やいまーる外電

島々が集まる祭典「アイランダー2018」に竹富町が出店!

 全国の島々が集まる祭典「アイランダー2018」(国土交通省/公益財団法人日本離島センター主催)が11月17日(土)、18日(日)の両日、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館3F展示ホールCで開催された。

 同イベントには北は北海道から、南は沖縄まで、80に及ぶ島々が出店。沖縄県下からは「竹富町の島々」のほか、伊是名島、粟国島、渡嘉敷島、久米島、南大東島、多良間島がブースを出していた。

 このイベントの特徴は、単なる特産品の販売や観光PRにとどまらず、各島々が移住相談、工芸体験・ワークショップ、求職相談など、さまざまな目的で出店している点だ。そのほか、グルメ食堂では各島の食を味わうことができ、太鼓、歌、踊りなど伝統芸能を始め、島の魅力をライブでアピールする「アイランダーステージ」も披露された。

 我が「竹富町の島々」のブースでは、町役場が中心となって、移住相談や西表黒糖工場の臨時職員募集などを行なっていた。

 離島と首都圏に住む人々との架け橋になっている同イベント、来年以降も継続して開催してほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

和光青年会主催の「経堂エイサーまつり」で9団体が熱い演舞を披露!

11月11日(日)、東京都世田谷区にある小田急電鉄・経堂駅南口の経堂農大通り商店街で「第7回経堂エイサーまつり」が開催された。

同イベントは、地元経堂にある和光小学校の母体・和光学園の生徒、OBで構成されたエイサー団体・和光青年会が主催するもので、12年にスタートした。

同団体は、経堂農大通り商店街が主催する「経堂まつり」に10年以上にわたって参加し、地域コミュティーの発展に貢献してきた。それをきっかけに、「お世話になってきた経堂の街で何かできないか?」と考え、「地域の皆さまと一緒に盛り上がるお祭りをやりたい」との思いから、経堂農大通り商店街振興組合の協力を得て、「経堂エイサーまつり」が始まった。

今年参加したのは、主催の和光青年会を始め、傘下の和光小学校6年生有志、町田琉、町田エイサー青海波、桜風エイサー琉球風車、経堂むらさき連、美ら星エイサー、東京中野区新風エイサー、東京中野真南風エイサーといった関東の有力な9団体。

同商店街の道路を、一時車両通行止めにして、道じゅねのスタイルで、経堂駅前から大橋交差点までを練り歩き、各団体が熱い演舞を披露。主催の和光青年会は、お世話になっている居酒屋に入って、店内で演舞を見せるサプライズもあった。

主催者と地元商店街が一体となり、地元住民が多数集まった「経堂エイサーまつり」は、まさに“地域密着”感がたっぷり。会場整理などは出場チームが自ら行うなど、まさに手作りでアットホームな雰囲気で、「新宿エイサーまつり」などの大きなイベントとはひと味違う良さがある。

商店街の皆さん、駆けつけた沿道の地元住民も、目の前で見る、迫力あるエイサー演舞に大いに喜んでいたようだ。今後も長く続いてほしいイベントだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

「鶴見ウチナー祭」、BEGINの出演で大盛況で幕!

「第3回鶴見ウチナー祭」が11月10日(土)、11日(日)の両日、神奈川・横浜市鶴見区の入船公園で開催された。

同イベントは「これまで横浜産貿ホール(中区)でやっていた『ウチナー祭』を鶴見でやりたい!」との有志の熱い思いで実行委員会が発足してスタートした。

鶴見は沖縄からの移住者や、その子孫が数多く居住する地区で、「沖縄タウン」と呼ばれる街があるほどで、地元での「ウチナー祭」開催は、関係する人々にとって待ち望まれたものだったようだ。

イベントでは、沖縄にゆかりあるアーティストや三線民謡、琉球舞踊などのライブ、沖縄そばやタコライスなど沖縄グルメや観光PRブース等の出店、琉球着付け、シーサー色塗り、三線、一五一会などが体験できるワークショップが催された。

我が石垣島からは初日にきいやま商店が出演、2日目の大トリでは、BEGINが「BEGINのマルシャショーラin横浜つるみ」と題して出演した。
「マルシャショーラ」とは、ブラジル・サンバの起源となった「マルシャ」のリズムと、八重山の方言で ”〜しようよ”という意味の「ショーラ」を掛け合わせた言葉で、今やBEGINのライブではすっかりおなじみの音楽となった。

