やいまーる外電

ハテルマン・山田祐基展 「I am water」


山田祐基展 「I am water」
会期:2019年7月5日(金)~21日(日) 12時~17時
会場:ナナクモ(京都府宇治市)

 
 
波照間島が好きすぎて「ハテルマン」と名乗って情報発信したり、「会社を休みすぎた、はてるま展」を開催したりと、会社員とアーティストの二つの顔を持つ山田祐基さんの作品展が、京都の宇治市内で開催されている。
 
 山田祐基さんホームページ
 ハテルマン ブログ
 
 
会場の「ナナクモ」は、宇治の観光エリアになりながら、通りを一つ奥に入った静かな場所にある。
雑誌「JAPANGRAPH-暮らしの中にある47の日本」のアンテナショップで、日本各地の民具や小物などを販売している。

山田さんはここで、2015年、2016年にも個展を開いており、3年ぶりとあってか、筆者がお邪魔している間にもファンらしき人たちが次々と訪れていた。
 
(民家を改築したナナクモ。写り込んでいるのはオーナーの奥様)

 
今回のテーマは波照間島ではないが、作品には波照間島の砂を使ったものや、山田さんが原画を描き自ら作った「ムシャーマ手ぬぐい」などがあった。
 
(今回の案内はがきの絵柄となった作品)

 
ムシャーマの行列を描いた「ムシャーマ手ぬぐい」は、大阪の国立民族博物館でも一時期販売されていたという。

 
店内には、山田さんのイメージに合わせたのであろう、八重山の民具なども展示販売されていた。
クバの柄杓とパナリ焼(復元)とともに。
与那国島のトウヅルモドキで編まれた籠バッグもいくつかあった。

 
こちらもパナリ焼。
作品は大型のものから、小さいものまで様々。
展覧会のタイトルに含まれる「水」を彷彿させるものがいろいろあった。

 
「JAPANGRAPH」沖縄編に山田さんは絵と文を寄稿している。

 
波照間島のお年寄りの手作り民具などが、ここでも買えるとは!

 
ナナクモオーナーの奥様によると、この二つの作品は、波照間島の砂を使っているとのこと。

 

 
会期は今週末までで、現在東京在住の山田さんが20日(土)、21日(日)に在廊する。
作品についての思いなど、作家に直接聴いてみるのもいいだろう。
 
作品も民具・小物も販売されている。 
八重山をイメージできるお気に入りの一点が見つかるかもしれない。

この記事をシェアする