やいまーる外電

酒飲みのよしなしごと(9)

今回は、去る11月22日(金)に行われた、第16回 京都泡盛同好会例会で筆者が味見した泡盛を紹介したい。

沖縄県内全域から18社の酒造メーカー、そして、県酒造協同組合が提供する泡盛をいろいろ楽しんだ。
 
 

【久米島の久米仙 8年古酒】(株)久米島の久米仙

画像左側。やはり、長年寝かした古酒は美味しい。
空腹にロックでお腹にガツンと来た。


 
 

【松藤 プレミアム】崎山酒造廠

下の画像左側。古酒60%ブレンド。
同じ酒造所のお酒でも、飲み比べるとその個性が分かって楽しい。
  

【松藤 限定古酒】崎山酒造廠

3年物。何度か受賞経歴のあるお酒のようで、なるほど上記の松藤よりまろやか。

このブースでは、女性スタッフさんに「あっ! 以前お会いしたことがありますよね!?」とすごく嬉しそうに話しかけられた。
しかし、首をかしげる筆者。
「沖縄本島の泡盛イベントで。泡盛大好きっておっしゃっていて。」と言われても、確かに泡盛は大好きだが、沖縄本島での泡盛イベントには全く心当たりがない。
似た他人がいるのだろうか? 

あるいは、このイベント取材時だったのだろうか?
記事:「泡盛試飲会&新商品企画発表会」が開催される
せっかくお声がけいただいたのに、記憶がなくて申し訳ない。
 
 

【海乃邦 10年古酒】沖縄県酒造協同組合

画像右側。全酒蔵から仕入れて厳選した原酒のみを長期熟成した、ブレンドなしの100%古酒。
コンセプトが面白い。して、ブレンドなしの点も嬉しい。陶磁器製のボトルも素敵。


 
 

【Legare(レガーレ) スパークリング泡盛リキュール】瑞泉酒造

この段階までで古酒ロックを4杯飲み続けており、次の一品で終わりにしようと、八重泉酒造のお酒を見ていた。
すると、参加者の見知らぬ男性が、八重泉酒造の隣にあった瑞泉酒造のこのスパークリング泡盛を飲もうとやってきて、「あなたも飲みましょうよ。お先にどうぞ。」と、スタッフが注いだのをくださったのだった。
一期一会の会話もまた楽しいし、せっかくなのでいただいた。
11%、泡盛にパッションフルーツと炭酸が加えられており、その香りと飲み口の良さにするすると飲んでしまった。


 
 

【黒真珠】(有)八重泉酒造

43度。ロックで。締めにこのアルコール度数はさすがに強かったか。
「古酒八重泉」もあり飲んだことがなかったので、そっちにすればよかったかもしれない。
しかし、前回の大阪泡盛同好会例会で、数少ない八重山のお酒とし出ていた黒真珠を飲みそこなったことが頭にあったので、今回はかなり久しぶりに黒真珠を味わった。
まだ古酒をめったに飲んだことのなかった頃、初めて黒真珠を飲んだ時の、瓶ごとではあったが何年か寝かしてあって美味しく感激したことが懐かしく思い出された。

余談だが、黒真珠の隣にある現代的なラベル「尚」も、興味深いお酒だ。
http://www.yaesen.com/sho.html
後日調べたら2019年10月28日に発売されたばかり。
「3回蒸留」という新製法による沖縄県内泡盛メーカー12社による統一ブランドとして生まれ、それぞれの酒造所でラベルのデザインは同じだが色違いのものも会場で見かけた。
当然味も各社の個性があるようだ。
…という事を、後日知って飲めなかったのを残念に思ったのだった。
 
 

【「尚」に関する参考記事】

「新ジャンル、泡盛『尚』を共同開発 八重泉、請福ら県内12酒造所」
(2019年10月17日 全国郷土紙連合・八重山毎日新聞)

「泡盛12酒造所が連携 3回蒸留「尚」誕生 業界活性化へ若手結束」
 (2019年10月17日  琉球新報) 

様々な泡盛、泡盛系スピリッツを堪能できた至福の時間だった。
ただ、今回はさすがに飲みすぎた感じで、翌日久しぶりに体内にアルコールが長時間残っていた。
しかもその日は、友人たちと別イベントに参加し、会場には筆者が想定していた以上に様々なお酒の試飲コーナーがあった。
そちらもせっかくの機会だったのに、どのお酒をほんの数ミリリットル試飲しても、アルコールが「きつい」という身体感覚の方が強く、あまり味わう余裕がなかった。残念。
(なのに、友人たちが飲んでいるのを見ると欲しくなり、飲むとまた「きつい」と思う繰り返しで懲りないのだった)

泡盛同好会ではせっかくの機会だからといろいろなお酒を味わってみたいのだが、身体には当然限界というものはあって…。
翌日のイベントでのごく少量ずつの試飲で、はたとひらめいた。
「そうか! 来年は、もっと少量ずつもらったらその分味わえる種類が増えるのか!」と。
我ながら欲が深いと苦笑いした。

みなさん、12月になると忘年会など飲酒の機会も増えると思います。
飲みすぎには注意しましょう。 
自戒を込めながら締めくくります。
 
  

【過去の「酒飲みのよしなしごと」一覧】

(1~3は、過去に弊社が運営していたサイト「やいまねっと」コンテンツのため、ありません)

4 「気配りとの攻防戦」
5 「第37回 関西泡盛同好会例会と、『酒飲みのよしなしごと(5)』」
6 「京都泡盛同好会例会、15周年を記念し趣向を凝らした一夜となる」の「余談」
7 「瓶のまま古酒にした泡盛を味わう」 
8 「大阪にて「美ら島沖縄大使 再認証式」と「沖縄観光2019感謝の夕べ」が開催される」の「余談」

この記事をシェアする