第24回沖縄の工芸展 ~沖縄工芸ふれあい広場~

期間:9月22日(金)~24日(日)
場所:時事通信ホール(東京都)

 

ここ数年は9月上旬に開催されていた本展だが、今年は少し遅い時期の開催だった。
初日は平日にも関わらず、開催を楽しみにしていた人々が午前中から訪れた。
各ブースで沖縄の工芸品の生産者や販売に携わる方々とじっくり話ができるのは、平日の午前中が狙い目の印象だ。
今年も、八重山上布・ミンサー(石垣市)、八重山ミンサー(竹富町)、与那国織が出展した。
石垣市と竹富町の小物ブースでは、ミンサー織の帯の端切れを活かしたペンケースやバッグ、栞やストラップ、八重山上布と同じ素材の苧麻という植物の糸で織られた敷物など、伝統工芸の技術で織られた布を利用した普段使いの小物が多く見られた。


与那国織のブースでは、絹素材の物だけでなく、両面に柄が浮き出る手の込んだ織り方の木綿の手ぬぐいも印象的だった。


 
石垣市と竹富町の合同の着物ブースも初日午前中は品揃えが豊富で、様々な色合いの反物や帯などを見ることができた。

どのブースも展示即売なので、購入を予定している人は会期の早い時期に行くのがいいかもしれない。
石垣市織物事業協同組合は今年初めて、八重山上布の「縦絣のカセとりと絣括り」の実演コーナーを設けた。

初日の午前中は、八重山上布の糸に紅露(クール)という植物染料で絣柄をつける擦込捺染(すりこみなせん)の工程を紹介。

1枚の布が反物として仕上がるまでに、どれだけの手間と時間がかかっているのかの一部を目の当たりにし、作り手の苦労がしのばれた。
また、その製作過程について直にお話をうかがえ、とても勉強になった。
イベントブースでは会期中、大工哲弘(石垣島)、迎里計(石垣島)などのライブや、琉球舞踊、様々な工芸品の組合による映像上映や講演も行われた。
3日間にわたる本展は、今年もきっと多くの沖縄ファンや工芸品ファンを魅了したことだろう。
来年の開催時期が気になるところだ。

この記事をシェアする