やいまーる外電

夏川りみがサンシャインシティ「沖縄めんそーれフェスタ」の10周年に華添える!

 東京・池袋のサンシャインシティで、恒例の「沖縄めんそーれフェスタ2018」(主催=サンシャインシティ)が、5月25日(金)から6月3日(日)の10日間にわたって開催された。

 今年は10周年記念とあって、例年よりパワーアップ。沖縄物産展、沖縄ライブステージ、めんそーれビアガーデンのほか、ビル前のサンシャイン60通りで、「池袋めんそーれ祭り」と称して、8チームによるエイサー演舞が披露された。

その他、サンシャイン水族館、サンシャイン劇場、サンシャイン60展望台、レストラン街でもコラボイベントを開催した。

 終盤の3日間は、すっかりおなじみとなった「八重山諸島&宮古島アーティストライブ」が噴水広場と物産展会場で行われ、“石垣の歌姫”夏川りみが4年ぶりに出演。石垣在住の冒険家・八幡暁さんとのトークショー、そしてライブを行い、楽しい話と美しい歌声で観衆を酔わせていた。夏川の出番は平日(1日)だったが、大物アーティストとあって、多くの観衆が詰めかけていた。

 また、きいやま商店、やなわらばー、宜保和也、THE SAKISHIMA meeting(新良幸人&下地イサム)、池田卓らの八重山アーティストが熱唱して、イベントを締めくくった。
 区切りの10年目を終えた同イベントだが、次は15周年を目指して、沖縄、八重山を愛する人々の心を癒やしてほしいものだ。

(取材・文=ミカエル・コバタ)

この記事をシェアする