やいまーる外電

酒飲みのよしなしごと(7) 瓶のまま古酒にした泡盛を味わう

平成最後の年末にあたる12月に入ってから、「今年一年がんばった自分にご褒美」と、瓶のまま寝かしておいた泡盛を何本か空けた。
年末の大掃除という名目で、普段は「ないこと」にして忘れているシンクの奥の泡盛を詰めた段ボール箱を引っ張り出す。
そして、味してみたのだった。
 
 

【その一 泡波2合瓶 5年物】


詰め日のスタンプが薄くて見えづらいが、13年8月11日。
平成13年だとしたら、八重山デビューしてなかった頃だし、デビュー後しばらくは入手していたのは3合瓶ばかりだったと記憶するので、これは2013年だろう。
5年物である。
うーん・・・。
2合瓶は量が少ないからか、3合瓶よりも早く味が変わっている気がする。
そういえば以前、泡波ミニボトルを10年寝かしてみた。
変化が進みすぎて美味しくなくなっていたことを思い出した。
 
 

【その二 泡波ミニボトル 9年物】


というわけで、あまり寝かし過ぎても味が落ちるようなので、長らく寝かしておいた泡波ミニボトルも飲んでみた。
こちら、平成21年5月11日製造。
思ったより味が落ちていないでまろやか。アルコール濃度もしっかりしている印象。
以前飲んだ10年寝かしたものよりも比較にならないほど美味しい。
また、先に飲んだ2合瓶の方が、熟成が進みすぎたのか残念な感じだった。
「泡波は、製造時期によって味が違う時がある」と、波照間島で聞いたことがある。
先に飲んだ2合瓶と、このミニボトルの違いもそれなのだろうか…。
同じところに保存しておいたから、保存の違いはないと思うのだが。
 
 

【その三 宮の鶴4合瓶 11年物】


瓶詰めのままなので「仕次ぎ(*)」もせず、度数も30度だから、これも思い切って飲もう! と、次に封を開けたのは宮の鶴。
「2007年7月」のスタンプ。
石垣島での旅の途中で買ったのだと思う。 珍しく4合瓶。
こちらもまろやかでいい感じ。ただ、味のクセまで弱くなっているような印象。
度数ももしかしたら少し弱くなっているのかもしれない。
「飲みやすいけど、飲みすぎはいかん」と、家飲みではせいぜい水割り1~2杯。
とはいえ飲みやすいので、年末休みに入る前に飲み終わってしまいそうだ(苦笑)
 
 
(*)仕次ぎ…年代物の古酒にそれよりは少し若い古酒を注ぎ足すことで、
古酒の熟成した香りや芳醇さを保ちながら、酒を劣化させないようにする手法
(沖縄酒造組合サイト「琉球泡盛」より「100年古酒を可能にする『仕次ぎ』」
https://okinawa-awamori.or.jp/kusu/heirloom/blend/ )
 
 
瓶で何年か寝かせるにしても、アルコール度数が高い方が適しているのだろうとあらためて思う。
次の旅では、瓶で熟成させる用に43度の物を買ってこよう。
 
 
 
最近は飲みながら、珍しく読書だ。
(普段は、音楽やラジオを聴きながら、ネットで興味のままに様々な記事を見つけては読んでいることが多い。)
前回の『西表島探検』の記事でご紹介した安間繁樹さんの別の書籍を読んでいる。
『西表島自然誌』だ。

本当は正月休みに読もうと思って、あの後取り寄せた。
が、手元に届いてパラパラとページをめくったら、『西表島探検』に書かれていた、安間さんが20歳の時に初めて西表島に行きそのまま島を一周した時の詳しい話が第一章。
読み出すと止まらなくなってしまった。
パインを一晩で23個も食べて口の中が荒れたとか、道がない地域はザックを頭に乗せて首まで水に浸かって川を横切ったとか、「岩とび少年」と呼ばれる不思議な少年たちの姿を見た話など、興味深くてたまらない。
年末は色々やらねばならないことがあるというのに、美味しい島酒と八重山の本は筆者をそれから逃避させるのであった。
 
ついでに笹森儀助の『南嶋探検』も取り寄せた。
冬休みが楽しみだ。

 
それはそれとして、さて、どうしようか。
泡盛箱にはまだ、「もったいないから」と手を付けずに置いてある30度の泡盛の瓶がいくつかある。
生産が止まる前の与那国島の「舞富名」、島外ではなかなか入手できない宮古島の「豊見親」なども、寝かし過ぎるとせっかくの味が落ちてしまうのかもしれない。
「大切に取っておきたい」vs.「味が落ちない内に飲みたい」の葛藤がしばらく続きそうだ。
「もうじき正月だからな~」という甘いささやきもある。
しかしこれこそ今は「寝かして」ておいて、年末やるべきことをやらないと! …と悩ましいのであった。
 
 
今年の「やいまーる外電」の筆者の記事はこれが最後。
皆様よいお年をお迎えください。

この記事をシェアする