琉球伝統工芸館fuzoより、八重山関連の情報

東京の銀座わしたショップの地下1階にある琉球伝統工芸館「fuzo(宝蔵/ふぞう)」に、久しぶりにふらりと立ち寄った。
「琉球びんがた展」(12月13日(水)~2018年1月31日(水))と「fuzo三線祭り」(12月2日(土)~2018年1月10日(水))が開催中だった。
 
スタッフの方に、いくつかの八重山関連の情報をいただいたので、紹介しよう。
 
1.故・外原淳氏の琉球張り子の販売

外原淳氏は、竹富島出身。那覇の首里にある飲食店「くがに屋」の先代だ。
那覇で工房星ッコロの主宰として沖縄各地の草玩具の調査・復元、オリジナル玩具の製作をしながら、1978年、「沖縄玩具伝承友の会」を発足した。
著書に「おきなわの工作」「星っころ 手づくり玩具と子どもたち」がある。
すでにお亡くなりになっていて、張り子の作品は現品限りだそうだ。(一部在庫有り)
ダートゥーダーやミルク、アンガマの面、干支の張り子人形など温かみのある手作り作品が並んでいた。

八重山に住んでいたことがあるというスタッフさんと、「作品や工房の名前から八重山の香りがしますね」と話した際に、沖縄本島の出身の人の中には「わからない、見たことがない」という人もいると聞いた。
同じ沖縄県でも、八重山の文化はまた独特であることを再確認した。
  
2.ミンサー織りのメンズ・ボディーバック

石垣島のミンサー織りの工房から、メンズ向けの新作が届いていた。
メンズ製品は少ないこともあり、店頭に並んで以来買っていく人が後を絶たないと聞いた。
色は茶・紺の2色。シンプルなデザインなので、服を選ばずに使えそうだ。
  
3.fuzo三線教室(初級)第9期 受講生募集中
2018年1月7日(日)~6月17日(日) 
日時:毎月第1、第3日曜(全12回) 11時~12時半
(三線のレンタルあり)
詳細:http://www.fuzo.jp/news/2017/12/15/584/

第3日曜日担当の講師は、岩井信幸さん。
大工哲弘に師事し、八重山民謡・琉球民謡の普及活動をしている。
  
fuzoには、常設で工工四も取り揃えており、八重山民謡の物もあった。
1階のわしたショップでは弊社の「八重山手帳」も取り扱っている。
少し足をのばせば、丸の内や東京駅のイルミネーションもまだ見ることができる。
年の瀬の寒い時期だからこそ、暖かな八重山を感じに足を運ばれてはいかがだろうか。

この記事をシェアする