やいまーる外電

きいやま商店、大阪にて初めてのコントライブに挑戦!

 「きいやま商店大爆笑劇場!2019 ~初コントさぁ! むる集合!!~」
  
  日時:2019年5月27日(月)・28日(火)
  場所:大丸心斎橋劇場(大阪市中央区)
   
  出演:きいやま商店(リョーサ、だいちゃん、マスト)
     高井俊彦(吉本新喜劇)、藤原麻友美(トクダ製作所)、他

 
 
石垣島のいとこ兄弟三人組ユニット、きいやま商店が、コントがメインのライブを大阪で開催した。

きいやま商店の公式サイトのプロフィールには、目指しているのは笑いと音楽のどちらも得意としていた「ドリフターズ」とある。

今回のコントライブ副題にある島言葉での「初コントさぁ! むる集合!!」にも、「8時だョ!全員集合」が合い言葉であったドリフの番組への敬意の気持ちがうかがえる。

両日ともチケットは完売だ。
 
これまでもライブの中でちょっとした会話コントなどを取り入れていたきいやまメンバーにとって、コントがメインの今回のステージは、夢の実現の一つであっただろう。
(紅白出場の夢も是非叶えてほしいものだ)

コントライブ前日には奈良での野外音楽ライブにも出演し、また、28日昼間に開催されたインプロ(即興演劇)に挑戦する「きいやまTV(Youtube)」公開録画も大盛況だった模様。
会場では「奈良の野外ライブで初めて知って来た」という声も聞かれた。
野外ライブも含めた全公演をどっぷり楽しんだファンもいるかもしれない。

秋には本ライブが横浜と沖縄でも開催との発表もなされた。
そんなコントライブの初日の様子を、オチがばれない程度に紹介しよう。
 
 
会場となった大丸心斎橋劇場には、たくさんの花が飾られていた。

彼らのおじさんである「スミオおじぃ」こと崎枝純夫さんも、石垣島から来阪していた。

グッズコーナーには、本公演記念Tシャツや、エコバック、この会場限定販売のコントCDなどがあり、ライブの前後にファン等が列をなして買い求めていた。

オープニングは、金色のポンポンを手にした女性ダンサーチームとともに、楽曲「きいやま商店知ってるかい?」で登場。
まるで以前から、こんな日が来ることもイメージして作っていたかのようなピッタリ感があった。
 
 
舞台では、共演者の高井俊彦、藤原麻友美らとのネタや、きいやまメンバーだけでのネタなど、様々なテーマでの抱腹絶倒コントが繰り広げられた。

きいやまファンだとどこかで見たことのあるかもしれないネタと、今回初披露のものがほどよく組み込まれた構成。

リョーサがセリフを忘れたり、だいちゃんは演者なのにウケてしまい笑いをこらえるのに後ろを向いたり、マストがオトナ向けのネタを連発したりと、ライブならではのおもしろ場面もあり、会場を埋め尽くした幅広い年齢層の観客は大いに楽しんだ。

【三人が親子に扮したコント】

(画像提供:有限会社 フライング・ハイ)

とーちゃん=マスト、かーちゃん=リョーサ、息子=だいちゃん。
リョーサがこんなにムームーが似合うとは!
マストの顔には、ほうれい線やカラスの足跡がくっきり描かれていた。
だいちゃんは、声も若めにして息子役を熱演!
そこに勇者の剣の使いがやってきて・・・、ボケまくっていたとーちゃん役のマスト。

別の忍者の訓練物コントでは、弟子役の三人のあまりにも呼吸のあった動作に、筆者は「さすが!」と心の中で手をたたいた。

所々にカチャーシーや「アチサンサン」の踊りなど沖縄&きいやまネタが織り込まれ、それがわかる人にはコントはさらに面白く、知らない人にも理解できるように会話の中でさりげなく説明がなされるのも嬉しい。

ドリフの髭ダンスを彷彿させるチャレンジ物は、コントの中でも一番沖縄色を出していた。
バサー(芭蕉)着物にクバ笠という格好に、BGMが沖縄民謡というシチュエーションで、髭ダンス的にある物に挑戦する。
緊迫する場面を経て挑戦に成功するたびに、喜びを踊りで表現する。
それをきいやまメンバーが表情や動きを豊かにやるからこそ、より面白みが増していたように思った。

