やいまーる外電

阪急うめだ本店の沖縄イベントに、八重山のショップが集合!!


「おいしい かわいい 沖縄展」
会期:2019年6月12日(水)~18日(火) 最終日は18時終了
会場:阪急うめだ本店 9階催場(大阪府)

 
「僕らがつくる、新・沖縄展」
会期:2019年6月12日(水)~18日(火) 最終日は17時終了
会場:阪急うめだ本店 10階 「うめだスーク」中央街区(大阪府)
 
 
大阪での初夏の沖縄イベントとして恒例の阪急うめだ本店でのイベントが、今年も始まった。
初日から大勢の人が詰めかけ、昼間の時間帯にも店によっては行列ができていた。
商品を手に取って確かめ、お店の方に質問したり説明を聞いたりしながら買い物ができるのが魅力だ。
八重山のお店も9階・10階の両フロアに出店しており、あちこち見て回るのも楽しいだろう。
 
 

『おいしい かわいい 沖縄展』

 
【請福酒造】

今年の目玉は、スピリッツ「IMUGE(イムゲー)芋酒」。
約100年前の酒造法で自家醸造が禁止されるまでは庶民が飲んでいたと言われる、芋酒の復活版だ。
かつては沖縄の庶民は米の代わりに雑穀、甘藷、黒糖などで芋酒を造っていたそうで、IMUGEは米麹で泡盛同様一次仕込みをした後、甘藷で二次仕込み、さらに黒糖による三次仕込みを行う。甘藷も黒糖も沖縄県産。
本展ではおひとり様1本限りで100本用意していたが、初日午前中で完売。
今年9月には大阪でも発売される計画が進められている。
 
 
【西表島いやしろち】

天然石アクセサリーの工房は、現在は石垣島にある。
大地から生まれた一つ一つ色形や表情が違う石たちと、八重山の植物で草木染めをした麻紐。
一点ものが好きな人にはたまらなく魅力的だろう。
 
 
【JEWEL EARTH】

石垣島の海をイメージした青く輝くガラス玉は、職人の手作り。
暗い場所では蛍光色の光をほのかに放ち、まるで八重山の星空やホタルのよう。
光るホタルガラス発祥の店。
 
 
【金城かまぼこ】
石垣離島ターミナルの売店などでもおなじみの「じゅーしーかまぼこ」(かまぼこの中に、沖縄の炊き込みご飯「じゅーしー」が入ったもの)。
本展限定で、島にんにくを使った「ガーリックじゅーしー」が各日50個販売される。
 
 

『僕らがつくる、新・沖縄展』

 
【やちむん館】

アダンのバッグや帽子、月桃やクバの民具、石垣島の草木の実のアクセサリーやパーツなどが、所狭しと並んでいた。
商品はどれも、島の植物を採集して加工する根気のいる手仕事によるものだ。
 
 
【KATARIGI】 インスタグラム  / やえやまなび

木を知り尽くした石垣島の木工会社が立ち上げたブランド。
様々な木工製品は、全て島で育った木から作られている。
中には、ミンサー織りの布とのコラボの小物や、やちむん館の植物材料とのコラボ商品も。
 
 
【イチグスクモード】

石垣島の桃林寺からほど近いところに工房を構える。
島バナナやオオゴマダラなど、八重山の文化や自然をモチーフにしたオリジナルデザインの衣類やタペストリー。
「スミオのkiiyamaドミトリー」の入口にあるスミオおじぃの顔のデザインも、代表の池城さん作なのだそうだ。
 
 
【Garden Pana】

自社栽培のハーブが原料の調味料は、南ぬ島空港などのお土産店で見たことがある人も少なくないだろう。
初日午後には、ワークショップ「石垣島のフレッシュハーブティーでリフレッシュ」が開催され、参加者はオリジナルハーブティー作りを楽しんでいた。
ブースでは、調味料や、ハーブティー用の材料の量り売りも。
 
 
 
また両展以外にも、17日(月)まで9階祝祭広場で行われている「藍ism ~日本の青と暮らす~」には、石垣島の「島藍農園」が出店。

各地の藍染作品で一帯が藍色に染まる中、ナンバンコマツナギの濃い藍色と青、フクギのオレンジの定番カラーのバッグが、ひときわ目を引いていた。
 
  
いずれのイベントも会期が限られているが、その期間だけはどっぷり八重山・沖縄気分に浸れるので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

この記事をシェアする