やいまーる外電

第37回 関西泡盛同好会例会と、「酒飲みのよしなしごと(5)」

 第37回 関西泡盛同好会例会
 
 場所:KKRホテル大阪
 日時:2018年10月3日  18:30~
 主催:関西泡盛同好会 後援:沖縄県酒造組合
 協力:沖縄県大阪事務所/大阪沖縄県人会/沖縄県人会兵庫県本部
    琉球新報大阪支社/沖縄タイムス

 
 
今年の関西泡盛同好会例会は、大阪城のライトアップが見えるホテルで開催された。
沖縄県酒造組合と酒造会社8社が来阪してブースを開き、加えて請福酒造を含む11社の泡盛がずらりと並んだ。

 
関西泡盛同好会会長・中山正暉氏、沖縄県酒造組合会長・佐々本学氏らの挨拶の後、乾杯が行われた。

 
立食パーティー形式になっており、来場者はめいめいにテーブルを囲み、内地では日頃なかなかお目にかかれないような種類の泡盛や、古酒、リキュールを楽しみながら、料理に舌鼓を打った。
京都泡盛同好会や京都沖縄県人会、近畿八重山郷友会の方々の姿もあった。
 
酒造組合による来場酒造メーカー紹介と、泡盛の女王からの挨拶が終わると、琉球民謡や八重山伝統芸能、抽選会などの余興タイムとなる。

 
八重山伝統芸能は、関西やいまー会のメンバーが「マミドーマ」、「鳩間節」、「鳩間の港」を踊った。


「鳩間の港」では、飛び入りで踊る来場者の姿も。
きっと八重山出身の人なのだろう。
 
最後は、ステージ上のエイサーチーム・琉球祭り太鼓大阪支部のメンバーらとともに人々はカチャーシーを舞い、拍手とともに閉会となった。
 
 
来月には「京都泡盛同好会例会」が京都市内で行われる。
今年15周年を迎え、節目の記念の宴となる予定とうかがった。
京都沖縄県人会北部支部による「第2回沖縄フェスタ 京都北部」も開催される。
また愛知県内では、八重山舞踊・八重山民謡「やいまぬ唄心いつぃゆまでぃん」と題して、東海八重山古典民謡保存会 設立20周年記念公演が予定されている。
 
 
 

【余談:酒飲みのよしなしごと(5)】

 
ところで、このような泡盛同好会イベント記事に、毎回書いていることがある。
今年こそ用心しなければと思っていたのだが…。
 
後半のお楽しみとしてグラスの底に残しておいた上等古酒を、今回もまた撮影のために席を外したわずかな隙に下げられてしまった!
我ながら、毎回学習しておらず同じ目にあっているのが情けない。
今回下げられたグラスは、58度古酒というレア物のストレート(酒造メーカーさんおススメの飲み方)。
ちびりちびりと味わっていたので、一見残りが少量でも一口どころか数口分はあっただけに、よけいに残念。
…というわけで、今回は酒造メーカーさんのブースへ行き、理由を話して、少しだけおかわりをいただいたのだった。
 
これまでの苦い経験をふまえて、会場までの道中、「今年は『ストレート(またはロック)を最後の一口まで楽しんでいる最中です』と書いた付箋紙をグラスに貼ろうか」と真剣に考えていた。
しかし、会場で顔見知りの人たちと会い、挨拶をかわし、乾杯! となったら、会話も弾み撮影もしないと、で、もうすっかり忘れてしまっていた。
当日現地で付箋に書くという作戦は、果たされることもなくイベント終了。
次回は、あらかじめ書いた物を持って行ってみようか(笑)


 
今回筆者が味わった泡盛(各画像の真ん中のボトル)

沖縄県各地の泡盛を知ることができる曲。
「盛り泡ろう!」 歌:きいやま商店

東京・浅草の国際通りでエイサーイベントが開催される!