最近では八重山でのイベントに積極的に出演しているBEGINだが、首都圏でフリーライブを開催するのは異例なこと。入場無料とはいえ、そこはサービス精神旺盛なBEGINのことだ。通常の有料ライブのときとなんら変わりないノリで、マルシャのリズムに乗って、「海の声」「三線の花」「国道508号線」「オジー自慢のオリオンビール」「ソウセイ」「笑顔のまんま」などの名曲を次々と披露。最後は大ヒット曲「島人ぬ宝」で締めくくった。

披露したのは実に25曲に及び、1時間10分にわたる濃厚なステージに、集まった大観衆は大盛り上がりで、フィナーレの大カチャーシーでイベントは幕を閉じた。

昨年の来場者は2日間で約5万5000人(主催者発表、以下同)だったが、今年は初日が約2万人、2日目はなんと約5万人を動員し、2日間で来場者は7万人となった。前年より、実に約1万5000人も来場者が増えたわけだが、BEGINの出演が、それに大きく貢献したであろうことはいうまでもないだろう。

地元・鶴見の人だけではなく、他の市や県からも多数の来場があったようで、会場最寄りのJR鶴見線浅野駅は、ふだんはあまり利用者が多くないが、BEGINの出演日は電車も朝の通勤ラッシュ時並みの混雑となり、同駅には人があふれかえる状況で、時ならぬ“BEGINフィーバー”となったようだ。

まさに大盛況となった同イベント。来年もまた、来場者を大いに楽しませてほしいものだ。

 なお、BEGINは約3年ぶりのニューアルバム「Potluck Songs」(ポットラック・ソングス)を12月12日にリリースする。
https://www.begin1990.com/news/release.php

(取材・文=ミカエル・コバタ)

京都泡盛同好会例会、15周年を記念し趣向を凝らした一夜となる

第15回 輝く泡盛・京の錦秋の集い -京都泡盛同好会例会-
 
場所:京都ホテルオークラ
日時:2018年11月16日  18:30~
主催:京都沖縄同好会 共催:沖縄県酒造組合

 
 
京都泡盛同好会が今年も開催された。
開場前から多くの人々が受付を済ませ、ロビーでのウェルカムコンサートに耳を傾けている。
会場の扉が開くと、沖縄県酒造協同組合を含む19の酒造メーカーが出展しているドリンクブースが目の前に。
人々はウェルカムドリンクを手に座席へと向かい、開演までの30分の間に再び泡盛の品定めにブースへとやってきて早速各社の味を楽しんでいた。

 
京都泡盛同好会・小沢八十二副会長による開会宣言の後、同会長・門川大作氏の代理で、同副会長・上原任氏(石垣島)より主催者挨拶がなされた。

 
続いて、もう一つの主催団体である沖縄県酒造組合会長・佐久本学氏からも挨拶が行われた後、来賓代表挨拶、来賓紹介と続き、乾杯となる。
30以上の円卓を囲んだ人々が集う会場から、今年の開催を祝う拍手が鳴り響いた。
 
プログラムを見ると、「第2部 琉球舞踊」の最初の演目のタイトルは「首里城ファンタジー」とあり、「出演者をお楽しみに!」と書かれてあった。
15回目という一つの節目の年ということで、特別な演出のようだ。
厳かな雰囲気で演目が始まる。
琉球王朝時代の王様の衣装で王妃役を伴って登場したのが、京都泡盛同好会会長である門川大作氏(現・京都市長)とわかると、会場は大いに盛り上がった。

 
提供メーカー紹介、2018年泡盛の女王挨拶を挟んだ第2部・第3部では、琉球舞踊や演奏、エイサーなどが披露され、参加者は泡盛や料理を味わいながら舞台を楽しんだ。
演目には「鷲の鳥」「マミドーマ」もあり、八重山の雰囲気も味わえた。

 
さらに今年はミヤギマモル(石垣島)のライブも。

代表曲「やいま」や「琉球ムーン」などで人々を魅了した。
 
最後は、主に京都で活躍していると思われる人達の演奏によるカチャーシー。
獅子も登場し、にぎやかに締めくくられた。

 
今年は参加者全員へもれなく記念のミニボトルが配られ、恒例の「泡盛大抽選会」で当たった人だけでなく皆が泡盛を手に帰途についた。

来年の日程は、11月22日。
どんなお酒と出合えるか、今から楽しみである。
 
 
 

