八重山の染織作家たちの活躍

都内で、八重山の染織作家が出品したイベントが2つ開催された。
 
●「あさがやふゆものがたり~ ぬぬぬパナパナの仲間たち~ぬぬ(布)、土鍋、器、ご飯」

会期:2017年12月1日(金)~12月22日(金)
会場:器とカフェ ひねもすのたり(東京都)
 
今年の5月に主宰・浦令子さんが亡くなったことで、今年の大阪展で一旦合同作品展の活動停止の宣言をした「ぬぬぬパナパナ(以下、ぬぬパナ)」のみなさん。
 (その時の記事 http://yaimatime.com/yaimal-gaiden/25773/)
今回は、阿佐ヶ谷にある「器とカフェ ひねもすのたり」のオーナー松原幸子さんと、ぬぬパナの東京展でランチなどを担当していた自然料理家・田町まさよさんのコラボ企画として開催された。

西表島や石垣島のぬぬパナメンバーも出品していた。

小ぢんまりとしたカフェの空間を彩る、ショールや小物。


オーナーによると、ここでは「ぬぬパナ」メンバーの個別の作品展も開催されることもあるという。
布以外の器や土鍋も、田町さんが「ぬぬパナ」のランチの際に使っていた作家の物だとお聞きした。
人と人とのご縁で、活動がつながり広がっていく様を感じた作品展だった。
 
 
●「日本民藝館展」

毎年12月に開催される、公募・展示販売展。
 
日本民藝館のwebサイトによると、
「伝統的な技術を継承して作られている手仕事の品と、
民藝の美を指針とする個人作家の品を全国から公募し、
暮らしに役立つ工芸品の発展をはかるのが目的です。」
「会期中は、入選作は予約販売(展示のため)、
準入選作は展示即売され、誰でも買い求めることができます。」
とある。( http://www.mingeikan.or.jp/events/mingeikanten.html

陶磁、染織や、木漆工、竹工、様々な植物で作られた籠、ガラス製品など、様々な分野の手工芸品が全国から集まる。
今年の出品作品数は1339点。そのうち入選は496点、準入選は400点。

その中に八重山上布の作品もあった。
石垣島の崎原克友さん(宮良)の作品だ。
「八重山上布経(たて)ずらし緯(よこ)絣六通帯地」で「奨励賞」を受賞された。
( 八重山毎日新聞「崎原さん奨励賞に輝く 日本民藝館展」
 http://www.y-mainichi.co.jp/news/32741/ )
崎原さんの作品はもう1点展示されていた。

今後のますますのご活躍を祈りたい。

この記事をシェアする