やいまーる外電

奈良公園で八重山アーティストらが観客を魅了!(ムジークプラッツ2018 in 春日野園地)

ムジークプラッツ2018 in 春日野園地
OKINAWA × NARA 〜沖縄の音楽と笑い 命のお祝い(ヌチヌグスージ)フェスト
三線DAY&カチャーシーDAY

 
日時:2018年5月26日(土)、27日(日)13時~
場所:奈良公園・春日野園地(奈良県)
主催:奈良県 ムジークフェストなら実行委員会
 
 
 
奈良県では現在、今年で7年目となる「ムジークフェストなら」を開催中。
「奈良の街中が音楽であふれる28日間」として、県内の様々な場所で毎日音楽イベントが行われている。
沖縄音楽の野外ライブは、今年で5回目。
初日26日「三線DAY」の様子をお伝えしよう。
(公式サイト http://www.naraken.com/musik/musikplatz/platz02.html )

 
会場となった春日野園地は、広大な奈良公園の一角だ。
周囲には、春日大社や大仏の東大寺、早春を告げる山焼きで有名な若草山などがある。
奈良沖縄県人会が、物販や三線体験ブースを運営していた。
OKINAWAマルシェでは、オリオンビールや様々な食べ物を人々が買い求めていた。

 
司会の津波信一(沖縄のタレント)と小林真樹子(元琉球放送アナウンサー)が、明るく爽やかに開会のトークを始めた。
津波は、「奈良は信号待ちで、鹿が横断歩道を“かじゃでぃ風”で出てくる」と笑いをとった。
若草山もライブを見守る。

 
●柳清本流 松島とし子琉舞研究所
奈良で琉球舞踊の教室を持ち、知名定男の妹にあたる。
この日は兄の曲での創作舞踊も披露。

 
●登川流研究保存会 宮里政則民謡研究所
故・登川誠仁に弟子入りした宮里さんは、奈良や大阪などの三線教室で指導している。

 
●やなわらばー
オリジナルの「いちごいちえ」「平和の歌」や、未公開曲「じいちゃんとギター」、「花」「海の声」といったおなじみの曲のカバーなどを演奏。
さわやかな歌声が場内を包み込んだ。
「じいちゃんとギター」では、涙をぬぐう人々の姿もあった。
来る8月11日には、東京で「メジャーデビュー15周年記念ライブ ややや!やな祭り2018」が開催される。
詳しくは、公式ホームページにて。http://www.ya-na.net/

 
●前川守賢&元ちゃんバンド
「かなさんどー」「遊び庭」といった代表曲などで、縦横無尽にステージを行き来して盛り上げる。

 
●琉球笑タイム
1.護得久栄昇&仲座健太
お笑いコンビ「ハンサム」のコントキャラ「護得久栄昇」が登場。
仲座健太は、初代琉神マブヤーのハブデービル時代の決め台詞を聞かせてくれた。

2.三線レッスン
フィナーレに向けて、「十九の春」の練習。
ステージ上の出演者のリードに合わせて、合奏&合唱。
三線持参の人は演奏を、他の人は配付された歌詞カードを見ながら歌った。
 
●THE SAKISHIMA meeting
「サキシマのテーマ」から始まり、昨年出したアルバム「THE SILENCE OF SAKISHIMA」の曲や前のアルバムの曲を交えて歌う。
「エイヤ」(「旗波」)、「ササッ」(「夏至南風」)の掛け声で聴衆も盛り上がり、ラストは「ダニー・ボーイ」をしっとりと歌い上げてクールダウン。
新良幸人は、出番が待ち遠しくてたまらなかった様子で、幸せそうに演奏していた。
下地イサムは、「ユーニンガイ」のコーラス「ナウライ 世や ナウライ(実る 世は実る)」は「“奈良”ではありません」と、ジョークを交えて解説し、場内を沸かせた。

 
●知名定男&知名定人
沖縄民謡会の大御所とその息子による。
わざわざ前の席に移動する人達もいて、人々は静かに聞き入った。

 
●フィナーレ
演奏者全員がステージに上がり、聴衆も一緒にみんなで「十九の春」を合奏・合唱。
そして、カチャーシー。

 
終演後会場を後にする人々と、草を食む鹿。

美味しい沖縄料理でお腹を満たし、歌と笑いで心を満たす。
心身が喜ぶ感覚。「命のお祝い」・・・。
この日ここに集った人々だけでなく、生き物たちやあらゆる存在もこのまつりを楽しんだにちがいない。

この記事をシェアする