やいまーる外電

OKINAWAまつり2018、楽しみ方いろいろ

OKINAWAまつり2018
日時:2018年6月9日(土)13:00~19:55、10日(日)12:00~19:55
場所:代々木公園(東京都)

 
 
「OKINAWAまつり」に取材や友人たちと楽しむことを目的に、2日間で3回会場に足を運び、いろいろな楽しみ方をした。
八重山出身のアーティストのライブを中心に、観客視点も織り交ぜてレポートをお届けしよう。
 
 

【1.一人参加】

 
3年ぶりに行ったら、規模がかなり拡大している印象で驚いた。
伝統芸能がメインの「彩風ステージ」では、琉球舞踊の上演がちょうど終わったところだった。
地方の中には日よけのタオルをかぶっている人もいる。
炎天下の中、琴や三線等の楽器は大丈夫だろうか、とか、衣装は汗だくだろうなどと気になりながら、メインステージ方面へ。
まずは、八重山そばのブースで「島柑橘踊る八重山そば」を買い、立食コーナーで腹ごしらえ。

そして、メインステージへの入場待ちをしている人だかりに混じる。
小さいお子さん連れの家族や、沖縄出身なのだろうか高齢者の姿もあった。
入場開始となったとたん、客席はあっという間に埋まる。
うまい具合に席を確保できた。
客席エリアは、後部席の人が見えづらくなるような日傘、一脚・三脚等は禁止なので、帽子や長袖が必須だ。

オープニングは、琉球國祭り太鼓のエイサー。
全国各地の支部から集まったメンバーが客席通路にも散らばり、迫力満点の演舞を繰り広げた。
会場は一気に沖縄ムードに染まり、熱が上がった。
 
エイサー終了後は通路も観客に解放され、ステージ前方に多くの人々が詰めかけた。
そして、きいやま商店(石垣島)が登場すると大歓声が起こった。

アップテンポの「八重山口説 『ミルクムナリ』」で始まり、一気にヒートアップ。
「カーーニバレ」、「僕らの島」、「離れてても家族」、「ドゥマンギテ」、「沖縄ロックンロール」などを演奏。
ファンたちの手拍子での合いの手やタオル回しなど、ライブ恒例のやり方があるようで、筆者もそれにならい大いに盛り上がった。
きいやま商店は、今年10周年の節目に7枚目のアルバムを出すのだそうだ。
ツアーも予定されている。
 
司会者が「例年にはないスタートからの盛り上がりよう」と驚く声を後に、一旦新宿へ。
(新宿では別のイベントを取材。レポートは、後日公開予定。)
 
 
 

【2.複数で参加(晴れバージョン)】

 
夕方、再び会場へ。 今度は沖縄好きの友人たちも一緒だ。
メインステージの観客席には3人並んで座れそうな余地は無い。
ラストのよなは徹&護得久栄昇のステージまでは、久しぶりの再会のユンタクと食事を楽しむことにした。
ステージから離れた場所に、ピクニックエリア状態になっている所を見つけた。
我々もシートを敷き、露店で色々購入。
ライブの歌声も小さく聞こえるし、ユンタクも周囲を気にせずできて、これはこれでよい。
(↓インスタ女子は、もっと“ステキな雰囲気”に撮影するのだろうか(苦笑))

周囲には、ライブより仲間で集まって飲み食いする事がメインの雰囲気のグループもあり、この祭を皆それぞれに楽しんでいた。
 
空が薄暗くなる頃、ステージの方で歓声が聞こえた。
いよいよ、よなは徹&護得久栄昇の時間だ。
食べ終えた我々もその場を撤収し、ステージを立ち見で楽しんだ。
張りのあるよなは徹の歌声に酔いしれ、護得久栄昇のショータイムを楽しむ。
奈良のイベントではレモンケーキが出てきた護得久栄昇の予備セカンドバックの中身は、今回はCD。
「あんたたち、買いなさいね」と、相変わらずの上から目線キャラが炸裂。

再びよなは徹が歌い上げ、徐々にテンポアップする音に乗せて、観客たちはカチャーシーを舞った。
一度ステージを去ったよなはだが、アンコールに応えるべく再登場。
「満月の夕」で、会場をしっとりとかつ力強さも添えて包み込んだ。
 
台風の影響による雨も心配されていたが、初日は沖縄本島を上回る気温で(スタート時に司会者から情報あり)、熱い一日だった。
 
 
 

【3.複数で参加(雨バージョン)】

 
二日目は雨。予報では荒天となる可能性もあった。
この日は別の友人たちととりあえず予定通り待ち合わせ場所に集合してから話し合い、小雨なので行ってみようということになる。
 
まだメインステージ上演までかなり時間があった。 傘をさして露店を見て回る。
観光協会や島々の紹介ブースが並ぶ「沖縄離島ストリート」エリアも行ってみる。
ある島のブースではクイズがあり、我々は3問全て答えた。
「昨日から200名くらい来て、全問正解は初めて」と、お土産をおまけ付きでいただいた(笑)
一緒に旅をした島のブースでスタッフさんたちとも立ち話。 情報をいただけるのが嬉しい。
ミス八重山の姿もあった。


 

メインステージの入場規制が解除されたら、席を確保。
荷物にカバーをかけて濡れないようにして地べたに置き、レインコートを羽織ってまず乾杯!(雨の日ライブは、傘ではなくレインコート必須)
露店で買ったつまみを食べながら開演を待つ。
オープニングを飾った琉球國祭り太鼓のみなさんは、小雨を吹き飛ばしそうな演舞で魅せてくれた。
昨日と違う演目もあり、両日来た甲斐があった。


 
本日ライブのトップバッターは、やなわらばー(石垣島)。
意外なことに、OKINAWAまつりに初めての登場とのこと。
雨天で前日より人が全体的に少ないのが残念(観客側は、席をゆったり座れてラッキーだが)。
歌が始まると、うっとおしい天気が気にならなくなるほど、清々しい歌声に引き込まれ聴き入った。

「いちごいちえ」、「海の声」、「じーちゃんとギター」、「平和の歌」、「拝啓○○さん」を歌う。
やなわらばーを初めて聴く友人は「よかった~」と。
筆者は、奈良のムジーク・プラッツ2018の時と同様、「じーちゃんとギター」でまた涙してしまった。
ライブの一人参加は小回りが利くが、複数参加だとこうやって感動を分かち合える良さがある。
やなわらばーは、メジャーデビュー15周年記念ライブを今夏東京で開催予定。
これからも素敵なハーモニーを聴かせてほしい。
 
 
やなわらばーの演奏途中から、カメラをしまいたくなるような小雨になり、終わると雨足が強まってきた。
まだ八重山出身のアーティストたちの出番もあったが、撤収を決めライブ会場を出た。
今度また、聴ける機会を得たい。
 
以上、OKINAWAまつりの様々な楽しみ方のご参考になれば幸いだ。

この記事をシェアする