やいまーる外電

国立民族学博物館・「沖縄のくらし」コーナー

大阪の万博記念公園に、文化人類学・民族学視点から、世界各国の人々の暮らしや伝統文化などに関する資料を展示している「国立民族学博物館(みんぱく)」がある。
筆者は最近、みんぱくへ行ってきた。
その中にある「沖縄のくらし」に関する展示コーナーについて、万博記念公園内「自然文化園」の桜の画像と共に紹介しよう。

みんぱくは、世界をいくつかの地域に分けた「地域展示」の形式で、「オセアニアを出発して東回りに世界を一周し、最後に日本にたどり着く構成」になっている。
(「」内引用:国立民族学博物館webサイト 展示のご案内>地域展示・通文化展示 http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/main

展示室入口に入ったとたん、そこは世界中の人々の祭りや日常の濃縮された異空間で、さらに、世界一周もできてしまうのだ。
展示コーナーはまた、その時の目的や時間に応じて、見たい一部の場所だけ見るのにも便利な構造だ。
(展示場マップ http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/main/map )

その一角に「東アジア展示・日本の文化」のコーナーがある。
ここにはさらに、「祭りと芸能」、「日々のくらし」、「沖縄のくらし」、「多みんぞくニホン」の4つのテーマに基づいた展示となっている。

「沖縄のくらし」コーナーで、サバニ、民具、農具、ウシの鞍など、八重山から収集した物や、八重山博物館所蔵の物などを見ることができた。
サバニと堀りへらは、みんぱくのウェブサイトでもその姿を見ることができる。
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/main/japan

石垣やヒンプン、トーラまで再現された竹富島の民家の模型もあった。
八重山で収集した物以外にも、沖縄県の今・昔の様々な物が展示されており、興味深かった。

みんぱくは万博記念公園内にあるが、そこに行くだけなら料金のかからない道を通っていくことができる。
桜や紅葉の時期、様々な花の咲く時期は、「自然文化園・日本庭園」の入場券を買い、そちらルートで散策しながら行くのも楽しい。
今回の桜の画像やこの太陽の塔の後ろ姿は、自然文化園内の様子。
公園の敷地がともかく広い。
みんぱく内も、展示やビデオライブラリーなどじっくり見ようとするなら、それなりの時間が必要だ。
時間に余裕を持ってお出かけになることをおすすめしたい。

この記事をシェアする