やいまーる外電

きいやま商店、大阪にて初めてのコントライブに挑戦!

 「きいやま商店大爆笑劇場!2019 ~初コントさぁ! むる集合!!~」
  
  日時:2019年5月27日(月)・28日(火)
  場所:大丸心斎橋劇場(大阪市中央区)
   
  出演:きいやま商店(リョーサ、だいちゃん、マスト)
     高井俊彦(吉本新喜劇)、藤原麻友美(トクダ製作所)、他

 
 
石垣島のいとこ兄弟三人組ユニット、きいやま商店が、コントがメインのライブを大阪で開催した。

きいやま商店の公式サイトのプロフィールには、目指しているのは笑いと音楽のどちらも得意としていた「ドリフターズ」とある。

今回のコントライブ副題にある島言葉での「初コントさぁ! むる集合!!」にも、「8時だョ!全員集合」が合い言葉であったドリフの番組への敬意の気持ちがうかがえる。

両日ともチケットは完売だ。
 
これまでもライブの中でちょっとした会話コントなどを取り入れていたきいやまメンバーにとって、コントがメインの今回のステージは、夢の実現の一つであっただろう。
(紅白出場の夢も是非叶えてほしいものだ)

コントライブ前日には奈良での野外音楽ライブにも出演し、また、28日昼間に開催されたインプロ(即興演劇)に挑戦する「きいやまTV(Youtube)」公開録画も大盛況だった模様。
会場では「奈良の野外ライブで初めて知って来た」という声も聞かれた。
野外ライブも含めた全公演をどっぷり楽しんだファンもいるかもしれない。

秋には本ライブが横浜と沖縄でも開催との発表もなされた。
そんなコントライブの初日の様子を、オチがばれない程度に紹介しよう。
 
 
会場となった大丸心斎橋劇場には、たくさんの花が飾られていた。

彼らのおじさんである「スミオおじぃ」こと崎枝純夫さんも、石垣島から来阪していた。

グッズコーナーには、本公演記念Tシャツや、エコバック、この会場限定販売のコントCDなどがあり、ライブの前後にファン等が列をなして買い求めていた。

オープニングは、金色のポンポンを手にした女性ダンサーチームとともに、楽曲「きいやま商店知ってるかい?」で登場。
まるで以前から、こんな日が来ることもイメージして作っていたかのようなピッタリ感があった。
 
 
舞台では、共演者の高井俊彦、藤原麻友美らとのネタや、きいやまメンバーだけでのネタなど、様々なテーマでの抱腹絶倒コントが繰り広げられた。

きいやまファンだとどこかで見たことのあるかもしれないネタと、今回初披露のものがほどよく組み込まれた構成。

リョーサがセリフを忘れたり、だいちゃんは演者なのにウケてしまい笑いをこらえるのに後ろを向いたり、マストがオトナ向けのネタを連発したりと、ライブならではのおもしろ場面もあり、会場を埋め尽くした幅広い年齢層の観客は大いに楽しんだ。

【三人が親子に扮したコント】

(画像提供:有限会社 フライング・ハイ)

とーちゃん=マスト、かーちゃん=リョーサ、息子=だいちゃん。
リョーサがこんなにムームーが似合うとは!
マストの顔には、ほうれい線やカラスの足跡がくっきり描かれていた。
だいちゃんは、声も若めにして息子役を熱演!
そこに勇者の剣の使いがやってきて・・・、ボケまくっていたとーちゃん役のマスト。

別の忍者の訓練物コントでは、弟子役の三人のあまりにも呼吸のあった動作に、筆者は「さすが!」と心の中で手をたたいた。

所々にカチャーシーや「アチサンサン」の踊りなど沖縄&きいやまネタが織り込まれ、それがわかる人にはコントはさらに面白く、知らない人にも理解できるように会話の中でさりげなく説明がなされるのも嬉しい。

ドリフの髭ダンスを彷彿させるチャレンジ物は、コントの中でも一番沖縄色を出していた。
バサー(芭蕉)着物にクバ笠という格好に、BGMが沖縄民謡というシチュエーションで、髭ダンス的にある物に挑戦する。
緊迫する場面を経て挑戦に成功するたびに、喜びを踊りで表現する。
それをきいやまメンバーが表情や動きを豊かにやるからこそ、より面白みが増していたように思った。

衣装・メイク変えの暗転時には、さまざまな動画が上映され、きいやまメンバーの素顔や、今年石垣島にオープンしたスミオのkiiyamaドミトリーの紹介など、飽きさせない構成。

コントも幕間の動画でも笑いっぱなしで、笑いすぎて目じりに涙がたまって何度もぬぐうはめになってしまった筆者であった。
 
 

(オープニングの歌の様子  画像提供:有限会社 フライング・ハイ)

途中、時間が押していることも笑いのネタにしながら、プログラムは無事に終盤のミニライブへ。
ステージと客席の段差があまりなかったため、観客は座ったままであったが、手拍子・声援、タオル回しはいつものライブ通りの元気いっぱいのノリだった。

【ミニライブ・セットリスト】
僕らの島 / ドゥマンギテ / 沖縄ロックンロール / カーーニバレ(アンコール)
 
 
無事に初日のフィナーレを迎えたきいやまメンバーの笑顔には、どことなく喜びの中に安堵の気持ちもにじみ出ているような気がした。

 
リョーサが「明日はもっと面白いから!」と、バージョンアップの宣言をしていた。
本公演2日目には、初日とは違うネタもあったようだ。
秋の横浜・沖縄公演では、またさらに新たなネタが期待される。
次回もまた見逃せないコントライブとなりそうだ。

このライブの舞台裏に関して、NHK沖縄放送局の番組では特集が放送される予定。
県内の方はお見逃しなく!

また、昨冬の「きいやま商店 10th Anniversary シャレオツLIVE」atヒューリックホール東京のDVDも、5月29日(水)から発売された。(きいやま商店オフィシャル通販サイト、ライブ会場のみの販売)

普段の音楽ライブでの作詞作曲だけでなくコントにも多彩な才能を発揮する、リョーサ、だいちゃん、マストのさらなる活躍が楽しみだ。

この記事をシェアする