やいまーる外電

大阪にて「美ら島沖縄大使 再認証式」と「沖縄観光2019感謝の夕べ」が開催される

場所:大阪リーガロイヤルホテル
日時:2019年1月23日
主催:沖縄県、一般社団法人沖縄観光コンベンションビューロー

 
 
沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローにより、内地で沖縄の観光に寄与している人々や企業、団体を対象としたイベントが開催された。
大阪では「美ら島沖縄大使 再認証式」と「沖縄観光2019~感謝の夕べ~ OKINAWA NIGHT IN OSKA」が同日に実施された。
 
 

【美ら島沖縄大使 再認証式】


 

沖縄県による「美ら島沖縄大使制度」は、県ホームページに次のように解説されている。

 沖縄に深い愛着と関心を寄せ、本県にゆかりのある方々を「美ら島沖縄大使」として認証し、それぞれの活動分野において沖縄の新たな魅力を発掘、発信していただくことにより、 沖縄のイメージアップを図る制度
 
 
今回の大阪での再認証式には、2014年に認証された写真家の大塚勝久氏の姿もあった。
沖縄県副知事・富川盛武氏より認証状が手渡された。

大塚氏は、長らく八重山を中心に写真を撮り続け、多くの写真集を出版している。
弊社からも『大塚勝久写真集 平久保半島サガリバナの原風景』が、2016年に発行された。
大塚勝久氏ホームページ 
 
 

【沖縄観光2019~感謝の夕べ~ OKINAWA NIGHT IN OSKA】

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローにより、沖縄の観光に寄与した企業や団体を招待し一年の感謝の意をあらわすイベントである。
今年度は、1月17日に福岡、25日に東京でも開催された。
 
国立劇場おきなわ組踊研修修了者で構成された「子の会」による、「かぎやで風」で幕を開けた。
主催者挨拶は、沖縄県副知事・富永盛武氏が知事の名代を務め、来賓あいさつや乾杯には、沖縄観光振興に寄与した関西の企業の代表らが登壇した。
 
歓談会食の料理には沖縄県各地で生産された様々な食材がふんだんに使われており、人々は舌鼓を打つ。

 
数百名の沖縄観光や県産品流通推進などに関わる人々の交流、新しいご縁つなぎの様子が、そこかしこで見られた。

 
アトラクションは、「子の会」による組踊「二童敵討」より「阿麻和利の名乗り」の場面。
力強い口上が場内に響き渡った。

また、「安里屋ゆんた」や「オジー自慢のオリオンビール」などのウチナーポップの演奏もあり、その後はカチャーシーへと移って行った。
 
舞台には、ミス沖縄、ミス泡盛、観客らも上がり、盛況の内に締めくくられた。

会場出口では、副知事らとともに、沖縄観光PRキャラクターの「マハ朗くん」と「花笠マハエちゃん」もお見送りをしており、一緒に記念撮影をする参加者の姿も多く見られた。

また、来場者には「沖縄観光のあゆみ~65周年記念誌~」が配布された。
今年は、1954年(昭和29年)に那覇市観光協会の前身である「沖縄観光協会」(任意団体)が設立されてから、65周年にあたるのだそうだ。
本資料により、石垣市、竹富町、与那国島の観光協会の設立年や、「南ぬ島石垣空港」開港からもう5年以上経ったこと、昨年「八重山の星空保護区」認定がなされたことなどを知る事ができた。

筆者にとっては、沖縄県内外の様々な分野の企業、団体、人々の活動の一部を知り、沖縄県産の様々な農水産物などを実際に味わう、学びの時間であった。

【余談:酒飲みのよしなしごと(8)】

筆者がこのイベントを取材させていただいたのは初めてであったが、会場には、顔見知りの方々もおられ、同じテーブルで談笑する時間もあった。

その中の一人が料理を取ってテーブルに戻ってきた時に、「あっ、ない!」とおっしゃる。
「飲みかけの泡盛を持っていかれてしまった!」と、とても残念そう。
聞けば年季の入った古酒だったとか。
(あぁ、筆者と思いをする人は少なくないのかもしれないなぁ)と、その残念な気持ちにとても共感したのであった。
その方は筆者の本コラムシリーズを読んでくださっている様で、「“飲みかけです”のシールか何かを貼った方がいいかな」と笑っておられた。

今年もまたどこかのイベントで何度かお目にかかることもあるだろう。
それまでに互いに実践する機会があるのなら、その成果について情報交換してみたいものだ。
 
 

この記事をシェアする