やいまーる外電

東京・浅草の国際通りでエイサーイベントが開催される!

 9月23日、東京有数の観光名所である浅草の雷門、浅草寺のほど近くにある“国際通り”(通称=ビートストリート)で行われた「浅草国際通りビートフェスティバル2018」(主催=浅草国際通り商店街連合会)で、「第10回エイサーパレード」が開催された。

 国際通りといえば、那覇随一の観光地の名称でもあるが、浅草のそれは、かつて松竹歌劇団の公演などで賑わった国際劇場が通り沿いにあったことに命名が由来されたという。
 従って、沖縄の国際通りとの関係性はないが、名称が同じとあって、親近感を感じさせてくれる街だ。

 同イベントでは、国際通りの車道1車線を通行止めにして行われた「エイサーパレード」で道じゅね、国際劇場の跡地に建つ浅草ビューホテルの2F公開空地(ビュービットデッキ)でエイサー演舞が行われ、和光青年会、琉球舞団 昇龍祭太鼓などが熱い演舞を披露。沿道、特設会場に集まった観衆を大いに沸かせてくれた。

 また、イベント開催にあたって、同商店街では、お客様感謝セールを実施し、利用者を対象に福引き抽選会を行い、地元の商店街は大いに賑わっていた。

 浅草の商店街と、沖縄文化が融合された素晴らしいイベントだけに、今後もぜひ継続してほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)
この記事をシェアする