やいまーる外電

八重山の蝶が見られる昆虫展示の施設へ行ってみよう

八重山はそろそろ「うりずん」の季節。
内地も少しずつ寒さが緩んできた。
今回は、八重山に行きたいけれどなかなか行けない方のために、内地でもちょっとした八重山気分を味わえる施設の情報をお届けする。
オオゴマダラやリュウキュウアサギマダラなど、八重山の島々で見ることのできる蝶を飼育している施設(主に近畿エリア)をご紹介しよう。
(画像は、筆者が八重山旅で見かけたチョウたち)

●伊丹市昆虫館(大阪府) http://www.itakon.com/
現在休館中だが、2018年4月1日にリニューアルオープンする。 
チョウ温室に沖縄産のチョウを中心に一年中800~1,000匹放されており、オオゴマダラは八重山諸島産とのこと。
リニューアルオープン記念として、黄金に輝くオオゴマダラのさなぎの特性キーホルダーが、先着100名にプレゼントされる日がある。
詳細はホームページにて。

●橿原市昆虫館(奈良県) https://www.city.kashihara.nara.jp/insect/
放蝶温室には八重山地方の蝶が四季を通じて舞う。
・放蝶している蝶の種類
https://www.city.kashihara.nara.jp/insect/insect/houtyousyurui.html

橿原市ホームページによると、2018年3月4日現在の温室に飛んでいる主なチョウの数は次の通り。
オオゴマダラ 230頭、リュウキュウアサギマダラ 159頭、スジグロカバマダラ 107頭
年間を通して常に約10種500頭以上のチョウが放たれている。
https://www.city.kashihara.nara.jp/insect/topics/news/20110302onshitugekugei.html
 

●箕面公園昆虫館 放蝶園  http://www.mino-konchu.jp/
自然豊かな明治の森箕面国定公園内にある。
オオゴマダラなど南西諸島の蝶を年中見ることができる。
なお、現在放蝶園の補修工事が行われており、2018年3月16日(水)は、昆虫館は開館しているが放蝶園は利用できない。

●京都市青少年科学センター(京都府) 
http://www.edu.city.kyoto.jp/science/event/butterfly.html
チョウの家では、八重山群島の蝶の卵を科学センターでふ化させて飼育。
オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラ、シロオビアゲハが舞う。
こちらは終日見られるのではなく見学ツアーのような形で公開時間が決まっているので、詳細はホームページでの確認が必要だ。
※3月7日(水)から3月下旬(予定)まで「チョウの家」修繕のため,公開を停止中。
  
偶然だが3月14日、京都市営地下鉄のコトチカ広場で、京都の動物園・植物園・水族館・青少年科学センターがPRイベントを開催していた。
同センターの標本展示があり、八重山でなじみ深い蝶や、日本最大の蛾・ヨナグニサン(海外で採集されたものだったが)を見ることができた。
普段は、センター内に標本として展示されているそうだ。

ちなみに、関東にも八重山で見られる蝶を観察できる施設があるようだ。

●多摩動物公園 昆虫生態園(東京都)
 https://www.tokyo-zoo.net/topics/profile/profile08.shtml

●足立区生物園 http://seibutuen.jp/animal/animal.html

●ぐんま昆虫の森(群馬県)http://www.giw.pref.gunma.jp/map/fieldmap/

●花ちょう遊館(栃木県)https://www.park-tochigi.com/igashira/kacyouyukan
 
これらの蝶の施設には、沖縄・八重山に生息する蝶が食べる植物も栽培されており、その点からも八重山気分が味わえるはず。
春休みは、様々なイベントや展示なども予想される。
桜や様々な花も咲き始めるこの季節に、ふらりと出かけてみてはいかがだろうか?