やいまーる外電

大阪・大正区の沖縄料理屋で、沖縄民謡を楽しむ

以前本コーナーで八重山民謡ライブが行われた沖縄料理屋としてご紹介したことのある、大正区の沖縄料理屋「うすぱれ豊年」(店主:内原まりえさん、石垣島出身)で、今年から週数回、沖縄民謡の演奏が聴けるようになった。
(八重山民謡ライブの記事 http://yaimatime.com/yaimal-gaiden/32305/ )

週3~4回、たいていは週末及び金曜日。
演奏するのは、近畿与那国郷友会会長で近畿八重山郷友会のイベントでは地方をつとめる和泉絹子さんと、沖縄本島から八重山まで幅広い民謡のレパートリーを持つ玉城秀樹さん。


 
2月のある週末にも、ミニライブが開催された。
基本的に一晩に二回行われるようだが、この日はお客さんの入店のタイミングを見て、遅めのスタートで一回だった。
「与那国小唄」、「小浜節」、「安里屋ユンタ」など、八重山や沖縄本島の馴染みのある民謡が演奏される。
筆者は一人参加だったので、和泉さんの友人で同じく一人参加の人たちと一緒のテーブルで楽しむ。
互いに初対面だが、そこは沖縄・八重山好き同士。
あっという間に打ち解けて楽しいユンタクだ。

途中から、リクエストタイム、お客さん飛び入りタイムが始まった。
このお二人のライブは、お客さんも一緒に参加して楽しむのが特徴だ。
飛び入りタイムでは、太鼓で参加する人や、二人の生伴奏で「島人の宝」を歌う若者たち、三線を弾く人も登壇。
様々な曲が演奏された。
会場からは、手拍子や合いの手が重なる。
とてもアットホームな雰囲気だ。

筆者も、「島人の宝」(若者と一緒に(笑))と「芭蕉布」を歌った。
外は寒気の冷たい風が吹いていたが、店内は盛り上がり、寒さも吹き飛ぶ勢いだった。
この日のライブの最後は、和泉さんの「とぅばらーま」で締めくくられた。
 
「うすぱれ豊年」は、JR大正駅すぐ近く。
同じ路地の並びには、西表島出身のマスターが切り盛りする「やまねこ」もある。
「大阪のリトル沖縄」
とも呼ばれている大正区まで来る機会があれば、ふらりと立ち寄ってみてはいかがだろうか?
 
豊年 大阪府大阪市大正区三軒家東1丁目4−11
   (週末は予約をおすすめ。ライブがあるかどうかもご確認ください。)
 
やまねこ 大阪府大阪市大正区三軒家東1丁目4−6

羽田空港で「沖縄物産販売会&沖縄抽選会」が開催中!

 羽田空港国内線第2ターミナル(ANA側)5Fフライトデッキトーキョーでの「沖縄物産販売会&沖縄抽選会」が2月12日に開幕し、同18日まで開催される(11時~19時)。

 同イベントは1月22日にスタートした「京急×沖縄フェア 2018」の一環で行われるもの。同フェアは首都圏から、世界や日本各地への玄関口である羽田空港へのアクセスを担う京浜急行電鉄が、首都圏と沖縄の架け橋として、沖縄観光コンベンションビューローとの共催で実施しており、沖縄県が協力している。

 イベントブースでは、1週間にわたって、黒糖、沖縄そばなどの沖縄物産品や、ちんすこうなどのお土産物が販売される。また、空港内対象店舗で、3000円以上(税込み)の商品購入、飲食をされた方は「沖縄抽選会」に参加でき、オリオンビールなどの景品が当たる。

 ラストの17日、18日には、「琉神マブヤー握手会」が11時、14時に開催されるほか、沖縄観光親善使節の花笠マハエちゃん、ミス沖縄スカイブルー・山城美希さん、京急電鉄マスコットキャラクターのけいきゅんも来場する。
 お時間のある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか? なお、会場のすぐ横には展望デッキがありますので、飛行機を眺めるのが好きな方にもオススメです。

https://keikyuokinawa.jp/ko/wp-content/themes/keikyuokinawa/dl/event.pdf

(ミカエル・コバタ)

