やいまーる外電

奈良公園に、沖縄の島々の歌が響きわたる

「沖縄音楽フェスト ウタめぐり、島めぐり」 ムジーク・プラッツ2019

日時:2019年6月2日(日)13時~
場所:奈良公園・春日野園地(奈良県)
主催:奈良県 ムジークフェストなら実行委員会

  
 
2019年5月18日~6月9日までの23日間にわたって奈良県内にて開催されている音楽イベント「ムジークフェストなら2019」で、6月2日(日)、今年6回目になる沖縄音楽フェストがあった。


 
今年は1日に短縮されたこともあってか、大勢の観客が詰めかけた。
関係者によると来場者数は1万9千人とのこと。
イベントを知らずに訪れた観光客も多く立ち寄ったようで、時折小雨にも見舞われたあいにくの天気であったが、芝生を埋め尽くすほどの大勢の観客が集まった。
店舗ブースでは、地元奈良沖縄県人会のみなさんも出店。 
できたてのムーチーが売られていたのが珍しかった。

 
 
今年の本会の趣旨が「ウタめぐり、島めぐり」あることから、各島々出身のアーティストは代表曲に加え、島言葉の歌、民謡などを聞かせてくれた。
 
 

●八重山うた 大哲会 奈良支部

八重山の唄者、大工哲弘を師匠とする。
「めでたい節」で座開きの後、「とぅまた節」などの八重山民謡や、「安里屋ゆんた」を披露。
 
 

●琉球國祭り太鼓 奈良支部

応援に大阪、京都、滋賀の支部員もかけつけ、約50名が熱演した。
獅子をかぶった二人の、息を合わせてステージを降りたり上がったりする動作も見事だった。
 
 

●HIRARA (宮古島)

宮古古謡の「アンナ(母)」、「漲水ぬクイチャー」、宮沢和史が作った「みるく世ぬクイチャー」など。
雨乞いの歌もあり、偶然にも小雨が降り始めたのには、本人も苦笑していた。
 
 

●池田卓(西表島)


「島の人よ」で始まり、「とぅばらーま」へと続く流れでは、会場も水を打ったように静まり返った。
民謡をギターの西洋音楽のコードの伴奏に乗せて歌った曲は、今風のアレンジで民謡を聞き慣れない人にも耳に入りやすそうで、新鮮。
「アップテンポの曲は一曲だけですから」と中盤で手拍子を促し、最後は「おばあちゃんの歌」でしっとりと締めくくられた。
MCでは故郷である船浮集落の紹介がなされた。現在小学生は2名なのだそうだ。
彼の父親である「米蔵」さんの名が書かれた応援うちわを持ったファンが立見エリアにいて、「それは父です」との楽しいやり取りも。
 
 

●上間綾乃(沖縄本島)

「ソランジュ」、「やんどー沖縄(うちなー)」、「ヒヤミカチ節」、やカバー曲を歌う。
時にやわらかく時に力強い表現で、会場を魅了した。

 

●三線&カチャーシーレッスン

池田卓、HIRARA、大哲会のメンバー主導で、フィナーレ課題曲の三線音合わせとカチャーシー指南。
小雨にもかかわらず三線を出して応じている観客もいて、アーティスト達も心強かったことだろう。
 

●~奈良県・沖縄県交流タイム~

・奈良県出身の「せやろがいおじさん」による “生せやろがいトーク”。
トレードマークの赤ふんどしに着替えて登場。
普段の漫才コンビ「リップサービス」の相方は石垣島出身とのことで、奈良と石垣島・沖縄の話題で場を盛り上げた。
・交流の儀
奈良県と沖縄県の関係者の方からのご挨拶があった。沖縄観光親善使節・ミス沖縄や奈良県のマスコットキャラクター・せんとくんも登壇し、本イベントのきっかけなどの話があった。
 
せやろがいおじさんと一緒に司会進行を務めていた岡本美紀さんは、宮古島出身で奈良在住。
ワンピース姿の岡本さんの隣で、「交流の儀」という公なセレモニーの最中も赤ふんどしのままのせやろがいおじさんという組み合わせが、なんとも表現しがたい独特の雰囲気を漂わせていたのも印象的だった。

 

●大工哲弘with苗子(石垣島)

苗子さんが、琴や踊りを担当。奈良では貴重な夫婦公演であった。
大哲会・奈良支部メンバーが、太鼓と笛でサポート。
哲弘さんはシカの糞を踏んで「興奮して奮闘しています」とダジャレで場を和ませる。
「安里屋ゆんた」、「ざんざぶろう(高那節)」など大御所の歌声に、会場からは声援やより一層大きな拍手が鳴り響いた。
他、「あがろーざ」、「マミトーマ」、クイチャーの曲など、観客は民謡を堪能した。
「ムジークフェストなら」には、沖縄音楽ライブの初回以来5年ぶりだそうだ。
予定の演奏が終わった後、もう一曲追加でと「さよなら港」で締めくくられた。

 
 

●宮沢和史(元THE BOOM)

2016年から充電期間に入っていたが、最近ニューアルバム「時を泳げ 魚の如く」を発表し、約3年ぶりに同タイトルでのコンサートツアーを開催中。
サポートバンドメンバーとともに登場すると、大歓声が沸き起こった。 
「星のラブレター」、「風になりたい」、そして「世界で一番美しい島」と続く。
 
高校野球の応援でもおなじみの「ダイナミック琉球」は、アルゼンチン出身の沖縄県系二世、大城クラウディアのボーカルで。
そして、琉球國祭り太鼓と一緒に「シンカヌチャー」。
いつしか雨も上がっていた。
アンコールにも応じ、おなじみの「島唄」に観客は聞き入った。
 
6月といえば沖縄慰霊の日がある月。
戦後一時期、沖縄は「アメリカ世(あめりかゆ:米軍統治下に置かれた時代)」に入る。
「世界で一番美しい島」の歌詞「もう放さない、もう渡さない」に込められた思いが伝わってきて、こみ上げるものがあった。
 
 

●フィナーレ


フィナーレは出演者全員とともにあらためて「島唄」を。
観客も三線演奏や歌で参加し、会場が一つになった。
「唐船ドーイ」のカチャーシーでプログラムのすべてが終了したときには、終了予定時間を1時間も超過していたほどの大盛り上がりのイベントだった。
 
 
なお、この日は、大阪の服部緑地公園野外音楽堂でも「2019 ハイサイ!! 琉球まつり!」が開催され、川門正彦(石垣島)やまーちゃんうーぽー(西表島)率いるまーちゃんバンドなどが出演した。
 
7月には、大阪新歌舞伎座開場60周年記念公演として、「真夏の沖縄音楽フェスティバル」が開催予定。
やなわらばーや古謝美佐子などが出演する。【詳細】

この記事をシェアする