やいまーる外電

近畿の各字郷友会合同花見会 2019

日時:2018年3月31日(日)
場所:大阪城公園

 
  
 
今年も恒例の近畿八重山郷友会合同花見会が、大阪城公園にて開催された。

昨年は花の時期はとっくに終わってしまい青葉の下の宴だったこともあり、今年の新年会で入手した予定表には、花見は今週か来週と、桜の開花に合わせるような柔軟な予定が記されていた。
 
今年はタイミングよく、郷友会の花見の場所では満開に近い桜を愛でることができた。
 
 
筆者が到着したのは宴会も後半になってからだった。
座開き、余興前半は終わり、銘々のグループが持ち寄った弁当や飲み物と桜を楽しみながら、ユンタクを楽しんでいた。

会員に聞くと、余興タイムは多くの人々が立ち止まり、画像や動画撮影をしていたとのこと。
人前で踊ることに慣れている郷友たちにとっては、ギャラリーが多い方が気持ちいいと言う人もいるかもしれない。
 
昨年はすっかり葉桜になっていたので、2年ぶりの桜の花は気分も高揚する。
あいにく花冷えの寒さのせいか、参加者は若干少なめだった。
歓談タイムも、BGM代わりに地方が交代しながら様々な曲を演奏する。
時に踊る人が出てきたり、時に珍しい与那国島のトゥバラーマが歌われたりした。

 
  
少しひんやりとして、雲も厚くなってきた。
太鼓は演奏の出番が無いときはビニール袋がかけられていた。
ときおり一瞬小雨がぱらついたりし始めたが、宴会は続いていた。
通りがかりの方が「親が八重山出身だ」と会員に話しかけてきて、一期一会の記念撮影をしている様子もうかがえた。

 
 
年配の方が空を見上げて、「あー、これは来るぞ」とつぶやく。
やがて、これまでよりも大粒の雨がぱらついてきた。
しばらくして止んだが、時間も例年の終了目安である15時頃になっており、これをきっかけに楽器やマイクが片付けられた。
終盤には、恒例の鳩間の港や弥勒節などが予定されていたものの、それも行われないまま中締め解散となった。
過去には雨で中止になった年もあり、会場まで来ていた一部のメンバーは、大阪城公園にある施設の軒下を借りて少人数で宴会をしたこともあったそうだ。

 
残った人々も一部いたようだが、筆者は顔なじみのメンバーと連れ立って、おなじみの沖縄料理屋へと移動。
近くの野球場で阪神戦があったため、試合観戦の人たちも流れてきて店は大繁盛であった。

久しぶりの八重山関係の方々との飲み会であったが、残念ながら予定があった筆者はライブが始まる前に後ろ髪を引かれながら失礼した。
 
 
今週後半、この店では八重山出身の唄者のライブがあるという。
みなさんも足を運んではいかがだろうか?

【ライブ情報】
場所:うすぱれ豊年(大阪市大正区 TEL:06-6553-0781

◆2019年4月5日(金) まーちゃんうーぽー http://painukaji.com/
 開場:18時 開演:19時半 1500円

◆2019年4月6日(土) 世持 桜 http://yomochi.net/  
 詳しくはお店へ

この記事をシェアする