やいまーる外電

竹富町施行70周年記念公演 沖縄県竹富町 島々の民俗芸能「世乞い」

竹富町施行70周年記念公演 沖縄県竹富町 島々の民俗芸能「世乞い」
 
 日時:2018年9月24日 17時~ 
 場所:国立劇場 大劇場(東京都)
 主催:主催竹富町・竹富町教育委員会
 【共催】竹富町民俗芸能連合保存会

 
 
2018年7月、竹富町は村から町へ昇格して70周年を迎えた。
これを記念して、国立劇場にて「沖縄県竹富町 島々の民俗芸能『世乞い(ゆーくい)』」が上演された。
 
竹富町の西表島以外の各島々から6つ、西表島からは4つ、計10の民俗芸能保存会がそれぞれに伝わる伝統芸能の演目を披露した。
郷友にとっては故郷から遠く離れた東京の大きな舞台で身内や知人が活躍するイベントでもあり、かなり早い時間から多くの人々が列をなして入場を心待ちにしていた。
当日券の発売もあって、会場の3階席まで人々で埋まり、大盛況の内に幕を閉じた。 
 
プログラムは次の通り。
 
—————
【第一部】
1.古謡 「種取祭・世乞い唄」 竹富民俗芸能保存会
 (東京竹富郷友会14名)

2.舞踊 「デンサ節」 上原民俗芸能保存会

3.歌舞 「矼(はし)ゆば節」 古見民俗芸能保存会

4.狂言 「ピラ狂言・鳩間中森」 鳩間民俗芸能保存会

5.棒芸 「シーシン棒」 波照間民俗芸能保存会

6.舞踊 「フタディ口説」 干立民俗芸能保存会

7.歌舞 「ダートゥーダー・小浜節」 小浜民俗芸能保存会

8.舞踊 「黒島口説」 黒島民俗芸能保存会
  
【第二部】
9.神行事 「西表島の節祭」 西表民俗芸能保存会
    (東京西表郷友会15名)

10.古謡 「巻き踊り(節祭)」 新城民俗芸能保存会
    (東京新城郷友会17名)

フィナーレ 全員
—————
 
 

1.古謡 「種取祭・世乞い唄」 竹富民俗芸能保存会

花道から行列が入場。
迎える人々は、舞台の幕に描かれた民家とその前に設置された石垣との間で待ち受け、そこから迎え出た。祭りの一場面を忠実に再現。

 

2.舞踊 「デンサ節」 上原民俗芸能保存会

上原村が新たに村建てされた頃、村を一つにまとめるために作られたと言われる。

 

3.歌舞 「矼(はし)ゆば節」 古見民俗芸能保存会

かつて何度も流された木の橋が石の橋に作り替えられた時の喜びの唄。
踊り手が身に着けている衣装は100年以上前から保存されている貴重な物。

 

4.狂言 「ピラ狂言・鳩間中森」 鳩間民俗芸能保存会

沖縄本島から来た男が主人公の狂言は、ウチナーグチで伝承されている。

 

5.棒芸 「シーシン棒」 波照間民俗芸能保存会

島の暴れ獅子を誘い出す舞。
南方諸島からの漂流民が伝えたと言われている独特な調べ。
舞台中央から笛・ドラがせり上がってきた演出に、場内がどよめいた。

 

6.舞踊 「フタディ口説」 干立民俗芸能保存会

江戸時代に内地で流行した「口説」は、ここ干立にも伝わった。
干立の様々な祭りに欠かせない演目。

 

7.歌舞 「ダートゥーダー・小浜節」 小浜民俗芸能保存会

独特の風貌の面と所作のダートゥーダー。唄も意味不明で謎めいている。
結願祭では滑稽と75年間祭りの舞台から消えていた後、2001年に復活した。
そのユーモラスな動きに、客席から笑い声が上がった。

 

8.舞踊 「黒島口説」 黒島民俗芸能保存会

島建て・村建てのすばらしさや、島の行事、人々の暮らしなどが描かれている。

 

9.神行事 「西表島の節祭」 西表民俗芸能保存会

祖納の節祭(シチ)をコンパクトにまとめて再現。
本来は、6時間かけて行われる行事である。



 

10.古謡 「巻き踊り(節祭)」 新城民俗芸能保存会

旗を持った人を中心に、何重にも輪になり行われる巻き踊り。
今回は、ここまで舞台に登場した民族芸能保存会の人々も参加し、演目最後を飾るにふさわしい熱気に満ち溢れた。
西大舛高旬 竹富町長も、旗を持ち、舞った。

 

フィナーレ 全員

舞台でも客席でも人々が舞い、大歓声に包まれた。


 
 
竹富町の島々の祭りを一度に見ることができた、大変貴重な舞台であった。
全国的に少子高齢化の進む中、伝統行事や芸能の維持継承には様々な課題や苦労もあるだろうが、島にとって、地域にとって大切なものがこれからも受け継がれていくことを願ってやまない。

この記事をシェアする