【余談:酒飲みのよしなしごと(6)】

 
この手のイベントでは毎回、まだ濃いロックやストレートの最後の一口を残しておいたグラスを下げられて、残念な思いをしてきた。(「酒飲みのよしなしごと(5)」
「今回こそは、それを防ごう」とこれまでも何度か考えていたものの、先月参加した「関西泡盛同好会」でも果たせなかったことを、今回いよいよ決行した。
題して「付箋紙にメッセージを書いて『まだ飲んでいる』アピールをしてみる作戦」、である。
試しに、一枚の付箋に「まだ飲んでいます」と書き、序盤からグラスに貼って飲んでみた。
湿気で粘着力が低下しそうになってきたので、箸袋に貼り直しておいた。
 
今回も顔なじみの方々の所へ挨拶に行ったり、撮影したりで、何度も席を外す。
結果は、付箋の効果があったのかたまたま下げられなかったのか、どちらかわからないが、今回は最後まで全てのグラスの泡盛を味わいつくすことができた!
洗って回転させなければいけないグラスではなく、プラスチックコップだったからだろうか?
ともかく、いただいた貴重なお酒を全て飲み切れたのは、今回が初めてである。
普段なかなか飲む機会のない泡盛を飲めた喜びの気持ちがさらに高まった。
 
今回味わった泡盛は以下の通り。

・忠孝酒造(株) 
「黒あまざけ」 
  ウェルカムドリンクは、珍しくノンアルコールの甘酒を試してみた。
  黒麹仕込みの甘酒で、天然のクエン酸のほのかな酸味でより飲みやすい。
「忠孝原酒(沖縄県産マンゴー果実酵母仕込み) 44度」
  スタッフさんの解説通り後味がほのかに甘かった。
 
・(株)多良川
「長期熟成古酒 久遠 30度」 
  十年古酒をベースに、十年以上の古酒と少し若い古酒を注ぎ足し長期熟成させてあるそうだ。(画像右の箱)
「10年古酒久遠 43度」(画像左の箱) 
  こちらも美味しい。やっぱり古酒は味がまろやかになって、度数は高くとも飲みやすい。
 
・請福酒造(有)
「直火請福」 
  最後は今回出品された唯一の八重山からの泡盛で締めくくる。
 
もう一種類古酒を飲んだのだが記録し損ねた。
瑞泉酒造(株)の「御酒古酒」。度数は失念。
  沖縄戦で壊滅した戦前から使われていた瑞泉の黒こうじ菌が、東大の研究室で生き続けていたことが1999年にわかり、復刻させた泡盛だ。
  「物語」に惹かれて飲みたくなるタイプ。
 
今回も様々な泡盛を味わえ、大満足!

東京に与那国織の小物製品が勢ぞろい/南の島の染織物 ~与那国島からsakura craft~

 「南の島の染織物 ~与那国島からsakura craft~」展
 場所:琉球伝統工芸館「fuzo(宝蔵/ふぞう)」(銀座わしたショップ内)
 期間:2018年10月15日(月)~11月25日(日)

 
10月に兵庫県での「ぬぬぬかいしゃ(布の美しさ)展」についてご紹介した。
そこに出品していた与那国島の染織工房・雑貨さくらの作品を、銀座の琉球伝統工芸館fuzoの企画展「南の島の染織物 ~与那国島からsakura craft~」にて、現在買い求めることができる。
本展のための新たな作品も追加された。
 

与那国島の植物で糸を染めた手織布を用いた様々な小物が、これだけの種類・数を一度に揃う機会もなかなかないと思われる。
しかも、直接手に取って見ることができるという貴重な機会だ。
 
手前の照明は、木製品の職人さんとのコラボらしいが、クッション、カメラストラップ、パネル、帽子、バッグなど、ほとんどが作家である稲川留美子さんの手作りと聞いた。
 

 
稲川さんは与那国織の織り子でもあるので、布ももちろんご本人の作品だ。
男性が使えそうな物もあった。
 

 
与那国島の伝統的な祭り衣装である「ドゥタティ」の生地のバッグなどもある。
 

 
fuzoのスタッフさんによると、10月の記事にあった「島のオジイの手作り籠と与那国織のコラボバッグ」は、先の展示会でほとんどが売れてしまい、東京には一点だけ来たそうだ。
それもファンが早々に買ってしまい、この先なかなか手に入りづらい状況とのこと。
オジイの籠、稲川さんの加工、どちらも一点一点手作りのため、制作には時間がかかるようだ。
 

今週末には「マース袋づくり」のワークショップがあり、ご本人が上京される。
作品について直接話を聴いてみたい人は、その時間の前後に行ったらその機会を得られるかもしれない。

 雑貨さくら ウェブサイト:https://www.sakura-yonaguni.com/