やいまーる外電

白保の「やちむん館」が大阪にやってきた ~風水土のしつらい展2019~

風水土のしつらい展2019  ~足元に小宇宙(センス・オブ・ワンダー)があった~
日時:2019年5月15日(水)~20日(月)
場所:大丸ミュージアム(大丸梅田店15階、大阪府)

 
 
今年もまた、「風水土のしつらい展」の季節がやってきた。
 
「毎年ブースを出しているやちむん館(石垣島)はどこだろう?」と思いながら入口に向かうと、いつもの入口付近の場所でたくさんの八重山の品々が出迎えてくれた。
 【やちむん館

 
このイベントのコンセプトは、「モンスーンアジアの自然素材から作られたものを、私たちの暮らしに。作り手と語らいながら、手仕事に触れられる、交歓の場。(上記webページより)」だ。

今年はワークショップ「月桃のコースターづくり」に参加予定だったので、先にそちらへ足を運んだ。
ワークショップはまさに「作り手と語らいながら、手仕事に触れられる、交歓の場」だ。
 
10名ほどの参加者が「月桃の斜目編コースター」の編み方手ほどきを受ける。

目指すは、画像中に2つあるような、四角いコースターを完成させることだ。
編み方の理解とコツがつかめたら早いが、そこまでは何回かやり直した。
ささっと完成できる人もいれば、何度も編んだり解いたりしながら理解を深めている人もいた。
 
筆者はゆっくりチームであったが、時々両隣の席の初対面の方とも言葉を交わしたり励ましあったりしながら、無事に完成!

ちょっと台紙より大きくなったが、これも様々な太さのある自然素材だから仕方がない。
一方で、「同じサイズの物を複数」という注文が入ったら、作家さんはどのようにして作るのか、とても興味がわいた。
 
復習できるように、また、自力でもやれるように、ブースには丁寧な解説書付きのキットも売っているのがうれしい。
キットは去年のワークショップの課題だった物もあった。
白保のやちむん館の工房では民具講習会が実施されており、様々な物を作る体験ができるので、指導者の助けが必要なら八重山旅の途中で立ち寄るのもいいだろう。
 
 【やちむん館 民具講習会
 
今年の「風水土のしつらい展」でやちむん館は、「月桃コースター作り」だけでなく「木の実のアクセサリーづくり」ワークショップも行った。
代表の池原美智子さんは、「木の実ネックレスをアダン葉帽子の飾りとして使っても、とても素敵なのよ」とサンプルを見せてくださった。


 
今回のブースで印象的だったのは、そのアダン葉の帽子だ。
パナマ帽や麦わら帽子風など、様々な形の涼しげな手編みの帽子がいくつもあった。
作家さんは複数おられるようだが、そのお一人は当サイトの「知っ得情報」コーナーで時々教室の案内がなされている「Cocoroのぼうし」の方だ。
石垣市大浜で、アダン葉帽子やボトルホルダーの体験教室を開いている。
特に、ボトルホルダーは半日の講習なので、旅の滞在中でも学ぶことができる。
 
 【やいまタイム「知っ得情報」 5月のアダン編み体験
 【Cocoroのぼうし facebook

 
アクセサリーコーナーには、完成品と様々な実のパーツがあった。


 
その他にも、様々な手仕事の作品があった。
・月桃の円座やコースター
・アダンの草玩具に草履、ペットボトルホルダー
・様々な植物素材で作られたバッグ など

どれも、材料を野山に採集しに行くところから始まり、素材として使えるように何日もかけて処理をほどこし、丁寧に編み、ようやく完成するのだ。
人の手で一つ一つ作られるので、同じ種類の製品(というより作品と思う)でも、少しずつ違う表情をしている。
そもそも自然の植物を材料にしているため、材料そのものが一つとして同じ物はない。
そんな素材がそれぞれの作り手によって作品となるので、大げさかもしれないが、言ってみればどれも「世界に一つの物」なのだ。
手仕事の作品は、そこが魅力の一つなのだと思う。
 
本展の会期は残念ながら終わってしまったが、やちむん館は今後、6月に阪急うめだ本店で開催される「おいしい かわいい 沖縄展」にも、出展予定だ。
 
6月12日(水)~18日(火) 催し最終日は午後6時終了
阪急うめだ本店 催しカレンダー
 
まだ詳細は発表されていないようだが、やちむん館以外の八重山のお店もいくつか出てほしいと今から期待しているのであった。
 
 

◆八重山郡内で草民具・草玩具の事について知る・体験できる施設

 
【体験】
やちむん工房(民具講習会)
・Cocoroのぼうし(ボトルホルダー、アダン葉帽子)
 
【知る・学ぶ】
石垣市立八重山博物館
南嶋民俗資料館(石垣島)
竹富島喜宝院蒐集館
 
【買う】
やちむん館(工房・大川店)
石垣市特産品販売センター(公設市場の二階)
たーだやー(石垣島)
・南嶋民芸(南嶋民俗資料館となり)
・竹富島・波照間島など、離島の港売店

この記事をシェアする