やいまーる外電

残暑のなか、エイサーで東京・町田の街が熱く燃えた!

 9月8日(土)、9日(日)の両日、東京都町田市の町田駅(JR・小田急)周辺の会場で「第32回フェスタまちだ2018~町田エイサー祭り」(主催=町田市中央地区商業振興対策協議会など)が開催された。

 町田は、沖縄県出身者や、その子孫が数多く住む神奈川県に隣接する街とあって、古くから沖縄文化が根付いており、エイサーも盛んだ。

 初日は市民広場で2団体がエイサー演舞を披露し、駅周辺の道路では、地元の町田琉、町田エイサー青海波が“道じゅね”で練り歩き、盛り上げた。

 メインイベントとなる2日目は、9月ながら、30度超えの好天で、エイサーには絶好の天候となった。

 町田を拠点にする町田琉、町田エイサー青海波、町田遊星や、町田に縁が深い和光青年会など、関東から19団体が参加し、カリヨン広場、東急会場、浄運寺会場で、入れ替わり、立ち替わりで、熱の入った演舞を披露。

 フィナーレは出演団体、観客が入り乱れての大カチャーシーを繰り広げ、熱狂の渦で幕を閉じた。

 また、市民広場では琉球舞踊、琉球民謡が披露され、「ぽっぽ町田」会場では、昨年に続き、“沖縄音楽界の大御所” よなは徹がフリーライブを開催し、多くの観衆を、その歌声で酔わせていた。

 今年は関東最大級のエイサー大会である「新宿エイサーまつり」(7月28日)が台風接近による悪天候のため、有力団体が相次いで出演を辞退し、わずか2時間で打ち切りになる消化不良な事態になった。一方、それに次ぐ規模の「町田エイサー祭り」は天候にも恵まれて、エイサーファンの溜飲を下げてくれたようだ。

 “地域密着”のエイサー大会である「町田エイサー祭り」は、「新宿エイサーまつり」とは、ひと味違う良さがある。来年もまた、町田市民、エイサーファンを熱く燃えさせてほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)
この記事をシェアする