衣装・メイク変えの暗転時には、さまざまな動画が上映され、きいやまメンバーの素顔や、今年石垣島にオープンしたスミオのkiiyamaドミトリーの紹介など、飽きさせない構成。

コントも幕間の動画でも笑いっぱなしで、笑いすぎて目じりに涙がたまって何度もぬぐうはめになってしまった筆者であった。
 
 

(オープニングの歌の様子  画像提供:有限会社 フライング・ハイ)

途中、時間が押していることも笑いのネタにしながら、プログラムは無事に終盤のミニライブへ。
ステージと客席の段差があまりなかったため、観客は座ったままであったが、手拍子・声援、タオル回しはいつものライブ通りの元気いっぱいのノリだった。

【ミニライブ・セットリスト】
僕らの島 / ドゥマンギテ / 沖縄ロックンロール / カーーニバレ(アンコール)
 
 
無事に初日のフィナーレを迎えたきいやまメンバーの笑顔には、どことなく喜びの中に安堵の気持ちもにじみ出ているような気がした。

 
リョーサが「明日はもっと面白いから!」と、バージョンアップの宣言をしていた。
本公演2日目には、初日とは違うネタもあったようだ。
秋の横浜・沖縄公演では、またさらに新たなネタが期待される。
次回もまた見逃せないコントライブとなりそうだ。

このライブの舞台裏に関して、NHK沖縄放送局の番組では特集が放送される予定。
県内の方はお見逃しなく!

また、昨冬の「きいやま商店 10th Anniversary シャレオツLIVE」atヒューリックホール東京のDVDも、5月29日(水)から発売された。(きいやま商店オフィシャル通販サイト、ライブ会場のみの販売)

普段の音楽ライブでの作詞作曲だけでなくコントにも多彩な才能を発揮する、リョーサ、だいちゃん、マストのさらなる活躍が楽しみだ。

白保の「やちむん館」が大阪にやってきた ~風水土のしつらい展2019~

風水土のしつらい展2019  ~足元に小宇宙(センス・オブ・ワンダー)があった~
日時:2019年5月15日(水)~20日(月)
場所:大丸ミュージアム(大丸梅田店15階、大阪府)

 
 
今年もまた、「風水土のしつらい展」の季節がやってきた。
 
「毎年ブースを出しているやちむん館(石垣島)はどこだろう?」と思いながら入口に向かうと、いつもの入口付近の場所でたくさんの八重山の品々が出迎えてくれた。
 【やちむん館

 
このイベントのコンセプトは、「モンスーンアジアの自然素材から作られたものを、私たちの暮らしに。作り手と語らいながら、手仕事に触れられる、交歓の場。(上記webページより)」だ。

今年はワークショップ「月桃のコースターづくり」に参加予定だったので、先にそちらへ足を運んだ。
ワークショップはまさに「作り手と語らいながら、手仕事に触れられる、交歓の場」だ。
 
10名ほどの参加者が「月桃の斜目編コースター」の編み方手ほどきを受ける。

目指すは、画像中に2つあるような、四角いコースターを完成させることだ。
編み方の理解とコツがつかめたら早いが、そこまでは何回かやり直した。
ささっと完成できる人もいれば、何度も編んだり解いたりしながら理解を深めている人もいた。
 
筆者はゆっくりチームであったが、時々両隣の席の初対面の方とも言葉を交わしたり励ましあったりしながら、無事に完成!

ちょっと台紙より大きくなったが、これも様々な太さのある自然素材だから仕方がない。
一方で、「同じサイズの物を複数」という注文が入ったら、作家さんはどのようにして作るのか、とても興味がわいた。
 
復習できるように、また、自力でもやれるように、ブースには丁寧な解説書付きのキットも売っているのがうれしい。
キットは去年のワークショップの課題だった物もあった。
白保のやちむん館の工房では民具講習会が実施されており、様々な物を作る体験ができるので、指導者の助けが必要なら八重山旅の途中で立ち寄るのもいいだろう。
 
 【やちむん館 民具講習会
 
今年の「風水土のしつらい展」でやちむん館は、「月桃コースター作り」だけでなく「木の実のアクセサリーづくり」ワークショップも行った。
代表の池原美智子さんは、「木の実ネックレスをアダン葉帽子の飾りとして使っても、とても素敵なのよ」とサンプルを見せてくださった。


