やいまーる外電

第25回沖縄の工芸展 ~沖縄工芸ふれあい広場~

沖縄の工芸展
期間:2018年9月7日(金)~9日(日)
場所:時事通信ホール(東京都)
 
 

昨年、例年の開催時期と旧盆が近かったために9月後半に開催された本展は、今年は従来の9月上旬の時期に開催された。
初日オープン前、出展する組合の方々のミーティング場所から、琉球舞踊による座開きが行われている音が聞こえた。
平日にもかかわらず、先着順抽選会にはオープン時から人々が並んだ。
 
今回もまた八重山からは、八重山上布・ミンサー(石垣市)、八重山ミンサー(竹富町)、与那国織が出展した。
 
 

●八重山上布・ミンサー(石垣市織物事業協同組合)


今年新しく、組合のタグを作ったとスタッフさん。
藍色の生地に「石」の字をデザイン化されたタグがついた小物は、ちょっとしたデザインの工夫でかわいい感じの印象になっていた。
以前から石垣市伝統工芸館で販売されていた星座の栞の種類も増やしたそうだ。
八重山上布の小物入れは、内側も上布とのこと。

 
 
着物展示会場の方では、石垣市と竹富町、与那国町の織物が一角に並んでいた。
(石垣市、竹富町の八重山上布とミンサー織のコーナー)

八重山上布の手仕事の実演コーナーでは、縦絣糸の捺染の作業がなされていた。
昨年は横糸の捺染実演だったので、今年は縦糸のやり方を紹介するのだそうだ。
画像は、捺染の前段階、染める場所に印を付けている様子。
糸を括って防染するのではなく、糸に直接染料を擦り込む独特の技法を見られる貴重な機会だ。

 
 

●八重山ミンサー(竹富町織物事業協同組合)


西表島や竹富島で織られたミンサー織の帯やバッグ、普段使いの小物が並んだ。
八重山上布の絣模様のしおりもあった。

組合の拠点の一つである「西表手仕事センター」では、そんな手仕事の様子を見学することができる。 https://yaimatime.com/shops/7441/
事前に予約をすればミンサー織り体験も可能だ。
 
 

●与那国織(与那国町伝統織物協同組合)


着物用として織られる与那国花織は絹糸で作られている物が多い。
島の祭りなどで着る伝統的な着物・与那国ドゥタティは綿や苧麻で織られており、一見黒と白の2色に見えるが紺色が入っているのが特徴だ。
その着物を身に着けた、与那国織の伝統工芸士・請舛姫代(うけます)さんが手にしているのは、ご自身の手織りによる手ぬぐい。

模様のところは真田織と呼ばれ、裏表同じ柄になる特殊な技法の織り方なのだそうだ。
その技法が複雑なため現在は織り手が少なく、請舛さんは若手が受け継いでいってほしいと期待を語られた。
この手ぬぐい「与那国シダディ」は米寿を超えて亡くなった方の葬式にも使われるので、長寿のご老人がいる家庭には必ずあるのだとも教えてくださった。
銀座わしたショップでも購入できるが、品薄のようだ。
 
着物展示会場には、与那国織の反物も展示されていた。

 
 
パンフレットによると、会期中は他にも、イベントブースで産地講演会として八重山上布・ミンサーの解説がなされたり、大工哲弘、神谷幸一の二人の民謡唄者によるスペシャルトークショー「三線の魅力について」なども予定されていた。
 
沖縄県内の様々な伝統工芸品の産地組合が一堂に会する本展。
気に入った物と出合ったり、生産者さんとご縁ができたなら、次はその産地や組合を訪ねるのも旅の一つの楽しみとなるだろう。

この記事をシェアする