やいまーる外電

「きいやま農園ライブ キャンペーンTOUR」in 大阪

きいやま農園ライブ キャンペーンTOUR 大阪公演
〜 石垣島でフェスをします! 〜
日時:2019年9月8日(日) 17時半~
会場:梅田Shangri-La(大阪市)

 
 
来る11月16日(土)、石垣島の南ぬ浜町緑地公園・特設ステージで、「きいやま農園ライブ」が3年ぶりに開催される。
それに先駆け、農園ライブのキャンペーン・ツアーが、東京、名古屋、大阪、沖縄本島の4カ所で行われている。
内地でのライブはこの日の大阪が最後だった。
 

 
会場入口には、グッズ販売コーナー。
農園ライブ勧誘メッセージがプリントされたTシャツ、「農園ライブ」チケットやチケットホルダーなどが販売されていた。
購入者は握手券を入手できるため、多くのファンが買い求めていた。
 

 
八重山民謡「月ぬ美しゃ」で始まるオープニングからしばらくは、アップテンポの曲で盛り上がる。
 
子どもたちに人気の曲も織り交ぜられている構成に、老若男女幅広い年齢層の人たちを笑顔にしたい彼らの思いが感じられた。
会場はオールスタンディングで、小さい子どもが見やすいキッズコーナーも設けられていた。
 

(画像提供 有限会社 フライング・ハイ)

 
しばらく盛り上がる曲が続いた後は、恒例の自己紹介、そしてまた演奏。
MC中も観客たちの笑いが絶えない。
きいやまメンバーは観客を見て「笑顔が多い」と言うが、彼ら自身もまたこのライブを心底楽しみながらやっているのが伝わってきた。

ステージと観客フロアが近く、彼らの笑顔を間近で見られるのもライブハウスならではの良さだ。

(画像提供 有限会社 フライング・ハイ)

 
今回のツアーは、ドラムにモンゴル800のさっしー(高里悟)、べースに元スカイメイツのこーずー(フクモト コズエ)が参加し、バンドスタイルで音に厚みがあった。
 
石垣島での農園ライブには、きいやまメンバーが各自所属しているバンドが一堂に揃う。
 
リョーサ: 八重山モンキー
だいちゃん: BEE!BANG!BOO!
マスト: ノーズウォーターズ
 
この日はそれぞれのバンドの曲も1曲ずつ演奏され、農園ライブのプロモーション・ライブらしい演出だった。
 

(画像提供 有限会社 フライング・ハイ)

 
会場は笑顔と熱気に溢れ、終盤はさらにヒートアップ。
アンコールでは、今回のツアーTシャツに着替えた5人が登場。
少しクールダウンしながら、「さよならの夏」で締めくくられた。 
 
終演後、ステージの幕が閉まりフロアの照明も灯され、会場には「カーーニバレ」が流れた。
退場の順番待ちと、握手会へ参加する人達が待機している会場からは、曲にあわせて「カーーニバレ」を歌う声も聞こえた。
 
観客は皆、ご機嫌な気分になれた一夜だったことだろう。
 

(画像提供 有限会社 フライング・ハイ)

 

ライブ中、農園ライブ以外に控えている今後の内地でのイベント予定もいくつか紹介された。
 
■9月22日(日) 「きいやま商店大爆笑劇場2019 in 横浜」
 大阪公演とはネタを変えてくるらしいので、また新たな彼らの一面が見られるかもしれない!
 昼・夜2部予定されているが、昼の部はすでに完売とのごと。
 (翌日は、東京での「琉球フェスティバル」に出演)
 
■11月16日(土) 「きいやま農園ライブ 2019」

 10月14日 (月祝) には、沖縄本島で農園ライブキャンペーン・ツアー・ファイナル
 
■【Calmera✕きいやま商店】チャンスdeカーー二バレTOUR 2019
 11月19日(火) 大阪
 11月20日(水) 名古屋
 11月22日(金) 東京
 
 
「きいやま農園ライブ」は、定員5,000名。
3年前はソールドアウトだったそうだ。
今年も八重山郡内外から多くの人たちが集い、笑い、歌い、踊るのだろう。
どんな一夜になるのか、参加する人々にとっては楽しみで仕方ないに違いない。

この記事をシェアする