「泡盛試飲会&新商品企画発表会」が開催される

期間:2018年2月2(金)
場所:大阪第一ホテル(大阪府)

 
沖縄県酒造組合は、平成29年度内閣府「沖縄型産業中核人材育成事業」を受託し、「泡盛フレーバーホイールを用いたブレンドマーケッター人材育成プログラム」を昨年9月から半年間の予定で実施している。
沖縄県内の17酒造所から20名が参加し、泡盛の酒質の評価方法やマーケティングなどについて学んできた。
今回の「泡盛試飲会&新商品企画発表会」は、その事業の一環として開催された。
研修生は営業やブレンダーなど様々な職種だという。
本イベントの最後にいただいた資料で確認したところ、八重山からも2社の社員がこの事業に参加しているようだ。
 
【関連ニュース記事】
◇「業界の宝が切磋琢磨!泡盛フレーバホイールを用いたブレンドマーケッター人材育成プログラム始動」
(2017年9月28日 泡盛新聞)
http://awamori-news.co.jp/2017_09-08_blend-marketer-using-awamori-flavor-wheel-human-resource-development-program-started/
◇「泡盛新時代に突入!!泡盛フレーバーホイールの達人成長中!(沖縄県酒造組合)」
(2018年1月29日 泡盛新聞)
http://awamori-news.co.jp/2017_12-08_fostering-master-of-awamori-flavor-wheels/
 
まずは、沖縄県酒造組合・玉那覇美佐子会長より、本事業についての主旨などの説明がなされた。

参加者の中には、近畿泡盛同好会や京都泡盛同好会の役員、関西在住の「泡盛マイスター」と呼ばれる資格の保持者、泡盛好きの人など、様々な人たちがいるようだった。

参加者は、第1部のプレゼンターによる新商品企画発表会、第2部の試飲会の評価者役を担うことになっていた。
 
【第1部:新商品企画発表会】
社名を伏せた19名の研修生が、各々新商品の企画をプレゼンした。
現場で得たお客さんの声や反応から発案したもの、斬新なアイデア、自社や自身の職種の強みを活かしたもの、地域活性化も視野に入れたプラン、新たな泡盛ファン獲得がねらいの案など、様々な視点からの新しい泡盛の企画案が次々と発表された。
フロアからは積極的な質問や意見、アドバイスがなされた。
評価基準には、企画の良し悪しや、「売れると思うか」、「飲みたいと思うか」などがあった。
評価は好みの問題なのと小ぢんまりとした会だったので、評価者からの票は割れたのではなかろうかと想像した。
 
【第2部:試飲会】
ここでも社名・銘柄は伏せた状態で評価が行われた。
19名それぞれが、自社の既存の泡盛に商品コピーを作り、参加者はそれを読みながら味わい、コピーや味についての評価をしながらブースをまわる。
参加者が各ブースを周りながら、そこかしこで研修生に第1部のプレゼンの感想を伝えたり、双方が活発な意見交換、情報交換をしている様子が見て取れた。
泡盛の飲み方は、ストレート、水割り、ブースによってはお湯割りでの味わいの提案がなされていた。
好みで炭酸割りのリクエストもできた。
味わいだけでなく、香りにも着目してほしいというアピールが印象的だった。
あるブースに小さな縦長のお猪口のようなやちむん(沖縄の焼物の器)3種類に同じ泡盛が注がれていたのだが、そのお猪口の形がみんな違う。
器によって香りの立ち方の違いがあることが実感でき、興味深かった。
 