 9月23日、東京有数の観光名所である浅草の雷門、浅草寺のほど近くにある“国際通り”(通称=ビートストリート)で行われた「浅草国際通りビートフェスティバル2018」(主催=浅草国際通り商店街連合会)で、「第10回エイサーパレード」が開催された。

 国際通りといえば、那覇随一の観光地の名称でもあるが、浅草のそれは、かつて松竹歌劇団の公演などで賑わった国際劇場が通り沿いにあったことに命名が由来されたという。
 従って、沖縄の国際通りとの関係性はないが、名称が同じとあって、親近感を感じさせてくれる街だ。

 同イベントでは、国際通りの車道1車線を通行止めにして行われた「エイサーパレード」で道じゅね、国際劇場の跡地に建つ浅草ビューホテルの2F公開空地(ビュービットデッキ)でエイサー演舞が行われ、和光青年会、琉球舞団 昇龍祭太鼓などが熱い演舞を披露。沿道、特設会場に集まった観衆を大いに沸かせてくれた。

 また、イベント開催にあたって、同商店街では、お客様感謝セールを実施し、利用者を対象に福引き抽選会を行い、地元の商店街は大いに賑わっていた。

 浅草の商店街と、沖縄文化が融合された素晴らしいイベントだけに、今後もぜひ継続してほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

「ぬぬぬかいしゃ(布の美しさ)展」、兵庫県にて開催中

日時:10月2日(火)~7日(日) 11時~18時
場所:ギャラリー・ストラッセ(兵庫県西宮市)
 
 

西表島、与那国島、沖縄本島の染織作家9人による作品展が、兵庫県西宮市のギャラリーで初日を迎えた。

【作家】
西表島:秋田由紀子・上森佐和子・亀田恭子・前津雪絵
与那国島:稲川留美子
沖縄本島:兼城由香利・下田幸子・比嘉浩子・平田和子
 
 
ギャラリーオーナー飯島路子さんによると、本展は3年に一度開催しており今回で6回目になるという。
 
初回から参加している人もいれば、今回在廊していた与那国島の稲川さん、西表島の上森さんのようにこれまでも何度か参加している人もいる。
沖縄本島からの参加は今回が初めてだそうだ。
現地の植物による草木染めの糸を用いて織った布、またそれらを用いて制作した様々な作品が展示されていた。
 
大半が手織り・手作りの一点物とあり、初日オープンとともに多くのファンが来場し、早速買われて行った作品もあった。
以前購入した物を今も使っているのだと作家に見せながら話す人の姿もあった。
 
 
在廊していた作家たちと作品を紹介しよう。
 

稲川留美子さん : 雑貨さくら(与那国島)

 

日頃着物用の反物を織っているが、今回は四本の与那国織の反物で様々な小物を制作。
島の民具作り名人のおじいとのコラボ籠バッグや、クマのぬいぐるみ、間接照明など、幅広い商品ラインナップ。
本展の後、銀座わしたショップB1「fuzo」にて、11月後半まで作品展「南の島の染織物 ~与那国島から雑貨さくら~」が行われる予定。


 
 

上森佐和子さん : 藍夏(aika)(西表島)

京都で織りを学び、八重山へ。
当初は別の目的で訪れたが、八重山でも織りができるとわかり、後に移住。
現在、個人で活動すると同時に西表手仕事センターにも所属。
ミンサー織りだけでなく麻と綿の糸の混ざった「ぐんぼう」と呼ばれるタイプの生地も織り、帽子やワンピースなどに仕立てた。


 
 
沖縄本島からのお三方。
 

下田幸子さん : 浜夕工房(沖縄本島)

識名に工房を構える伝統工芸士。
今回は細やかな織りの模様が特徴の首里織のショールやがま口バッグを展示。


 
 

平田和子さん : ハイオ織 織り師(沖縄本島)

「ハイオ織」とは、ヨーロッパで織りの技術を身につけ戦後南風原に伝授したハイオ神父にちなんだ名前なのだそう。
ショールは裏表両面を「表」として身に着けることができるのがハイオ織の特徴。


 
 

比嘉浩子さん :ておりTissuri(沖縄本島)

首里織の布を用いたアクセサリーなど。
直径3cmほどのくるみボタンのような大きなパーツが連なるネックレスが印象的。


 
 
展示販売のため、初日午前中は一番作品数が多く、様々な色と作品に溢れたカラフルな空間だった。
会期は7日(日)まで。