やいまーる外電

ぬぬぬパナパナのぬぬ 2018・大阪展

会期:2018年4月11日(水)〜16日(月)
会場:阪急百貨店うめだ本店 9Fアートステージ(大阪府)

八重山の手織り作家の作品を広めることからスタートした、「ぬぬぬパナパナのぬぬ」展が、今年も大阪で開催された。
「ぬぬぬパナパナ」とは、八重山の方言による造語で「布の端々」を意味し、展示会名は「布の端々の布」という意味となる。
今では各地の糸作りから手がけて布を作っている人たちの作品が展示される。
昨年、主宰の浦令子さんが亡くなった事情などから、活動を一旦停止するような話も出ていたが、メンバーや応援する人達により、大阪のデパートでの展示は今年も開催の運びとなった。


 
 
会場である阪急百貨店うめだ本店へ、初日の11日にうかがった。
作家さんや関係者さんとも一年ぶりの再会である。
翌12日に、会場で作家たちによるミニシンポジウムもあるためか、初日は多くの作家の姿が会場にあった。
長くレギュラーメンバーとして出品している西表島の亀田恭子さん、前津雪絵さんもいらした。


 
 
今年の八重山からの出品は、先述のお二人に加えて、石垣島の森田みゆきさん。


 
 
そして、以前は波照間島で活動されていた、弘前(青森県)「snow & handmade」さんの作品も。


 
 
さらに、パンフレットの正式出品メンバーには載ってはいなかったが、さらに何組かの八重山の作家の作品もあった。
 
八重山のメンバーは、八重山産の手績みの芭蕉や苧麻、座繰りの絹、手引き絹などを草木染めにして織った作品を出品していた。
会場には、そのような原料となる植物の写真や、繊維から作った糸の展示もされていた。

「島の恵み」を手間暇かけて形にする手仕事作家たちの活躍を、今後も見守りたい。

この記事をシェアする