「八重山便り」宮良断 作陶展

場所:桜谷町47(京都市)
会期日程:2017年11月15日(水)~11月20日(月)
時間:11:00~17:00

 
晩秋の哲学の道(京都市)を訪れると、赤く色づいた桜の葉の絨毯や、色鮮やかになりつつあるもみじの紅葉や銀杏の黄葉が見られた。

そんな哲学の道の小川沿いにあるギャラリー、桜谷町47で、アンパル陶房の宮良断さんの作品展が開催されていた。

名蔵アンパルに近い新川の宮良農園内に、宮良断さんの「アンパル陶房」はある。
沖縄県立芸大で陶芸を学び、特に磁器を作りたいと思っていたそうだ。
かつては石垣島での制作活動で、島内で採れた磁器用の土を使っていたそうだが、現在は採れなくなり、様々な新たな試みをされている。

イベント用フェイスブック( https://www.facebook.com/yaeyamadayori )や会場にあった解説文には、次のような一節があった。
 
「今回の展示では、子供のころから体に染み込んでいる風景や音・手触りなどを素直に形にしようと思いました。あえて伝統技法や素材を用いず、磁器土に貝殻の粉を混ぜたり、園芸用の肥料を錬り込んでみたり・・。試行錯誤しているうちに、サンゴのような肌合いのブルーに透ける不思議な焼物が出来上がりました。八重山の海辺で貝拾いをするような気持で、ご覧ください。」
その言葉の通り、石垣島で生まれ育って見てきた海や空の風景、海の生き物などを彷彿させる作品たちが多く並んでいた。
 
釉薬や顔料など何も入れていないのに、光を当てると水色に透ける不思議な陶器。

まるで浜辺に流れ着いた珊瑚のような肌の作品もあった。
 

 
また、八重山古陶から発想を得たというオリジナル作品も展示されていた。

宮良さんによると、石垣島ではかつて、沖縄本島の壷屋で作られているような陶器とはまた違った、石垣島独自の陶器が作られていたという。
発掘された当時は貿易によってもたらされたものと分類されていた物の中に、よく調べてみると、石垣島土で作られている物があったのだという。
 
上記の白っぽい作品は、貝殻の粉を混ぜてある。
貝殻の粉は粘りがあり、混ぜて焼くと締まるのだそうだ。
かつて新城島で焼かれていたというパナリ焼にカタツムリの殻が入っているのも、粘りを活かすためと聞いたことがある。
同じような効果があるのだろうか。
貝殻を入れて焼くという技法は世界中で八重山だけ、とも宮良さんは語った。
 
様々なお話をうかがい、陶芸に対する研究熱心な姿勢が伝わってきた。
 
京都での作品展は昨年に続いて2回目だそうだが、来年以降も続けて行けたらと抱負を語られた。
今後の京都や関西での開催を楽しみにしていたい。

この記事をシェアする