やいまーる外電

八重山民謡の夕べ:八重山ふたり唄会 ~碧井かおり・増田めぐみ~

碧井かおり・増田めぐみ 八重山ふたり唄会 in 大阪

場所:うすぱれ豊年(大阪市大正区)
日時:平成29年8月21日
開演:19:30~ 2ステージ

八重山古典民謡コンクールの最優秀賞保持者である関東在住の二人の女性が、大阪で4日間のライブを行った。
 
 8月20日(日) 赤瓦(池田)
 8月21日(月) うすぱれ豊年(大正)
 8月22日(火) 美ら島物語(本町)
 8月23日(水) おぼらだれん(道頓堀)
 

白保出身のママが切り盛りしている「うすぱれ豊年」にこの夜、40名超の八重山民謡ファンが集い、満席であった。
近畿八重山郷友会の方々も来ており、ちょうど隣のテーブルに座らせていただいた。
そこには筆者と同じく一人参加の方もいて、その方や郷友会の方などとユンタクしたりライブを楽しんだりした。
観客の中には、関西エリアは滋賀、京都などから、遠くは東京からも足を運んでいた人もいるようだった。
 
普段はそれぞれの活動をしている碧井さんと増田さんだが、碧井さんが昨年ここでライブをした時、「八重山民謡だけのライブが聞きたい」というリクエストを受けたのだそうだ。
そこで今回、同じ流派の増田さんと組み、女性二人の八重山民謡ユニットでの演奏となったとのこと。
以前も一緒に演奏したことはあったようだが、久しぶりのコラボということで、日頃はなかなか聞けない貴重なライブだった。
 
【ライブ1回目】
碧井さん(琉球古典芸能コンクール笛部門優秀賞)の笛から静かに始まった「月ぬ美しゃ」「あがろーざ」を皮切りに、「でんさ節」「うりずんの詩」などと続いた。
観客席からは、指笛や三板、唄声が重なる。

オリジナル曲タイムでは、増田さんが参加しているアルバム、「美ら島ぬ詩」(どぅしんちゃーずwith増田めぐみ)から、「天じゃら」を歌った。
「与那国ションカネー」「真謝節~白保節」など八重山の島々の民謡が続き、1回目の最後の曲は、「小浜(くもー)節」。
増田さんは第8回小浜節大会チャンピオンでもある。
第1部は、二人のしっとりとした歌声に魅了されて終了した。
 
【ライブ2回目】
ユンタクタイムに各テーブルも盛り上がり、酔いもかなり回ってきたのか、会場全体がにぎやかになってきた。
 
お店のママ・内原まりえさん(白保出身)も、ちょっと一息。


 
2部のオリジナル曲タイムでは、碧井さんがミニアルバム「SHAMICHI」から、自身が作詞作曲した「がじゅまる」を披露。
「つぃんだら節」、竹富島の種取祭の古謡「命果報ゆんた」、「桃里節~川良山節」、「与那国ぬ猫小」など、しんと聞き入る唄から、観客も一緒に手拍子や歌声で楽しむなど、様々な曲が演奏された。
最後は、踊り出す人たちも続出。


 
アンコールの「とぅばらーま」では、会場の人達も静かに聞き入った。
ポピュラーな「安里屋ゆんた」で、みんなも一緒に歌いながら和やかに締めくくられた。
今後もまた関西でのライブ開催を期待したい。
 
●碧井かおり ブログ:http://ameblo.jp/aoinotamago 
教室サイト:http://tiichi-taachii.com
 
●増田めぐみ ホームページ:http://masudamegumi.ti-da.net/
       Facebook:https://www.facebook.com/megumimasuda0202/

この記事をシェアする