やいまーる外電

とぅばらーま大会 関西予選会が開催される

とぅばらーま大会 関西予選会
日時:2019年8月18日(日) 13時~
会場:大阪沖縄会館(大阪市大正区)

 
 
令和初、今回で5回目となった「とぅばらーま大会 関西予選会」にて、最優秀賞・優秀賞受賞者が決定した。
 
最優秀賞は、村上創さん。
前年度の受賞者以外は受賞できるという条件の中、本予選会2回目の最優秀賞受賞だ。
村上さんには、9月11日に石垣島で行われる「とぅばらーま大会」への往復航空券・宿泊券が優勝賞品として授与された。
優秀賞は、東筋みずえさん。

審査委員長でもある近畿八重山郷友会会長・玉城一正氏による全体講評では、「今年も参加者のレベルがアップし、審査も難航した。とぅばらーまを理解し、思いを込めて歌っていた。」とのことや、声量についてなどのコメントがあった。
 
(表彰式後の村上さんの歌唱の様子)

 
今年の予選会には、男性10名、女性7名が挑戦した。
大半は京阪神在住であったが、遠くは和歌山県や愛知県からも参加があった。
 
大会は、出場者全員の演奏と近畿八重山郷友会会員の踊りによる「鷲ぬ鳥節」から始まり、玉城一正氏による挨拶、来賓紹介、来賓挨拶と続いた。

審査委員には、近畿八重山郷友会の重役に加え、新城永文琉球音楽研究所 師匠 新城永文氏、東海八重山古典民謡保存会 相談役 東筋秀盛氏、そして、石垣島からはるばる八重山毎日新聞社 社長 黒島安隆氏が来場。
 
審査員らとともに、観客らも大会冊子に書かれた歌詞と意味を見ながら、出演者がそれぞれに選んだ歌詞のとぅばらーまに耳を傾けた。
 
今年の冊子には、本大会が始まって以来5年間で歌われた歌詞の上位ランキングも紹介されており、興味深かった。

 
 
審査結果が出るまでの間、舞台では様々な八重山舞踊が舞われた。

八重山の歌や踊りに興味がある人たちにとっては、八重山の伝統芸能を楽しむ一日にもなったであろう。
 
(表彰式に登壇した出場者のみなさん)

 
最優秀賞者・村上さんの歌唱が再び披露された後は、六調、ヤーラーヨーで締めくくられた。

このような、伝統芸能に触れ、また伝統芸能を学ぶ人たちが刺激を受け合いさらに切磋琢磨していくような場がこれからも続くことを願ってやまない。

この記事をシェアする