴重な資料であり、一見の価値がある。
中にはAIを活用してカラー化を試みた写真もいくつかあり、風景や人々がよりいきいきと見えた。
 
那覇の市場では、ほとんどの人は着物で、士族の女性はジーファー(かんざし)を挿した髪型をしていたり、老婆の手にはハジチが見て取れる。
 
道行く人や畑仕事の人たちが裸足である写真もあり、足裏の皮膚の強さはどんな感じだったのだろうと想像した。
 
女性はまた、頭の上に大きな荷物をバランスよく乗せて両手を自由に使えるようにしている習慣がまだあった時代で、魚売りの女性は、魚の入った籠と頭の間にまな板を挟んで魚の汁が直接頭にかからないようにしている様子など、当時の生活の知恵を垣間見ることもできた。


 
本展では、朝日新聞社の写真に加え、立命館大学が所蔵している八重山に関する資料がいくつか展示されていた。
こちらもまた貴重な資料であった。
 

【「西表他の区の労働地獄と日本労働者階級の使命」 (国際平和ミュージアム所蔵)】

知念村出身で城崎勝馬という人が、西表の炭鉱ついて1936年~41年に記したものである。
手書きでびっしりと書かれた文章など、いくつかの資料がガラスケースの中に読めるような形で展示されており、「毎日12-15、6時間、または一昼夜ぶっ通しの人間業とは思えない労働」と言ったような表現に、炭鉱での労働の過酷さをうかがい知ることができた。
 
 
同大学資料センター所蔵の立命館大学探検部の資料も、「戦後の大学生の見た沖縄」という趣旨で展示されていた。
こちらは閉じたまま触れられない形での展示であったので、表紙と解説しか見ることができなかったが、そのような資料の存在を知る事ができたのは収穫であった。
 

【「沖縄西表島踏査計画書」 1969年8月1日~24日】

昭和の時代のいわゆる「青写真」という紫色の濃淡でアウトプットされる複写機による冊子だ。
解説の札に、中の文章の一部が紹介されていた。
「なぜわれわれ三人はこの島に行こうとするのか・・・さまざまな夢想、好奇心、探求心を募らせるのに十分なフィールドなのである(「行く前に考えた事」より)」
沖縄返還前の時期であり、渡航にはパスポートも必要だった時代の若者たちの熱い思いの片鱗に触れることができた。
 

【波照間島 1970夏 沖縄八重山郡】

このような資料も展示されていた。
当時の波照間島は「探検部」のフィールドの対象であったことがうかがい知れた。
2冊とも、古本など流通していないかどうか調べてみたが、情報は得られなかった。
調べている途中で、「竹富町史だより 第37号 2016年3月31日」には、当時は竹富町史編集事業の「島々編」シリーズの「波照間島」を編集中とのことで、膨大な量の波照間島に関する資料一覧が紹介されていることがわかった。
その中に本資料も掲載されていた。
 
 

このミュージアムにはそれ以外に、常設展のコーナーがある。
地下1階の戦争についての歴史を学ぶ部屋にも、沖縄戦に関する情報コーナーがあった。
印象的だったのは、どこの島かは失念したが、御嶽に鳥居がある写真だ。
明治政府による国家神道政策によって建てられたのだと、恥ずかしながら今頃知った。
八重山の島々を訪れると、御嶽に鳥居がある島とない島があることが、以前から不思議に思っていた。
国家神道政策が及ばなかった島があるのだろうと理解した。
 
会期はあと1ヶ月ほどあり、その間に慰霊の日がある。 
1935年当時の風景は、その10年後には跡形もなくなってしまうほど破壊された。
そのような事実があったのだということを、この時期だからこそより強くあらためて突きつけられた機会でもあった。

【関連情報】

写真集が発売されているので、興味がある方はご参考に。
「写真集 沖縄1935」 週刊朝日編集部〈編〉

代々木公園での「OKINAWAまつり」は熱狂の渦で閉幕!

 5月18日(土)、19日(日)の両日、東京・渋谷区の代々木公園で「OKINAWAまつり2019」(主催=同実行委員会)が開催された。

 新興の沖縄フェスだった同イベントも今年で8回目を迎え、沖縄を愛する人々にすっかり浸透し、年々来場者が増え続けている。

 同イベントのメインイベントは、なんといっても「STREET MUSIC FEST.」と称される野外ライブ。メインステージでは、石垣島出身の宜保和也、きいやま商店をはじめ、沖縄音楽界の“大御所”よなは徹、上間綾乃らの沖縄アーティストが多数出演し、詰めかけた大観衆を熱狂させた。

 彩風ステージでは、琉球國祭り太鼓によるエイサー演舞、琉球古典舞踊が披露され、沖縄の伝統文化に観衆が酔いしれていた。

 もう一つの新風ステージでは、将来のメインステージ出演を目指す新進気鋭のアーティストたちが熱唱を繰り広げていた。

 また、飲食ブースでは酒、沖縄そば、肉、タコライスなどの沖縄の味を提供する店舗が多数出店し、多くの店で行列ができるほどの盛況ぶりだった。そのほか、宮古島、慶良間諸島、南大東島など、各離島のブースも設けられ、観光PRに努めていた。

 両日とも、好天に恵まれ、5月半ばながら、沖縄を思わせるような暑さで、まさに“沖縄フェス日和”で、観衆たちは沖縄の音楽、食、文化に接して満足げだった。

(取材・文=ミカエル・コバタ)