帰り際にお土産の資料をいただいた。
中には、第2部の各ブースの会社、商品の一覧や、組合が出している泡盛マメ知識がぎっしり詰まった小冊子などが入っていた。
八重山から参加している2社の一般的に売られている泡盛はどちらも口にしたことがあったが、この第2部で試飲したものは二つとも初めて味わった。
内地ではなかなか手に入りにくそうだ。
お取り寄せという手もあるが味気ないので、今度旅したときに現地の酒屋を訪ねて自分の足で探してみようと思う。そんな旅もまた楽しい。

小冊子の中には、泡盛に関する様々な情報があり、新しい発見・学びもあった。
泡盛の歴史や、なぜタイ米で作るのかということや、食事の際の飲み方の提案、様々なカクテルのレシピ・・・。
普段は、気分や体調によって水割りかロック、寒い日はお湯割り、古酒はストレートかロックと飲み方のパターンが決まってしまっている。
この会に参加して、香りと器のことをもう少し意識してみようと思ったり、たまにはカクテルもよさそうだし、これなら泡盛にあまりなじみのない友人にも勧められるかな、などと考えた。
あらためて泡盛は、様々な割り方・飲み方で楽しめるお酒であり、濃度の調節も飲む人に合せられる優れものだと認識できた。
筆者自身の泡盛の楽しみ方も広がりそうだ。
 
最後に、泡盛になじみが少ない人たちに、小冊子の中から最も紹介したいと思ったマメ知識をば。

(画像は、沖縄県酒造組合発行の小冊子「琉球泡盛」より)
「泡盛は低カロリー。糖質ゼロ、プリン体ゼロ」なのだそうだ。
沖縄県酒造組合のホームページ「泡盛百科」には、「泡盛は血液サラサラにする効果も(他のお酒よりも)期待できる」という情報もある。
http://www.okinawa-awamori.or.jp/health/02.html
 
全泡盛酒造所の商品情報も見られるので、ぜひ参考にされてはいかがだろうか?

京浜急行で「マハエちゃん号」が走り、沖縄観光をPR!

 首都圏を走る京浜急行電鉄と、沖縄県、沖縄観光コンベンションビューローがコラボしたフェア「京急×沖縄フェア 2018」が、1月22日にスタートし、2月28日まで開催される。
 これは、首都圏から、世界や日本各地への玄関口である羽田空港へのアクセスを担う京急が、首都圏と沖縄の架け橋として実施するもので、今年で6回目を迎えた。
 その一環として、京急電車に特別塗装した列車「けいきゅん×マハエ号」が、フェア期間に京急線、都営浅草線、京成線、北総線エリアで走行している。
 同列車は、羽田空港の空をイメージした青い車体の600形車両で、外装には沖縄の方言や,沖縄ならではのイラストを施し,沖縄観光親善使節の“花笠マハエ” ちゃんと“マハ朗”くん及び,沖縄仕様の京急電鉄マスコットキャラクター“けいきゅん” のイラストが施されている。

車内には、「京急にのってつくる、沖縄ゆったり時間。」と題して、食、文化、自然、観光地など、沖縄の情報を紹介したポスターを一面に掲載されており、まさに沖縄一色。この列車に乗ると、沖縄をイメージできて、ほっこりした気持ちにさせてくれる。
首都圏に住んでいる人、出張や旅行で訪れた沖縄好きの人には、ぜひとも1度乗ってほしいものだ。
また、今年11月18日に、羽田空港国内線ターミナルが開業20周年を迎えることを記念して、那覇空港へのアクセス路線である「ゆいれーる」で、2月8日から、京急電鉄の看板車両である2100形のカラーリングを採用した、全面ラッピング車両の運行を開始する。運行は約1年の予定で、運行開始日の午前11時より、那覇空港駅2番線ホームで出発式が行われる。
なお、「けいきゅん×マハエ号」の運行本数は限られているため、運行スケジュールは京急電鉄ホームページ、または京急ご案内センターでご確認ください。

www.keikyu.co.jp/train-info/train/keikyuspecialcolortrain/index.html

(ミカエル・コバタ)