第14回 京都泡盛同好会例会

第14回 輝く泡盛・京の錦秋の集い -京都泡盛同好会例会-
 
場所:京都ホテルオークラ
日時:平成29年11月14日  18:30~
主催:京都沖縄同好会 共催:沖縄県酒造組合

 
 
泡盛新聞によると11月は「泡盛月間」で、各地で泡盛のイベントが開かれる月のようだ。
http://awamori-news.co.jp/2017_10-30_11-30_event-info_awamori-month-begins/
(泡盛新聞 2017年10月31日)
 
今年の京都泡盛同好会も、毎年恒例の11月に開催された。
(ちなみに、関西泡盛同好会は9月だった。)
開会宣言の後、会長である京都市長である門川大作氏や、沖縄県大阪事務所所長の久保田圭氏などによる挨拶が行われた。

そして、乾杯。

今回は沖縄県酒造協同組合と16社の酒造所が様々な泡盛を提供している。
残念ながら今年は八重山からの参加はなかった。
料理はゴーヤーの和え物やラフテーなどの沖縄の食材を使ったメニューや、泡盛を使ったソースのかかったものなどが食卓を彩った。
泡盛コーナーでは、内地では珍しい古酒や、飲み方も水割り、ロック以外の様々な割り方飲み方の物やカクテルもあり、新たな泡盛の味わい方を楽しむ人々の姿も見られた。
 
舞台では様々な芸能、ミニライブが繰り広げられた。
京都のエイサー団体・琉球國祭り太鼓は、パーシャクラブの「五穀豊穣」の曲に合わせて元気いっぱいの演舞を披露した。

大抽選会は今年も大いに盛り上がった。
酒造会社各社からのグッズや泡盛などが数多く提供され、今年も多くの人が幸運をつかんだ。
くじを引くのは、泡盛の女王・スピーナ瑛利香さん。

カチャーシ―には「大城敏信とゆかいな仲間たち」として、京都などで活動している三線演者らが登壇。
以前「やいまーる外電」でもご紹介したことのある石垣島出身の方の姿もあった。


 
閉会の挨拶は、京都泡盛同好会副会長・京都沖縄県人会会長である上原任氏(石垣島)が締めくくった。


 
ちなみに今回筆者が飲んだのは、次の泡盛。もっぱら古酒ねらいだ。
他にも、忠孝と菊の露の古酒も飲んだのだが、画像を撮り忘れてしまった。

そして今年もまた、わずかだが最後の一口として残しておいた上等古酒のグラスが、席を外している間に下げられてしまったのだった・・・。

 
本記事を書く際に初めて知った情報が、今年度の泡盛鑑評会受賞製品。
【速報】平成29年度 泡盛鑑評会結果発表!!(泡盛新聞 2017年11月1日)
http://awamori-news.co.jp/2017_11-1_awamori-appreciating-and-evaluating-meeting_preliminary-report/
 
もしやこの会にも出ていたかもしれないと思うと、飲みそこなったかもしれないのが惜しまれる。

来年もすでに日程が決まっているようだ。
来年は先に鑑評会の情報もチェックしてから参加しようか。
京都泡盛同好会 http://www.okinawa-fansite.com/kyotoawamoridoukoukai/

この記事をシェアする