 
今回のブースで印象的だったのは、そのアダン葉の帽子だ。
パナマ帽や麦わら帽子風など、様々な形の涼しげな手編みの帽子がいくつもあった。
作家さんは複数おられるようだが、そのお一人は当サイトの「知っ得情報」コーナーで時々教室の案内がなされている「Cocoroのぼうし」の方だ。
石垣市大浜で、アダン葉帽子やボトルホルダーの体験教室を開いている。
特に、ボトルホルダーは半日の講習なので、旅の滞在中でも学ぶことができる。
 
 【やいまタイム「知っ得情報」 5月のアダン編み体験
 【Cocoroのぼうし facebook

 
アクセサリーコーナーには、完成品と様々な実のパーツがあった。


 
その他にも、様々な手仕事の作品があった。
・月桃の円座やコースター
・アダンの草玩具に草履、ペットボトルホルダー
・様々な植物素材で作られたバッグ など

どれも、材料を野山に採集しに行くところから始まり、素材として使えるように何日もかけて処理をほどこし、丁寧に編み、ようやく完成するのだ。
人の手で一つ一つ作られるので、同じ種類の製品(というより作品と思う)でも、少しずつ違う表情をしている。
そもそも自然の植物を材料にしているため、材料そのものが一つとして同じ物はない。
そんな素材がそれぞれの作り手によって作品となるので、大げさかもしれないが、言ってみればどれも「世界に一つの物」なのだ。
手仕事の作品は、そこが魅力の一つなのだと思う。
 
本展の会期は残念ながら終わってしまったが、やちむん館は今後、6月に阪急うめだ本店で開催される「おいしい かわいい 沖縄展」にも、出展予定だ。
 
6月12日(水)~18日(火) 催し最終日は午後6時終了
阪急うめだ本店 催しカレンダー
 
まだ詳細は発表されていないようだが、やちむん館以外の八重山のお店もいくつか出てほしいと今から期待しているのであった。
 
 

◆八重山郡内で草民具・草玩具の事について知る・体験できる施設

 
【体験】
やちむん工房(民具講習会)
・Cocoroのぼうし(ボトルホルダー、アダン葉帽子)
 
【知る・学ぶ】
石垣市立八重山博物館
南嶋民俗資料館(石垣島)
竹富島喜宝院蒐集館
 
【買う】
やちむん館(工房・大川店)
石垣市特産品販売センター(公設市場の二階)
たーだやー(石垣島)
・南嶋民芸(南嶋民俗資料館となり)
・竹富島・波照間島など、離島の港売店

川崎の街が沖縄色に染まった! 「はいさいFESTA」は大盛況で幕

 すっかりゴールデンウイークの恒例行事となった「はいさいFESTA2019」(主催=チネチッタ通り商店街振興組合/ラ・チッタデッラ)が、5月1日~5日の5日間、神奈川・川崎駅東口のチネチッタ通りなどで開催された。

 川崎市には、沖縄出身者、沖縄をルーツにもつ人が多数住んでいることがきっかけとなって、スタートした同イベントは、今年で16回目。関東では最大級の沖縄フェスティバルとあって、連日にわたって、数多くの沖縄を愛する人々、沖縄出身者が詰めかけ、約25万人を動員した。

「ラ・チッタデッラ風 大沖縄文化祭」とのサブタイトルがうたわれている同イベントは、まさに沖縄の音楽、映像、食、酒、伝統芸能がびっしり詰め込まれている。

今年は、沖縄料理屋台&物産展が従来の会場のほか、旧さいかや跡タイムズ駐車場特設会場にも拡張して出店。石垣島ビール、八重山そばも初めて店を出していた。沖縄系アーティストによるフリーライブや音楽祭、エイサー演舞、映画祭、ワークショップ(三線教室、シーサー色塗り教室など)などが催された。

 フリーライブには、やなわらばー、きいやま商店、世持桜、ストライクカンパニー、八重山モンキーら多くの八重山出身のアーティストも出演。

 5日に開催された、お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリが司会を務める「クラブ ゴリッタ」には、具志堅用高、古謝美佐子もゲストで招かれた。

 また、今年のエイサー大会は、川崎東口駅前のルフロン前広場に場所を移し、和光青年会、町田琉、鶴見エイサー潮風、琉球國祭り太鼓、琉球舞団 昇龍祭太鼓、舞弦鼓など、10団体が参加して、熱い演舞を披露した。

 5日間、川崎の街がまさに沖縄一色となった同イベントは、大盛況で幕を閉じた。来年もまた沖縄を愛する人々を楽しませてほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)