やいまーる外電

猛暑のなか「中野チャンプルーフェスタ」が盛大に開催される!

 7月14日(土)、15日(日)の両日、東京・中野区のJR中野駅北口一帯で、「中野チャンプルーフェスタ」(主催=中野北口昭和新道商店街)が開催された。

 会場となったのは、全国的にも有名な施設・中野サンプラザの前の広場や、隣の中野区役所前広場など。

 同イベントは2005年にスタートし、今年で14回目を迎えた。開催目的は地域の活性化と文化交流で、沖縄の根幹となる精神を守り続け、首都圏における沖縄伝統芸能の普及に努め、新たな相互交流の場として確立していくことを目指している。その長年の成果で、同区内には数多くの沖縄料理店、エイサー団体が存在する。

 まだ7月半ばとはいえ、両日とも折からの猛暑となったが、これもまた“沖縄らしさ”を感じさせる天候だった。

 イベントではエイサー演舞や沖縄アーティストによるライブが披露され、三線体験ワークショップも催され、多くの沖縄グルメの出店があった。

 昨年まで、「後援」にとどまっていた地元・中野区は、今年は「協賛」となり、イベントがより地域密着が強化された。
 来年以降も、中野区と沖縄の文化交流のため、開催を続けてほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)
この記事をシェアする